釣行の写真

【船釣りマガジン】スミイカ釣りは早起きが吉?潮の流れがよければ大釣りも

隔週刊つり情報編集部

10月10日、東京湾奥川口市鹿浜橋の松陽丸へ。

初めての船宿で、しかも場所が分かりにくそうだったので、かなり早めに出発したが、この判断が正解。
 
首都高速・鹿浜橋ICまでは順調だったが、ICを出て河川敷へ入るゲートが見つからず、行ったり来たりを繰り返す。

一度入ればなんてことないのだが、初めて行かれる方はホームページできちんとチェックしよう。
 
それでも、乗船場には5時に到着。

出船の1時間半も前だが、すでに4~5台の車が待機している。
 
釣り物は餌木スミイカ。

それも本日が初日で、状況がまだつかめていないにもかかわらず、この人気はすごい。
 
その後もお客さんは続々と集まってきて、最終的には20人に膨れ上がる。
 
6時半、絵に描いたようなさわやか好青年、間門陽介船長の操船で河岸払い。

荒川を下って東京湾へと向かう。
 
曇天で北寄りの風がそよそよと吹き、若干の肌寒さを感じる中、最初のポイントであるアクアラインの橋脚周辺に到着。
 
水深10mでさっそく釣り開始。

しばらく船内をキョロキョロしていると、すぐに右胴の間のお隣さんがリールを巻き始めた。

しかし、上がってきたのは小型のマダコ
 
ラインを変えて何度か周辺を流すが、船中だれにも乗りはない。

ちなみにこの日は中潮で、満潮が7時半ごろだから、下げ潮がようやく動き始めたタイミングだ。

目次

  • 中ノ瀬が有望
  • 胴つき仕掛けもあり!
  • 餌木スミイカ仕掛け例
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング