ソリザラ ザラ バス バスフィッシング バス釣り ペンシルベイト

ヘドンのレアアイテム『ソリザラ』の人気の秘密に迫る!その変形した形の製作秘話とは!?

FISHING JAPAN 編集部

ヘドンを代表するルアーのひとつに、「ザラ」というペンシルベイトがあります。

長い歴史を持つルアーなのですが、背中の辺りが軽く反り曲がっている変形の「ザラ」が存在します。

通称「ソリザラ」と呼ばれていて、近年希少価値がささやかれるようになってきました。

そんなレアアイテム。

どんな商品なのか気になりますよね??

「ソリザラ」の製法に注目!

ソリザラの変形は、1970年代から80年代にかけておこなわれた製法に原因があるようです。

プラスチック製のルアーを作るとき、ボディの中に浮力を生む空気室を設置しなければなりません。

いわゆる空洞部分を確保しようとすると、最初から円筒形にせずに真っ二つに割って、後で接着する製法が採用されました。

現行品にはない事情が…

問題はその接着面なんです!!

真っ二つに割る方向を、首の辺りでスパッとヨコに輪切りにしていれば、変形はしなかったでしょうが、ソリザラの時代は、ルアーの先端から背中を通って後部に到る方向に、タテに輪切りにしました。

いわゆるタテ割れの状態で接着をし、さらに背中部分のボディ外壁が腹部分よりも薄くなっていたので、時間が経つにつれて反り曲がってしまったのです。

この変形は、ソリザラより前に作られた、ファーストザラやセカンドザラにも見られます。

独特の復元レスポンス!

今では考えられない製品の変形・変質が、当時の技術レベルでは起きてしまったということです。

反り曲がっているからといって、バスがよく釣れるわけではありません。

レアもの扱いされて、妙な尾ひれがソリザラに付いてしまったということです。

ただし、やはり背中と腹の外壁の厚みに差がありますから、水面でバランスを崩した後の復元レスポンスには、目を見張る俊敏さを備えています。

実釣におけるソリザラファンが多いのは、その俊敏さに惚れ込んでいるからかもしれませんね!

本来ならまっすぐに作られるはずだったソリザラ。

現代では、背筋まっすぐのザラばかりになったので、2つの「ザラ」を使い分けてみるのも面白いかもしれません♪

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング