ワームのアップ写真

ブリリアント1.2inchの実釣インプレ特集!アジング用極軟ワーム【ティクト】

FISHING JAPAN 編集部

アジングゲームを楽しむ上で、扱いやすい専用ワームは不可欠です。

人気メーカー・ティクトからリリースされているアジング用ワーム・ブリリアント1.2inchなら、豆アジからしっかりと食わせることができるでしょう。

その特徴や実釣インプレをご紹介します。

ブリリアント1.2inchとは

ブリリアント1.2inchとは、ティクトから発売中の極小サイズワームのことです。

全長1.2inchですから、3.048cmに換算できます。

とても小さいので、豆アジの群れに投入しても、しっかりと口の中へ吸い込んでくれるでしょう。

ブリリアント1.2inchのデザインに注目すると、最後尾にはリーフテイルが付いています。

カーリーテイルやピンテイルではないので、面で水をとらえて、後方へスムースに受け流す役割を果たしてくれます。

シルエットは尾ヒレそのものですから、追従してきたアジから見れば、稚魚と判断してしまうかもしれません。

ボディには複数のリブが刻まれていて、こちらは水をつかみにかかるでしょう。

つかんだ水は、前進とともに引き剥がされるので、ボディ周辺には軽めの反転流が舞うことに。

この微細な流れを、前述のリーフテイルがとらえては受け流すわけです。

左右への微細でイレギュラーな震えが発生しても、何ら不思議ではないでしょう。

ブリリアント1.2inchには、夜光カラーやエビ粉の入ったものがラインナップ。

ローテーションすることで、異なる刺激をアジに与えることが可能になります。

ブリリアント1.2inchにマッチするリグは、軽量ウエイトのジグ単や、フロートリグ・キャロなどが挙げられます。

ブリリアント1.2inchの実釣インプレ!

ブリリアント1.2inchを実際にフィールドで試してみましたので、その実釣インプレをアップします。

釣り場は、風裏となる漁港で、常夜灯が複数箇所に設置されているシチュエーション。

漁港内部で水深5mエリアから、ミオ筋にかけて深くなっていく地形になっています。

スロープは2ヵ所にあって、ところどころにウィードが生えている状態。

まずは、定番の常夜灯周りから観察。

豆アジの群れが表層を漂っていたので、1g以下のジグヘッドにブリリアント1.2inchを装着してキャストしました。

ロッドワークを積極的におこなうのではなく、ひたすらラインテンションをチェックしながらフォール。

ジグヘッドを軽くしていくと、リグそのものが漂う感じに切り換わっていきます。

このアプローチのほうが、ブリリアント1.2inchの特徴を活かせるのでは?と気づき、そこからは一切のロッドアクションを伝えずに、ひたすら漂わせるのを徹底しました。

バイトは頻発し、キャストごとにアジが釣れる展開に。

サイズは絞れないものの、豆アジの数釣りなら圧倒的な釣果を得られるでしょう。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選ぼう!

ブリリアント1.2inchには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●C-6 オキアミカラー

●C-10 クレイジーシルバーカラー

●C-13 土佐かぶらグリーンカラー

●C-15 アミレッドカラー

●C-16 ナノラメしらすカラー

●C-17 ナノラメチャートカラー

●C-18 ナノラメグローピンクカラー

●C-19 ナノラメグローオキアミカラー

釣り場のシチュエーションをよく観察しながら、ベストマッチなカラーをジグヘッドにセットしたいものです。

ブリリアント1.2inchを操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではブリリアント1.2inchのジグ単をキャストして操るのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

アジングゲーム用のスピニングロッドの中でも、細身で繊細なロッドティップを持っているものがマッチします。

あまり長くないブランクスのほうが、アタリからのフッキング動作を早められるかもしれません。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S58UL-S

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ソアレ XR S58UL-S

最安値価格
¥27,034(楽天市場)

Amazonへ ¥28,128

楽天市場へ ¥27,034

シマノからリリースされている、ソアレXRシリーズのULパワーブランクスモデルです。

全長は1.73mで継数は2本、仕舞寸法は89.3cmとなっています。

ウエイトは63gと軽めで、先径は0.8mmです。

適合するルアーウェイトは、0.4gから8gまでと幅広く、適合するモノフィラメントラインは、1lbから3lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.6号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、97.6%に設定されています。

実際に手に取ってみると、グリップ周りのぜい肉の無さは特筆モノで、とても握りやすい印象を持ちました。

ブランクスはしなやかで柔らかく、曲がりながら全体で支える使い方ができそうです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ブリリアント1.2inchを駆使してアジングゲームを楽しもう!

ブリリアント1.2inchの特徴や実釣インプレ、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

軽量ジグ単を漂わせながら、アジに追いかけさせて吸い込ませるのが、バイトまでの近道かもしれません。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング