魚とルアーのアップ写真

バグフロッグで秋の浮草エリアを攻略【一誠】釣り方&タックルをチェック

FISHING JAPAN 編集部

フッキングが良くて操作性の高い中空フロッグルアーといえば、一誠から発売中のバグフロッグが挙げられるでしょう。

独特な扁平ボディに、専用のオリジナルダブルフックを搭載。

季節を問わず使えますから、浮草が大量に残っている秋のバス釣りに投入してみましょう。

バグフロッグとは

バグフロッグとは、村上晴彦さんが主宰するルアーメーカー・一誠からリリースされている、バス釣り用の中空フロッグルアーのことです。

全長は70mmで、ウエイトは1/2oz。

コンパクトなボディにしっかりとウエイトが載っているので、キャストの際の飛距離は強烈に伸びてくれます。

着水したらロッドワークに機敏に反応し、首振りからのドッグウォークアクションや側面によるスプラッシュを発生。

水押しの効果がバツグンなので、他の中空フロッグよりも、バスに見つけてもらうのが早く感じます。

またバグフロッグの最後尾には、フライフィッシングマテリアルで知られている、ラビットファーが連なっています。

ラビットファーは、水中で大きく広がり、柔らかい動きを自発っぽく続けてくれる素材です。

水に濡れるとボディに張り付いて、キャストの際の空気抵抗を抑えてくれる要素も持っています。

ボディ・ラビットファーともに、カバーのすり抜けがとてもスムーズなので、引っ掛かることなくトレースすることができるでしょう。

実際にバグフロッグをラインに結んで、秋のフィールドに出てバスを釣り上げてみました。

釣り場に到着すると、ホテイアオイやヒシモは無くなっているものの、小粒な浮草が水面を覆っています。

もっと水温が下がれば、枯れて沈んでしまうのですが、秋ではまだ消え去ることはありません。

普通のルアー、例えばトレブルフックの付いたクランクベイトやミノーをキャストすると、トレブルフックが浮草を拾って、すぐに藻ダルマになってしまいます。

リップにも浮草がまとわり付き、いつも通りのアクションは出せないでしょう。

そこでバグフロッグの登場です。

バグフロッグのラインアイが付いている先端部分は、前方に尖ったカタチをしているので、浮草を引っ掛けてしまう展開にはほとんどなりません。

ホテイアオイやヒシモのような硬い茎の無い浮草ですから、その上っ面をバグフロッグがスルスルと滑ってくれます。

通り過ぎた後ろには、道ができたように帯状の隙間が。

それをゆっくりと作り上げるスピードでリールハンドルを回すと、浮草の下に隠れているバスに、きっちりアピールできることになります。

バグフロッグをキャストする先はどこ?

バグフロッグをキャストする先は、岸際ではありません。

秋のバスは、捕食対象を求めて泳ぎ回る習性を持っているので、岸際カバーに足を留める機会が極端に減ります。

狙うのは、沖合いの浮草から突き出している木の枝。

その下に何も無くても、ポツンと浮いて止まっている木の枝そのものに、バスが近づいてくる可能性があります。

沖合いのに浮かぶ木の枝にバグフロッグをキャストするのではなく、離れた場所に着水させてから、その木の枝目掛けて移動させてください。

あたかも、浮草の中を泳ぐハツカネズミが、沖合いの木の枝につかまって一時休憩を取ろうとしている素振りを見せるのです。

木の枝にたどり着いた瞬間が、最も無防備になるわけですから、集中力を高めてフッキングの準備を万全にしてください。

よく刺さる専用オリジナルダブルフックを搭載しているバグフロッグ!そのフッキング方法とは

バグフロッグには、フックメーカーのリューギが製作した、専用オリジナルダブルフックが装備されています。

フッ素コートが施されているので、フックポイントの貫通率は飛躍的にアップしています。

バイトを目視したら、すぐにフッキングするのではなく、バグフロッグをくわえた状態のバスをそのまま泳がせてみましょう。

獲物を持ち去りながら食べようとするので、ラインテンションが見る見るうちに張っていきます。

目一杯張り詰めた段階で、リールハンドルを回しながらのフッキングを実行に移してみましょう。

バグフロッグを操作するのにおすすめのロッドを選んでみた!

それではバグフロッグをキャストして操るのに向いている、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

太いラインを用いるので、ベイトリールを装着した硬めのベイトロッドがマッチします。

ライギョ用ロッドのような棒状の硬さは、バスの場合はほとんど要りません。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン C66MH-2・ST

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブレイゾン C66MH-2・ST

最安値価格
¥13,002(楽天市場)

Amazonへ ¥15,222

楽天市場へ ¥13,002

ダイワのバス釣り用ベイトロッド・ブレイソンシリーズの、MHパワーブランクスモデルです。

ウエイトは120g自重で、全長は1.98m。

継数は2本で、仕舞寸法は102㎝にまで縮まります。

先径/元径は1.2/10.9mmで、適合するルアーウエイトは7gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90%になっています。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

バグフロッグを駆使して浮草に潜むビッグバスを釣り上げよう!

バグフロッグの特徴や使い方、おすすめのロッドを取り上げましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、1,750円。

浮草が沈んで消え去るまでのカバーゲームで、秋のビッグバスをとらえてみましょう!

一誠の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング