魚とうろこ取りのアップ写真

うろこ取りはどれを選べばいいの?使い方&おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

釣り上げた魚をクーラーボックスに入れて自宅まで持ち帰ったら、早速調理に取り掛かりましょう。

包丁を入れる前に必ずしておきたいのが、魚の体表に付いているうろこを剥がすこと。

かなり細かいものや、強く張り付いているものがありますから、上手く剥がさないと料理の出来映えに影響してしまいます。

そこで活用したいのが、便利なうろこ剥がしアイテム・うろこ取り。

どんな特徴があって、どうやって使えばいいのか、詳しくご紹介しましょう。

うろこ取りとは

うろこ取りとは、魚の体表に付いているうろこをキレイに剥がすための、便利アイテムのことです。

ペットボトルのキャップで代用したり、100均ショップのアイテムを使ったりしている人もいます。

業務用に本格的にデサインされているうろこ取りなら、長く安心して使い込めるでしょう。

まずは、うろこ取りの材質に注目してみましょう。

ステンレス製なら、料理を仕込む包丁の素材としても用いられているので、錆びに強いイメージがあります。

汚れても洗浄しやすいですから、長く手元に置いて使い続けることができるのではないでしょうか。

洗浄・殺菌を繰り返していれば、衛生的に良好を保ちやすく、魚をさばく作業をひんぱんにおこなう人にマッチします。

持ち手の部分には、木材が使われているものが多く、しっかり握り込めるやや細身なタイプを選ぶといいでしょう。

真鍮素材で出来ているうろこ取りも、よく見かけます。

耐腐食性能に優れていて、手入れすれば長持ちしてくれるのがメリットです。

比較的大きなサイズを選ぶと、大型魚のうろこも取りやすいでしょう。

例えば、マダイシーバスなど、チカラを込めて剥がしにかかれます。

ただし、使った後は水分を切って乾燥させておかないと、青サビが発生する可能性があるので注意してください。

素材がプラスチック製のうろこ取りなら、軽くてカンタンに扱えます。

初心者が魚をさばくときに重宝しますし、購入金額も低く抑えられているものが多いです。

プラスチック樹脂なので、剛性や耐久性はさほど高くありませんが、うろこの飛び散りを防ぐためのケースが連なっているタイプもあり、便利さが際立っているといっていいでしょう。

実際にプラスチック製のうろこ取りを使ってみました。

他の材質のものより軽いので、作業を繰り返すのはとても楽です。

ヘッド部分に小型のケースが連なっていて、剥がしたうろこがあちこちに飛び散らず、その中に上手く収まっていきます。

ステンレス製のうろこ取りも併用してみると、ヘッドの輪っかの中にうろこが溜まっていく構造だったので、こちらも飛び散りは気になるレベルではありませんでした。

うろこ取りの持ち手に注目!

うろこ取りには、持ち手が付いています。

ほとんどが木製のものですが、中には樹脂製のものも用意されていて、使い心地の良いタイプを選ぶようにしましょう。

しっかりとチカラを込めて作業しなければならないので、握り込んで安定する太さが求められます。

人によって手のひらのサイズは変わりますから、自分の手のひらにマッチしているか、実際に握って確認してみるのがいいでしょう。

実際に使い込んでみると、木製の持ち手のほうが、自分の手のひらのカタチに馴染んでくれるような気がします。

ただし、丁寧に洗浄しておかないと、汚れが付着しやすいデメリットを持っています。

衛生面に配慮したいなら、樹脂製もアリではないでしょうか。

大小さまざまなサイズが用意されているうろこ取り!

うろこ取り全体のサイズには、大小さまざまなものが用意されています。

サイズの異なるうろこ取りを揃えておくほうが、何かと便利でしょう。

例えば、マダイなどの大型魚には、大きなうろこ取りが向いています。

でも同じマダイのヒレ周辺を仕上げるには、小さなサイズのうろこ取りが扱いやすいです。

アジなど小型魚からうろこと取り除く際にも、小さなサイズのうろこ取りが活躍してくれるでしょう。

複数種類を用意しておけば、どんな魚が釣れても対応できるはずです。

おすすめのうろこ取りを選んでみた!

それではおすすめのうろこ取りをピックアップしてみましょう。

うろこの取り方はどれもよく似ていますが、使い心地や用途に違いが出てきます。

自分にマッチするものを選んで、じっくり時間をかけて使いこなすのがいいでしょう。

がまかつ(Gamakatsu) 鱗取り うろこ取り GM-1314

がまかつ(Gamakatsu) 鱗取り うろこ取り GM-1314

最安値価格
¥1,600(楽天市場)

Amazonへ ¥1,633

楽天市場へ ¥1,600

がまかつからリリースされている、便利なうろこ取りです。

全長は200mmで、幅50mmあります。

グリップ部分は120mmで、直径は25mmです。

ヘッド部分、つまりブレードになっているところは、直径が50mmに設計されています。

本体の素材は、錆びに強いステンレスで、グリップは定番の木製です。

実際に魚の下処理作業をおこなうと、うろこの飛び散りを防いでくれているのが分かります。

全方向にスライドさせて使える、円形ブレードが特徴的です。

大型魚から小型魚まで対応できますが、ミニサイズもリリースされていますから、アジなどのうろこを取るときはそちらを使ってみましょう。

木製のグリップは、しっとりと手に馴染んでくれますし、持ちやすくて操作性に優れています。

実売価格は千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

釣具メーカーのがまかつが製作しただけあって、魚の構造を熟知した便利アイテムに仕上がっている印象です。

剛性感がしっかり伝わってきますし、耐久性も高いですから、長く手元に置いてうろこ取り作業を手伝ってくれるでしょう。

ブレード部分の範囲内に、剝れたうろこが上手く付着してくれるようになっています。

これにより、うろこの飛び散りが抑えられて、キッチンをあまり汚すことなく使えることにつながります。

使用後は、うろこやヌメリを取り除いて洗浄し、しっかりと水を切って乾燥させてください。

うろこは、尾ひれから頭へ向けてうろこ取りを滑らせると、カンタンに剥がれてくれます。

貝印 KAI うろこ取り SELECT100 日本製 DH5702

貝印 KAI うろこ取り SELECT100 日本製 DH5702

最安値価格
¥1,610(amazon)

Amazonへ ¥1,610

貝印から発売中の、樹脂製うろこ取りです。

剥がしたうろこが、ヘッドのケースに収まって飛び散らないのが特徴となっています。

2枚刃が付いていて、大きなうろこも小さなうろこも素早くキレイに剥がすことができます。

本体サイズは、長さ17.5×幅5.1×高さ3.5cmです。

材質は、本体部分がABS樹脂を採用していて、カバー部分にはメタクリル樹脂を使っています。

ウエイトは約45gで、耐熱温度は100℃です。

ですからお湯を用いる食洗機に入れることができますし、乾燥機で乾燥させるのもOKです。

実際に使ってみると、軽く擦るだけで大小さまざまなうろこが取れてくれます。

実売価格は千円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

貝印のアイテムには、扱いやすい便利アイテムが数多くラインナップされていますから、他のアイテムもチェックして、キッチンでの作業に役立てましょう。

うろこ取りを駆使して魚の下処理をマスターしよう!

うろこ取りの特徴や使い方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

デザインの異なるうろこ取りが、かなり豊富にラインナップされているのが分かります。

まずはベーシックなカタチをしたものを揃えて、それを使いながら気の付いた点をフォローしてくれるうろこ取りを探すのが、ベターかもしれません。

うろこは結構広範囲に飛び散ってしまうことがあるので、キッチンの流しの中で丁寧に作業し、周囲を洗い流してうろこを処理できるように練習しましょう。

釣り便利アイテムの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング