ジグのアップ写真

【メーテル・ミニ】ライトソルトウォーターゲームを楽しむための合金ジグ!

FISHING JAPAN 編集部

鉛を素材に用いたメタルジグとは異なり、もっと軽くて比重の低い合金で設計されているのが、ティクトのメーテル・ミニです。

アジングゲームからシーバス・チヌゲームにまで幅広く活用できるのが、大きな魅力。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

メーテル・ミニとは

メーテル・ミニとは、ティクトからリリースされている、比重の低い合金ジグのことです。

設定ウエイトは、全部で5種類用意されています。

最も軽いものは、1.5gタイプ。

オーナー社のエリアトラウトゲーム用シングルフックを標準装備しています。

アジングゲームで投入して、テンションフォールで誘いながらただ巻きリトリーブにつなげると、結構ひんぱんにバイトを取ることができました。

ゆっくりひらひらとフォールする感じなので、アピール度は高め。

潮の流れのあるところよりも、内湾や漁港内の常夜灯周りで実績が高いです。

シングルフックはよく刺さるので、強めのフッキングでバラさないようにして、リールハンドルの巻きアワセで対応することをおすすめします。

次に小さいのが、3.5gタイプ。

1.5gよりも飛距離が伸びますから、風の強いときなどにアジングゲームを展開するのに向いています。

土佐カブラが付いているので、ジョイントルアーを泳がせている感じになります。

5gタイプは、スピーディーにフォールさせて、活性の高いフィッシュイーターを誘うのに適しています。

例えば、メッキやチヌなら、初動でバイトまで持ち込めたケースが多かったです。

7gタイプは、飛距離もフォールスピードも一段と伸び、なおかつバーチカルジギングのように、着底からのリフトで食わせることができます。

マゴチのバイトが多くなるので、シモリ周りの砂地を探りたくなるのが、このウエイトです。

そして最大ウエイトに設定されているのが、14gタイプ。

飛距離は圧倒的ですが、やはり同ウエイトの鉛製メタルジグよりも、フォールスピードは遅めです。

それにより食わせの間を提供できますから、しっかり落とし込んではピックアップして、再度フォールというのがよく効きます。

ウィードにしばらく抱かせてから、シェイクで外してリトリーブ!というアプローチも、シーバスタチウオ・サゴシなどに響きました。

ショックリーダーラインを太めにして、大型魚が掛かることを想定したセッティングをしておきたいものです。

マダイが食い付いてくるケースも経験したので、さまざまシチュエーションで投入すると面白いでしょう。

ハイスピードリトリーブにも対応可能なメーテル・ミニ!

メーテル・ミニをハイスピードでリトリーブしてみました。

ウエイトのあるタイプでも一気に水面まで躍り出てきて、かき乱してくれます。

まるでベイトフィッシュがフィッシュイーターに追い立てられて、逃げ惑うようなパニックアクションを引き出すことができます。

ロッドティップは立てた状態にしてスピニングリールを急速ゴリ巻きすると、水面を割って飛び出してくれます。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

メーテル・ミニには、全部で6種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ゴールドカラー

●シルバーカラー

●ピンクカラー

●ゼブラゴールドカラー

●ゼブラシルバーカラー

●ゼブラピンクカラー

ゼブラ系の配色には、グローカラーが縦縞状に施されています。

ローライトコンディションやディープレンジで効果的なので、必ずローテーションして魚の反応をチェックしましょう。

メーテル・ミニをキャストするのにおすすめのタックルをピックアップ!

メーテル・ミニをロングキャストしてリトリーブを実践するのに向いている、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

1.5gや3.5gといった、軽めのウエイトタイプを操るつもりなら、ULパワーブランクス以上のスピニングロッドがマッチします。

具体的には、アジングゲーム用やメバリングゲーム用が扱いやすいでしょう。

リールは、0.4号前後のPEラインやエステルラインをしっかり巻ける、2000番クラスのスピニングリールが合います。

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 59UL-S 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アジングロッド アジングX 59UL-S 釣り竿

最安値価格
¥7,738(楽天市場)

Amazonへ ¥7,821

楽天市場へ ¥7,738

ダイワからリリースされている、汎用性の高いアジングゲーム用ショートレングスロッドです。

もっと長いブランクスのロッドもラインナップされているので、飛距離を伸ばしたい場合はそちらを手に取ってみてください。

全長は1.75mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、92cmにまで縮まります。

ウエイトは98gと、アジングゲーム用のスピニングロッドとしては、やや重め。

先径/元径は、0.8/8.9mmですから、全体的に細めブランクスといえるでしょう。

適合するルアーウエイトは、0.3gから5gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbです。

PEラインなら、0.15号から0.3号程度でしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87%になっています。

実際に継いで振ってみると、とてもシャープで重過ぎることはなく、安定したロッドワークを繰り出せるロッドバランスを保持しています。

グリップは、水に濡れても滑りにくいEVA製で、ロッドティップはとてもしなやかに曲がり込みます。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

フォールの際のアタリを取りたいなら、これぐらい短いブランクスのほうが、瞬時にフッキングに移れます。

ガイドにややラインが絡み付くので、キャストの際はチェックしてからスイングに入るようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

最安値価格
¥29,086(amazon)

Amazonへ ¥29,086

楽天市場へ ¥30,045

軽量スピニングリールとして人気の高い、ダイワのルビアスLTシリーズの中から、2000番タイプを選んでみました。

ギア比は5.1対1ですから、ハンドル1巻きにつき67cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは、たったの150gしかないですから、長い時間釣りを続けても、さほど手首・ヒジ・肩などに負担は感じられないでしょう。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、3lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.4号を200m巻くことが可能です。

ボールベアリングは、9個も搭載しています。

ハンドルの長さは、45mmです。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽くて滑らかな巻き心地に驚かされます。

ローター回転も柔らかく、ドラグのレスポンスも良好でした。

特にライトラインをスプールに巻くので、ドラグ設定のチェックはこまめにおこないましょう。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に驚かされます。

おすすめのラインは、やはり強度・感度の面で、PEラインに分があるでしょう。

0.4号前後の太さを100m以上巻いて、2号から3号のショックリーダーラインを先端に1ヒロほどムスでみましょう。

ショックリーダーラインの素材をフロロカーボンにすると、水中への沈みが早くて、微細なアタリも取りやすくなるかもしれません。

メーテル・ミニを駆使してさまざまなフィッシュイーターたちを釣り上げよう!

メーテル・ミニの特徴や使い方・カラーバリエーション、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、500円から600円です。

歯の鋭いフグやベラが大量に泳いでいる釣り場では、ラインをカンタンに噛み千切られてしまうかもしれません。

キャストのたびにライン表面を調べるようにして、少しでもザラついていたら、ショックリーダーラインを結び換えましょう。

アジングの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

アジング」カテゴリの人気記事

キャスティング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング