バス 目 バスフィッシング

実はハンパない視力の持ち主だった!?大きくて可愛いバスの目ってなんでこんなに飛び出しているの?

FISHING JAPAN 編集部

バスの目を見てください。

ずいぶんと大きくて丸く、しかも飛び出していますよね??

釣ることを目的としている釣り人の皆さんはあまり考えたことはないかもしれませんが…(笑)

この眼球が、バスに与える影響っていったい何なのでしょうか?

飛び出した眼球を持つ魚は多い!

体の側面よりもまだ外に向かって飛び出している眼球。

いったい何のためにこうなっているのでしょうか。

これはバスだけではありません。

海にすむ魚、例えばロックフィッシュとして有名なカサゴやメバルなども、まん丸と大きく飛び出した眼球を持っています。

狩りには高性能な眼球が不可欠

特徴のある眼球、生活環境の中で進化していったのは間違いないでしょう。

バスが狩りをおこなうとき、多くの情報を得ようとします。

体の側面に収まっているような眼球では、視野が狭くて広範囲を見渡すことができません。

小さ過ぎるのもダメ。

遠くまでしっかりと見えることが求められます。

暗いところでもよく見える!

しっかりと見るということなら、暗いところでも詳細に見える視力が求められるはず。

そのための眼球に発達していった結果、今のような形状になったのではということです。

実際、バスの視力はたいへんよく、米粒のような小さいものが高速移動していても、その色を判別する能力があるといわれています。

すごいですよね!!

実はこの目の秘密を利用したテクニックが!?

ただし、これだけ飛び出した眼球になると、太陽の光がまぶしくて仕方ないようです。

まぶたが備わっていませんからね。

ということは…まぶたの代わりをしてくれる場所を好んで、バスが集まっているかもしれません!

そういった特性を常に頭の中に入れながら、バス釣りを楽しんでみてくださいね♪

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング