魚のアップ写真

魚をさばくときに用意しておきたいおすすめアイテム特集【初心者向き】

FISHING JAPAN 編集部

魚をさばくスキルを身に着けていたら、釣り上げた大物を持ち帰って、美味しく食べることができるでしょう。

いったいどんな順序でさばけばいいのか、またどんなアイテムを用意しておけば、スムーズに仕上げられるのか、じっくりご紹介します。

取り上げる魚は、タイラバゲームなどで人気のマダイです。

マダイを使って、魚をさばいてみましょう。

魚をさばくには何から始めればいいの?

魚をさばくためには、さまざまなアイテムを用意して、上手く使いこなさなければなりません。

まずは、釣り上げたマダイをキッチンに持ち込んで、よく切れてグリップしやすいハサミを手に取ります。

あまり大きなものは要りませんが、小さ過ぎるとカットしにくい箇所もあるので注意してください。

握り部分も入れて、全長20cm前後のものが扱いやすいでしょう。

このハサミでマダイのどこをカットするかというと、ヒレです。

特に背ビレをよく見てください。

かなり鋭く尖っているので、魚をさばく作業中に、自分の指に刺さってしまう恐れがあります。

針などで刺したときよりも傷が治りにくいので、作業中のケガは絶対に負わないようにしたいもの。

そのための下準備が・安全策が、ハサミによる各ヒレのカットなのです。

意外とこの行程を省いてしまう人がいるのですが、初心者ならスタートラインが肝心。

必ずハサミを用意して、各ヒレを根元からキレイに切断してください。

それが完了したら、マダイをキッチンの流しに置いてウロコを剥がしにかかります。

かなり細かなところにまでウロコは存在しますから、丁寧に取り除きましょう。

その際に便利なアイテムが、ウロコ取りです。

ウロコ取りは、真鍮製のものがよく知られていますし、ステンレスで出来たものも市販されています。

握り手が付いているので、しっかりと持ってチカラを加えながら、尾から頭に向けてスライドさせましょう。

バラバラとウロコが剥がれ、流しに飛び散ります。

キレイに剥がせたら水を流して、マダイの体表をきっちり洗ってください。

包丁を使い始めるまでの作業を丁寧におこなうことで、魚をさばくスキルが向上していきます。

魚をさばくのに欠かせない出刃包丁を用意しよう!

魚をさばくのに用いるアイテムとして、次に取り出すのが、出刃包丁です。

出刃包丁が他の包丁と違うところは、分厚いという点でしょう。

背中側から見てみると、かなり厚みがあって頑丈に見えます。

これならマダイの身を切るだけでなく、太い中骨や頭などを、しっかりと切り離すことが可能です。

頭に関しては、割ると言ったほうが適切でしょうか。

家庭用の包丁なら、そういった力強い作業をおこないにくいので、ぜひ揃えておきたいアイテムといえそうです。

お腹を割いてハラワタを取り出したり、三枚におろしてから刺身に仕上げたりと、さまざまな使い方をすることができます。

使用後はしっかり研いで、水分を拭き取ってから保管するようにしましょう。

ササラってどんな使い方をするの?

魚をさばくときに使いたい便利アイテムとして、掃除に用いる箒(ほうき)のようなカタチをしたものがあります。

これを、ササラと呼んでいます。

ハラワタを取り除いた後のマダイの身の部分を、チェックしてみてください。

血合いがこびり付いていて、そのまま放置すると生臭さが残ってしまう恐れがあります。

この汚れをしっかり擦って取り除くのが、ササラの役割です。

水を流しながら身を洗い、血合いにササラを擦り当てて流し取っていきます。

竹を素材にして作られたものがありますが、魚に対して用いるなら、ポリプロピレンなどの化学繊維素材のほうが適しています。

生臭いニオイが付きにくいですし、カビが生えてくる心配もほとんどありません。

清潔な状態で作業をおこなえるので、魚をさばくのに欠かせないアイテムとなってくれるでしょう。

マダイのさばき方を丁寧に分かりやすく解説している動画はこちら

魚をさばくために新鮮な状態で持ち帰りたい!おすすめのクーラーボックスを選んでみた!

魚をさばくためには、新鮮な状態で自宅まで持ち帰る必要があります。

よく冷えるクーラーボックスがあれば、鮮度を保った状態でまな板の上に置くことができるでしょう。

おすすめのクーラーボックスは、ダイワやシマノから豊富に販売されています。

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス クールラインα VS1500 ゴールド 釣り 小型 15リットル

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス クールラインα VS1500 ゴールド 釣り 小型 15リットル

最安値価格
¥24,800(Yahoo!)

Amazonへ ¥25,221

楽天市場へ ¥26,583

Yahoo!へ ¥24,800

ダイワからリリースされている、体長30cm前後の魚を待ち帰るのに便利なクーラーボックスです。

例えば、シロギスやカサゴ・アジ・イワシなどを、鮮度高めの状態で保存することができます。

容量は15Lで、ウエイトは3.6kgになっています。

本体サイズは、内寸が170×360×230mm、外寸が250×475×305mm。

断熱材には、真空パネルが5面とウレタンが用いられています。

500mlのペットボトルなら10本入りますから、保冷剤のスペースも確保して釣れた魚を持ち帰りましょう。

持ちやすいハンドルやショルダーベルト、滑りにくくするためのふんばるマンなどが、標準で装備されています。

実際にフィールドで使ってみると、とても軽くて持ち運びしやすく、左右両方向から開く上フタは使いやすいです。

洗浄メンテナンスするときには、上フタは取り外すこともできます。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

とにかくよく冷えるので、日帰りの釣りやキャンプなどに積極的に活用できるでしょう。

コンパクトなサイズですから、クルマの中での置き場所にも困りませんし、中に入れる保冷剤の量も少なく抑えられます。

持ち帰る魚は、釣り場で活け締めや血抜き作業をおこなってから、クーラーボックスに入れるようにしましょう。

墨を含んでいるアオリイカ・ツツイカ・コウイカなら、ジップロックなどで個包装してから保管することをおすすめします。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 大型 45L スペーザ ホエール リミテッド キャスター付 450HC-045L 釣り用 アイスホワイト

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 大型 45L スペーザ ホエール リミテッド キャスター付 450HC-045L 釣り用 アイスホワイト

最安値価格
¥43,648(楽天市場)

Amazonへ ¥45,500

楽天市場へ ¥43,648

Yahoo!へ ¥44,330

シマノから発売中の、大型サイズのクーラーボックスです。

キャスターが底部に付いているので、重い状態になっても転がしながら運ぶことができます。

容量は45Lで、ウエイトは8.1kgです。

保冷時間の目安は、65時間程度になります。

これはクーラーボックスの容量の20%分の氷を、外気温31℃の状況で持続可能な保冷時間です。

ボティサイズの内寸は280×700×230mmで、外寸は365×830×325mm。

体長60cmを超える大物でも、横にした状態で収納することができます。

素材・断熱材は、PP樹脂に真空パネル3面+発泡ポリスチレンで構成されています。

実際に内部や仕様をチェックしてみると、かなり容量が大きく、使い勝手の良い印象を持ちました。

マダイや青物を釣り上げたときに重宝しそうですし、アウトドアキャンプなどにもしっかり転用できそうです。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

大物が釣れたときほど、鮮度の良い状態で持ち帰って美味しく食べたいですから、購入を検討したいおすすめのクーラーボックスといえそうです。

魚をさばくスキルを身に着けて美味しく食べよう!

魚をさばくための便利アイテムや、おすすめのクーラーボックスをご紹介しましたが、いかがでしたか?

分かりやすい動画を観ながら、包丁の扱いを覚えたり、便利アイテムを使ったりしてみましょう。

最初は上手くいかないもので、焦る必要はありません。

魚をさばくコツは、数をこなせば必ず見えてくるものです。

丁寧にひとつひとつの行程を、自分のペースでおこなうようにしましょう。

さばき方の関連記事はこちら

釣り料理・レシピ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング