ジグのアップ写真

シアンジグ デフォルトは2022年新登場のロックショアジギング用メタルジグ!

FISHING JAPAN 編集部

本格的なロックショアジギングをおこなうとき、スタンダードなメタルジグを持っていれば、どのようなシチュエーションでも迷うことなくキャストを開始できるでしょう。

2022年ジャッカルから新発売されるメタルジグ・シアンジグ デフォルトがあれば、積極的で大胆なアプローチを実践可能かもしれません。

その特徴や使い方、おすすめのタックルについて取り上げてみましょう。

シアンジグ デフォルトとは

シアンジグ デフォルトとは、2022年ジャッカルからリリースされる、ロックショアジギングゲーム用のメタルジグのことです。

スリムな形状は、空気抵抗を抑えて飛距離を伸ばすことができますし、水中ではバランスの取れた水平姿勢を保ちつつフォールしてくれます。

ウエイト設定は、全部で6種類用意されています。

全長141mmタイプは、ウエイト60gで3/0番のアシストフックが付いています。

以下、157mmで85g(3/0番アシストフック)、166mmで100g(4/0番アシストフック)、174mmで115g(4/0番アシストフック)、181mmで130g(4/0番アシストフック)、189mmで150g(5/0番アシストフック)です。

シアンジグ デフォルトは、ハイレスポンスな設定で作られています。

ラインアイを頭部に構築した口の中に収めていて、ラインによる力点を重心へ近づけています。

こうすることにより、高いアクションレスポンスを得ることができます。

アングラーが加えたジャークアクションによって、生命感溢れる動きを発生させてくれるでしょう。


また独特の水平姿勢フォールを見せるので、フリーフォールにロールアクションが加わります。

フォールスピードはスロー寄りですから、キレのあるスライドアクションとの緩急差が際立つことに。

まるで一瞬静止したかのような浮遊感を作り出すことができれば、近寄ってきた青物に対して食わせのタイミングを与えることにもつながります。

ジャークしては止めるを繰り返しながら、どんどんバイトを取っていきましょう。

シアンジグ デフォルトは、全身が非対称設計になっています。

意図的にバランスを崩しているので、ジャークでもフォールでもイレギュラーなアクションを引き起こせます。

まるで逃走しているベイトフィッシュのようなアクションと重なれば、追従してきた青物は口を使わずにはいられないでしょう。

スプリットリングは、5番サイズから8番サイズが適しています。

自分で使ってみて、フッキング効率の良いものを装着してください。

高強度な合金ボディに仕上げられているシアンジグ デフォルト!

シアンジグ デフォルトには、高強度な合金ボディが使われています。

ロックショア=磯場・岩礁帯エリアでのハードな使い方にも耐えられるように、ボディに用いる合金の配合を徹底設計しています。

つまり、岩との接触によるボディの変形を、極限まで抑え込んでいるのです。

ボディが歪まなければ、意図したスイムアクションやフォールを積極的に繰り出せます。

安心してロングキャストを重ねるために、剛性の高いボディはロックショアジギングゲームには必須です。

合計8種類のカラーバリエーションから選択可能!

シアンジグ デフォルトには、全部で8種類のカラーバリエーションが用意されています。

●アカキンカラー

●イワシカラー

●ブルピンカラー

●マグマシルバーカラー

●ピンクバックカラー

●トロピカルグローカラー

●ヒラスブラックカラー

●ヒラススパークカラー

ロックショアジギングゲームで実績の高い配色が、ズラリと揃っています。

その釣り場にいるベイトフィッシュに合わせたり、日照の強さに合わせたり、自分なりに色々試してください。

シアンジグ デフォルトをフルキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではシアンジグ デフォルトをフルキャストして、ジャークやリトリーブを繰り返すのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、150gまで背負うことが可能な、張りのあるブランクスのものがマッチします。

リールは、5000番前後のスピニングリールに太めのPEラインを巻いて、きっちり装着してみましょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーXR MB S100XH-5 並継 ソルト ショアジギング

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーXR MB S100XH-5 並継 ソルト ショアジギング

最安値価格
¥37,575(楽天市場)

Amazonへ ¥38,018

楽天市場へ ¥37,575

シマノからリリースされているショアジギングゲーム用スピニングロッド・コルトスナイパーXRのモバイルモデルです。

仕舞寸法が70cmを下回りますから、バッグに入れて持ち歩くこともカンタンにおこなえます。

これまで諦めていたロックショアジギングの遠征釣行を、具体的に進めることができそうです。

全長は3.05mと長めに設定されていて、継数はモバイルらしく5本。

具体的な仕舞寸法は、68.5cmにまで縮まります。

先径は2.7mmで、適合するメタルジグウエイトは、最大150gまで。

シアンジグ デフォルトなら、全種類フルキャストすることが可能です。

適合するPEラインは、最大で6号まで使えるでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、91.2%になります。

実際に手に取ってみると、ウエイトは336gあるのでそれなりに重いですが、振り回しにくさは感じませんし、150gのメタルジグをロングキャストするなら、これぐらいの剛竿のほうが頼もしいです。

ガイドバランスも素晴らしく、ラインが絡まりにくく並べてあります。

グリップは握りやすい太さで、これなら大型の青物に走られても、長時間耐えて水面まで浮かせることができるでしょう。

実売価格は3万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

通常のショアジギングロッドを持っている人なら、遠征用やクルマに常備用として購入してみてはいかがでしょうか。

継目は、スクリューロックジョイント構造を採用しているので、ハメやすく外しやすいメリットを持っています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 6000XG ショアジギング プラッギング オフショアキャスティング ジギング 青物

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ストラディックSW 6000XG ショアジギング プラッギング オフショアキャスティング ジギング 青物

最安値価格
¥23,500(amazon)

Amazonへ ¥23,500

楽天市場へ ¥24,299

シマノから発売中のストラディックSWシリーズの中から、6000番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドルを1巻きすると112cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は7.0kgで、最大ドラグ力は12.0kgになっています。

ウエイトは440gで、ハンドルの長さは65mm。

スプール寸法は、直径が57.5mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、PEラインなら3号を300m巻けます。

ボールベアリングは、6個装備しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、パワフルに高速で回転し続けてくれます。

安定した巻き心地は、キャストの回数が増えても負担は増えにくいことにつながりそうです。

豪快なロングキャストを太いラインで繰り出したいなら、このクラスがおすすめといえるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

酷使するラインローラー部分にもX-プロテクトが採用されているので、安心してキャスト&リトリーブを続けることができます。

シアンジグ デフォルトの気になる発売日はいつ?

シアンジグ デフォルトの気になる発売日は、2022年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,188円から1,771円です。

ロックショアジギングゲームの初心者なら、最初は軽いウエイトのメタルジグを選んで、フルキャストできるように練習してください。

ロッドティップからの垂らしを長めにして、振り子の要領でしっかりと飛ばせるようになりましょう。

慣れてきたら、シアンジグ デフォルトの最重量150gに、ぜひチャレンジしてみるといいでしょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング