ワームのアップ写真

待望のヤミィ500復活!2022年NEWカラーでビッグバスを迎撃【ジャッカル】

FISHING JAPAN 編集部

バス釣り用ストレートワームとして人気を博した、ジャッカルのヤミィ500。

2022年に新しいカラーバリエーションで、復活を遂げてくれます。

どんなアプローチで使えば効果的なのか、使い方やおすすめタックルについてご紹介しましょう。

ヤミィ500ってどんなワームなの?

ヤミィ500とは、ジャッカルからリリースされている、バス釣り用のストレートワームのことです。

全長は4.5inchですから、11.43cmもあります。

短か過ぎることはなく、しっかりとアピールできるサイズ感が備わっているといえるでしょう。

ウエイトは、約4.5g。

細身のストレートワームにしては、結構重めですが、実は素材にソルトか含まれている高比重タイプなのです。

この重さがあれば、ウエイトシンカーの無いワッキーリグでも、じゅうぶん飛距離を伸ばせるはず。

実際にノーシンカーワッキーリグでキャストしてみると、着水即シミーフォールを発生します。

シミーフォールとは、アングラーがロッドワークを加えなくても、自発的にワームがユラユラ動きながら落ちていくこと。

このアクションを見てしまったバスは、バイトせずにはいられないでしょう。

さまざまなポイントへヤミィ500のノーシンカーワッキーリグを投げ入れて、ひたすらシミーフォールで誘ってみてください。

縦方向の探りとしては、とても効果的で食わせ要素も満点です。

フリーにフォールさせたいので、スピニングタックルを組むほうが効率よく探れるでしょう。

ヤミィ500は、さまざまなリグに対応できる特徴も持っています。

前述のノーシンカーワッキーリグはもちろん、ジグヘッドワッキーやネコリグ・ダウンショットリグ・ジグヘッドリグ・キャロライナリグなど、アングラーの好みに応じて試せます。

用意するシンカーやフックを自分なりに吟味して、目の前のフィールドにマッチしたリグを作り上げてください。

ヤミィ500は、シンメトリー=左右対称ボディにデザインされています。

ボディの中心でワッキーリグのフックをセットすれば、アクション後に強く水押ししながら、元のカタチに戻ろうとします。

これがバスの捕食本能を刺激し、バイト確率を向上させてくれるのです。

ヤミィ500の実釣インプレ!

ヤミィ500を実際にフィールドで使ってみた経験があります。

ノーシンカー状態でも、意図したポイントまで飛距離を伸ばせますし、キャストの衝撃で身切れしてしまったケースはほとんどありませんでした。

適度な張りが、曲がり込みからの復元を生み、まるで生き物のような艶めかしさを発生させます。

一度はバイトを我慢したバスでも、カラーローテーションして再度アプローチすれば、即食い付いてきたことも。

背景に解け込むようなカラーも効きますし、目立つカラーも良い刺激になります。

単色に絞り込むことなく、複数のカラーを釣り場に持ち込んで、あれこれと試してみることをおすすめします。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

ヤミィ500には、2022年10種類のカラーバリエーションがラインナップされます。

●エビミソレッドフレークカラー

●グリパン/チャートカラー

●バブルガムピンクカラー

●グリパンゴビーカラー

●砂ザリカラー

●グリパンミミズカラー

●ライブリーミミズカラー

●クワセゴリカラー

●スカッパノンカラー

●擬態スジエビカラー

ナチュラルな配色や定番モノが並ぶ中で、注目は何といってもバブルガムピンクカラーです。

とても派手で視認性が良く、フォールしながら深い層へ向かっても、ギリギリまで見え続けてくれます。

マッディな水質の釣り場でも、積極的にフォールさせて誘えるカラーといえそうです。

ヤミィ500を操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

それではヤミィ500をキャストしてシミーフォールさせるのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロングキャストを試みるなら、ある程度長くて張りのあるスピニングロッドがマッチします。

シェイクして振動をワームに伝えたいなら、ロッドティップがしなやかなほうがいいでしょう。

リールは、2500番クラスのスピニングリールに、フロロカーボンラインやPEラインを巻いて対処してください。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル スピニング グリップジョイント 68ML 的確なフッキングレスポンス

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル スピニング グリップジョイント 68ML 的確なフッキングレスポンス

最安値価格
¥12,936(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,092

楽天市場へ ¥12,937

Yahoo!へ ¥12,936

シマノのゾディアスシリーズの中から、MLパワーブランクスのスピニングロッドを選んでみました。

全長は2.03mもあるので、軽く振るだけで飛距離を伸ばすことができます。

継数は2本ですがグリップジョイント方式を採っているので、仕舞寸法は177.2cmと長めの設定です。

ウエイトは100gと軽めで、先径は1.7mm。

適合するルアーウェイトは、4gから12gまでです。

これならヤミィ500のノーシンカーワッキーリグでも、キャストしやすいでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで。

グリップの長さは208mmと短めで、ブランクスのカーボン素材含有率は100.0%です。

実際に手に取ってみると、長さや張りの割りにとても軽く感じます。

シェイクするのも楽ですし、キャストで振り切るのもカンタンにこなせます。

オカッパリシーンへ1本持ち込むなら、これぐらいブランクスがしっかりしたものがベターでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

グリップ周りは細身で握りやすく、カーボンモノコックグリップによる軽さ・感度の良さは、大きなメリットになっています。

ガイドバランスは良好で、ライトラインでも絡まりにくいKガイドが使われています。

モノフィラメントラインはもちろん極細PEラインでも、安心してバスとのやり取りを楽しめるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2500SHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C2500SHG

最安値価格
¥22,800(amazon)

Amazonへ ¥22,800

楽天市場へ ¥23,999

シマノからリリースされているヴァンフォードシリーズから、C2500番のハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1ですから、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は2.0kgで、最大ドラグ力は3.0kgです。

ウエイトは160gと軽めで、ハンドルの長さは50mmになっています。

スプール寸法は、直径が43mmでストロークが13.5mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを100m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても滑らかで軽快に回し続けることができました。

ローターの追従性も申し分なく、ラインスラックが発生しても瞬時に回収できるレスポンスの良さです。

安定した回転は、アングラーの集中力を高めてくれますから、軽さとともに大きな武器となってくれるでしょう。

実売価格は2万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

C2500番は、2500番モデルよりもひと回り小さなボディになるので、軽さも際立ち操作性も高まります。

上手く使いこなして、ビッグバスを釣り上げましょう。

ヤミィ500NEWカラーの気になる発売日はいつ?

ヤミィ500NEWカラーの気になる発売日は、2022年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、891円です。

縦方向に探れるポイントといえば、垂直岩盤や橋げたなどの縦ストラクチャーがイメージできます。

それら以外にも、深場に隣接したカバー周りなど、探ってみたくなるポイントは数多く存在しています。

ヤミィ500のポテンシャルを信じて、丁寧にシミーフォールを繰り返してください。

ワームの関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング