メガバス ルアー パタリロ

メガバスのワーム『パタリロ』の極薄アームにびっくり!実力を徹底分析してみた!

FISHING JAPAN 編集部

エビというか甲殻類に見えるワーム。

間違いなく他のワームと異なるのは、そのエビの腕の部分。

平べったくて極薄なんです。

メガバスの『パタリロ』、ネーミングもインパクト大ですね!

これが実釣にどのような影響を及ぼすのか、じっくりチェックしてみましょう。

メガバスの『パタリロ』は腕が水中でハタキをする!

『パタリロ』は、全長3.5インチです。

ラバージグのトレーラーやテキサスリグ・ダウンショットリグに用いると効果を発揮します。

実際に使ってみると、水押しという感じではなく、アームが倒れ込む様子がバスの興味を引きつけている感じがしますね。

底付近で小魚がハタキをしているのとよく似ていると思います。

水中におけるアクションシーンを見てみましょう。

バスを引き寄せ食わせる能力

もうひとつの動画は、実釣における『パタリロ』の強さをうまくとらえています。

いわゆる寄せと食わせの両方が的確にとらえられていて参考になります。

そのワームがバスにとってエサに見えれば、バスも迷いません。

ただし、エサっぽくなりすぎても遠くにいるバスは、気づきません。

メガバスの『パタリロ』は偏っていないんです。

ただ似ているだけのルアーには含まれない!そこがいい!

ふたつの腕を持つワームは甲殻類に似ているので、どうしてもそこを目指すことに固執しがち。

ルアーフィッシングはエサ釣りではないので、エサに似たものを目指し過ぎると、ルアーが本来持っているディスプレイスメント(水押し)を減らしてしまうケースに陥りやすいのです。

しっかりと存在感を放ち、そこにバスを惹き付ける要素を残したものが、次の世代まで生き残るルアーとなります。

模倣もダメ、エサ化もダメなのです。

難しいところではありますね。

その点メガバスの『パタリロ』のオリジナリティは大変レベルの高いもので、実際に釣り場で使ってみると、釣れ方が通常の2本腕と比較になりません!!

十分に釣り人を助けてくれるアイテムになっていますし、これからもずっとそばに置いておきたいルアーとなること間違いなし。

気になる方は要チェックです!

メガバスの『パタリロ』の商品レビューはこちらから!

メガバス(Megabass) ルアー PATALIRO 3.5inch ナチュラルプロブルー

メガバス(Megabass) ルアー PATALIRO 3.5inch ナチュラルプロブルー

参考価格:¥750

Amazonへ

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング