ワームのアップ写真

オーバル2.0でアジングを楽しみたい!楕円穴が開いた専用ワーム【34】

FISHING JAPAN 編集部

34(サーティフォー)は、アジングゲームを楽しんでいるアングラーから高い支持を受けているルアーメーカーです。

さまざまなアイテムの中から、アジング専用ワーム・オーバル2.0についてご紹介しましょう。

なんとボディ中央に、楕円形状の穴が開けられています。

これはどんな効果を生み出すのでしょうか?

オーバル2.0とは

オーバル2.0とは、34(サーティフォー)からリリースされている、アジングゲーム専用のワームのことです。

サイズは2.0inch=5.08cmなので、水中での存在感はしっかり確保されています。

しかも特徴的なのは、オーバル2.0のボデイ中央部分に、楕円形状の穴が設けられていること。

穴ですから、水は通り抜けることができます。

その際に発生する水絡みにより、独特の引き抵抗が発生。

これによって、軽いジグヘッドに装着している状態でも、手元に抵抗が伝わってくるようになっています。

ジグ単は、どんどん軽くなる一方ですから、抵抗も抜けてきます。

あまりに存在感が薄まってしまったら、操作している実感を持つことは難しいでしょう。

そうなると、フッキングのタイミングも分かりづらくなり、効率よくアジを掛けていくことから離れてしまいます。

そこで34は、ワームに楕円形状の穴を開けて、釣りに活かせる抵抗を生み出したのです。

オーバル2.0のカタチをじっくり見てみると、最後尾がリーフテールのようにデザインされています。

これをカッターで真ん中から縦にカットすれば、そのまま楕円形状が股になり、2本のフィン付きテールワームに早変わりします。

ノーマルのまま使うのはもちろん、カットして自分なりにカスタマイズして使うのも有効です。

実際にオーバル2.0をフィールドで使ってみました。

1.0gのスイミング型ジグヘッドに装着して、コンクリート壁沿いにキャスト。

着水と同時にリトリーブせず、カウントダウンをしながら任意のレンジを泳がせます。

最初は表層からトレースしましたが、アジやメバルが後追いしてくるのが分かりました。

初めてのバイトは、ただ巻きリトリーブをしている際中に。

楕円の部分でボディがしっかり折れ曲がりますから、アジの口の中にスッポリ入っています。

これなら少々フッキングが遅れても、ハリ先をアジの上アゴに貫通させることができるでしょう。

オーバル2.0の実釣デモンストレーション動画はこちら

フロートリグとのマッチングも良好なオーバル2.0!

オーバル2.0を軽めのジグヘッドに装着して、フロートリグでロングキャストしてみました。

リグ自体が真っ直ぐに伸びてくれるのは、オーバル2.0の抵抗が活きているからでしょうか。

アジが潮目の中でバイトしてきても、手元で変化を感じ取りやすく、フッキングのタイミングを逃しにくい印象です。

スローシンキングタイプのフロートを用いると、手元に伝わってる情報は、より明確になりました。

さまざまリグで試しながら、オーバル2.0の活用範囲を広げていきたいものです。

合計6種類のカラーバリエーションから選択可能!

オーバル2.0には、全部で6社類用意されています。

●ともしびカラー

●にじカラー

●はなちらしカラー

●こうはくカラー

●あめいろカラー

●こもれびカラー

上記以外に、スペシャルショップ限定のカラーもリリースされています。

どのカラーも水に溶け込むような淡い生々しさを保持していて、多くの釣り場で活躍してくれそうです。

オーバル2.0を操るのに適しているおすすめのロッドを選んでみた!

オーバル2.0を操作するには、ジグ単を自在にキャストしてリトリーブに移れるロッドが不可欠です。

軽くロッドティップを震わせながらリトリーブを続けたいなら、6ftを下回るショートレングスタイプのほうが扱いやすいでしょう。

軽くてシャープなブランクスで、ライトラインが絡まりにくいガイドシステムのロッドを選んでみました。

34 ガイドポスト LHR-57

34 ガイドポスト LHR-57

最安値価格
¥25,300(amazon)

Amazonへ ¥25,300

楽天市場へ ¥25,300

Yahoo!へ 取扱なし

34からリリースされている、アジングゲーム用のスピニングロッドです。

ソリッドティップを装備していて、全長は1.70mと短めに作られています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は88.5cmにまで縮まりますから、さまざまな釣り場へ持ち込むのが便利でしょう。

適合するルアーウエイト・リグウエイトは、0.3から2.0gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら0.9lbから2lbまで。

自重は74gと軽くなっています。

実際に手に持って継いでみると、とても軽くてバットに張りを感じます。

ロッドティップはソリッドらしく、少しの負荷でも確実に曲がり込むようになっています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

オーバル2.0を使いこなしてビッグサイズのアジを釣り上げよう!

オーバル2.0の特徴や使い方、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

軽いジグヘッドでもしっかりした操作感を失いたくないアングラーなら、使ってみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

アジングの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング