ワームのアップ写真

メバルハンターワーム シャッドは2022年リリースの微振動アクションが得意なワーム!

FISHING JAPAN 編集部

日中はもちろん、夜釣りも楽しめるのが、メバリングゲームです。

2022年には、ダイワから新しい専用ワーム・メバルハンターワーム シャッドがリリース。

どんなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

メバルハンターワーム シャッドとは

メバルハンターワーム シャッドとは、2022年にダイワから新発売となる、メバリングゲーム専用ワームのことです。

形状は、最後尾がシャッドテール系にデザインされていて、全体に細かなリブが刻まれています。

全長1.5inch=3.81cmなので、メバルの大きな口なら一瞬で飲み込めるでしょう。

メバルハンターワーム シャッドのテールは、細かく震えて波動を生み出すように作られています。

これにより広範囲のメバルを振り向かせることができるので、活性が高いときや夜釣りにとても有効となります。

ボディ素材には、一般的なワーム素材として知られている塩ビを採用しています。

ジグヘッドにセットするとき、慣れていない初心者アングラーでもカンタンに装着することができるでしょう。

ジグヘッドに曲がった状態でワームを装着してしまうと、せっかくの微波動アクションが上手く引き立たないことになってしまう可能性があります。

ジグヘッドの軸に対して、真っ直ぐに沿うように付けて、キャストに臨むようにしてください。

メバルハンターワーム シャッドのボディには、エビオイルを配合しています。

甲殻類のエビの味とニオイが染み込んでいるので、メバルに対してしっかりとアピールできるようになっています。

その効果で口の中に深く咥え込んでくれるはずですから、フッキングもバッチリ決まるでしょう。

もうひとつボディ形状で注目したいのが、進行方向に対して抵抗となる複数のリブの存在です。

着水と同時に、これらリブの隙間へ水が入り込み、そのまま引っ張られますから、水は引き剥がされるような状態に。

小さな反転流に近い渦が巻き起こり、メバルハンターワーム シャッドの周囲をランダムに取り囲むことになるでしょう。

それがベイトフィッシュの持つ生命感と重なったら、メバルは躊躇なくバイトするに違いありません。

バス釣り用のリングワームから応用した仕組みで、さまざまなワームに用いられていますが、メバルハンターワーム シャッドにも有効活用されているのは嬉しいです。

メバルハンターワーム シャッドの使い方!

メバルハンターワーム シャッドの使い方は、ある程度重めのジグヘッドに装着して、ジグ単としてロングキャスト+リトリーブを繰り返すのがいいでしょう。

もっとナチュラルに沈めて誘いをかけたいなら、軽量ジグヘッドにセットしてフロートリグに仕上げることをおすすめします。

これならジグ単よりも飛距離を伸ばせるので、より広範囲をくまなく探ることが可能になるでしょう。

沖合いの潮目を見つけたら、そこまで届くようにアプローチしてみてください。

着水したらすぐにリトリーブを開始せず、フォールを絡めた誘いをかけることを忘れないでおきましょう。

ロッドは、通常のメバリングロッドよりも、長くて張りのあるブランクスのものを使うと、ロングキャストしやすくなります。

全部で10種類のカラーバリエーションから選んで使ってみよう!

メバルハンターワーム シャッドには、合計10種類のカラーバリエーションが用意されています。

●グローホワイトカラー

●グローみかんカラー

●グローピンクカラー

●ドットグローカラー

●ちりめんじゃこカラー

●粒アミカラー

●玉露カブラカラー

●微弱グローオキアミカラー

●アミピンクカラー

●オーロラピンクカラー

グロー系の配色が充実しているので、夜釣りを積極的に楽しめるでしょう。

同じカラーを使い続けると、メバルが慣れてしまうことがありますから、定期的にカラーを変更することを実践してください。

潮や光の当たり方などによって、釣れるカラーが変わります。

いろいろ試すことで、メバルのバイト数を落とさずにキープできるでしょう。

メバルハンターワーム シャッドをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

メバルハンターワーム シャッドをキャストするのに向いている、おすすめタックルをご紹介しましょう。

ジグ単ではなく、フロートリグとして操るつもりなら、張りのある長めブランクスのスピニングロッドが有効です。

リールは、2000番クラスの小型スピニングリールで対応可能でしょう。

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド 月下美人 76ML-T 釣り竿

ダイワ(DAIWA) メバリングロッド 月下美人 76ML-T 釣り竿

最安値価格
¥14,998(amazon)

Amazonへ ¥14,998

Yahoo!へ ¥18,748

ダイワからリリースされている月下美人シリーズの中から、MLパワーブランクスのスピニングロッドを選んでみました。

全長は2.29mと長めで、2ピース仕様。

仕舞寸法は119cmにまで縮まるので、さまざまな釣り場へ持ち込むのが便利です。

自重は100gと軽めで、先径/元径は1.4/9.9mmです。

適合するルアーウエイトは、最大で10g前後ですから、フロートリグを組んでロングキャストするのに向いています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbまで。

PEラインなら0.6号前後を用いると、飛距離をしっかり伸ばせるでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、86%になっています。

実際に手に取ってみると、結構長くてシャープな印象を持ちました。

張りのあるブランクスは、フロートリグをフルキャストして、沖合いの潮目など遠くのポイントにアプローチしやすいでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ガイドの形状がラインの絡まりにくいものになっているので、手返しよくキャストを連続できるのが嬉しいです。

グリップが細身なのも、さまざまなロッドワークを繰り出すのに便利でしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S

最安値価格
¥10,170(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,992

楽天市場へ ¥11,446

Yahoo!へ ¥10,170

ダイワのフリームスLTシリーズの中から、2000番の浅溝スプールモデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1なので、ハンドル1巻きにつき68cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は185gと軽めです。

ラインキャパは、PEラインなら0.5号を170m巻けますし、モノフィラメントラインなら4lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、ローギアからかハンドル回転はとても滑らかな印象です。

定速でリトリーブをおこなうのに扱いやすいのではないでしょうか。

ローター回転もスムーズで軽やか、ドラグのレスポンスもライトラインを操るのに申し分ないといえます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ハンドルノブが指でつまんでも滑りにくく、安定した巻き取りを後押ししてくれるのは間違いありません。

0.4号以下の細いPEラインにも対応できますから、フロートリグ以外のジグ単アプローチにも、積極的に使ってみましょう。

メバルハンターワーム シャッドの気になる発売日はいつ?

メバルハンターワーム シャッドの気になる発売日は、2022年の9月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、370円です。

販売価格が低く抑えられているので、複数のカラーを豊富に所有して、カラーローテーションを仕掛けやすいです。

メバルは視力が良いですから、ちょっとした変化にとても敏感。

バイトが遠退いたなと感じたらカラーを交換して、再度探りを入れてみてください。

思わぬ当たりカラーに遭遇するかもしれません。

水深のある深場へ落とし込む際にも、ワームのカラーローテーションは必須になるでしょう。

メバリングの関連記事はこちら

メバリング」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング