バス釣り バスフィッシング バス ミノー ジャックベイト

バス釣りで使うミノーやジャークベイトのサイズ感のメリットとデメリットとは?弱点をカバーしてバスを狙おう!

FISHING JAPAN 編集部

ルアーの中でも細身の部類に含まれるミノーやジャークベイト。

バスが好む小魚に似ているので、バスはついだまされてバスは口を使ってしまいます。

しかし、似ているというだけで、ミノーやジャークベイトは万能なのでしょうか?

ミノーやジャークベイトのメリット、デメリットを見ていきましょう!

メリットは「小魚そのものである」

小魚には個々に独特の模様があります。

それらに似せた配色をミノーやジャークベイトに載せると、本当に生きているかのような錯覚に陥りますよね。

当然バスも、見誤って後ろを追いかけ、食いついてしまうケースが多いでしょう。

バスに見過ごせ!というほうが酷かもしれません。

デメリットは「その大きさ」

しかし、外形を小魚に似せ過ぎたため、ルアーそのもののボリュームが小さくなっています。

バスのそばにミノーやジャークベイトを届けることができたら、問題はないですよね。

もし届かずに離れたところへ着水してしまったら、まず気づいてはもらえないでしょう。

水を弾いたりかき混ぜたりする機能も大して備わっていないので、これが最大の弱点といえるかもしれません。

デメリット克服は「アピールを追求する」

しかし、その弱点をカバーする方法があります!

釣り人がしっかりとロッドを動かしジャーキングアクションすることによって、ルアーが激しく横っ跳びするような弾ける動きをおこなってくれます。

強烈な水押しや波を作り出し、バスにその存在を猛アピールできます。

それでも気づいてもらえないと感じたときは、ルアーのローテーションに入っていいのではないでしょうか。

例えば、ミノーやジャークベイトを少し太らせたフォルムのダーターに。

そういう外形を持つダーターなら、水押しの力強さも増すので、少々離れているバスにも振り向いてもらえるかもしれません。

ぜひ、色々試してみてくださいね♪

バス釣り」カテゴリの人気記事

DAILYランキング