マダコ

【船釣りマガジン】投げて探ればチャンス!定点小づきで乗り活発

隔週刊つり情報編集部

6月に開幕した湾奥のマダコを餌木で楽しもうと、7月上旬、東京湾奥原木中山の洋平丸へ釣友の上塚さんと釣行。
 
5時過ぎに受付して氷を受け取り乗船。

5時半に乗船者が集まり出船し、市原沖へ向かう。

ポイントに到着すると、「水深は10mで根掛かりは少ないポイントです。広く探ってください!」と船長のアナウンス。
 
根掛かりの少ない場所では広く探る釣り方が有効であり、船の流れによるが、横流しは正面、エンジン流しはミヨシ寄りにできるだけ遠投する。
 
誘いは着底してからオモリを底に着けたまま道糸を張って緩めてを繰り返す。

タコの活性が高いときは常に餌木を動かして、逆に活性が低いときは、10回小づいて3秒ステイというように変化を付けている。

私はオモリに捨て糸を3cm結んでいるが、根掛かり対策と同時に餌木の可動幅を広げる意味合いもある。

目次

  • 序盤から好調
  • 朝方のポイントの近くに移動
  • 当日の餌木タコ仕掛け
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング