釣行の写真

【船釣りマガジン】[熱血!照英の釣りバカ紀行(第4回)]マダコ釣りは釣り界におけるヨガである。

隔週刊つり情報編集部

「後ろの方、また釣りましたよ」
 
東京湾奥の市原沖、座席間隔を広く取って定員となっている伊藤遊船の左舷ミヨシからトモ方向を見て、照英は焦った。
 
左舷トモ3番から5番、つまり胴の間で、立て続けにマダコが取り込まれているのだ。

「え?3杯目?すごいなあ」
 
今度は照英の背後、右ミヨシで女性2人が連続で釣り上げる。
 
片や白い餌木、片や豚の脂身巻き。

ここだけ読むと釣りの記事とは思えないが、これがタコ釣りである。

「とりあえず白に替えてみます。ザリガニみたいなやつ、マダクですか。これ、付けてみます」
 
さっそく餌木を交換する照英。

すると、マダコが乗った。

「きた?ああ!?あー!」
 
半信半疑の合わせでポロリとマダコが落ちる。
 
すぐ、再び乗り。

竿先がムニュッと押さえ込まれる。
 
が、またもバレた。

「イエーッ♪」
 
その瞬間、左舷で並んで竿を出す面々がはやし立てる。

「うわっ、皆さん、喜んでませんか!?」

目次

  • 他人のバラシは自分のチャンス。これが、マダコ釣りである。
  • 「照英の穴」がやってくる。
  • 照英の餌木タコタックル
  • 「照英ホール、きたー!」
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

エギタコ」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング