カッターのアップ写真

ライン用カッターはどれを使ってる?おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

釣りでよく用いる道具といえば、つなぐ役割を果たしてくれるラインです。

仕掛けやルアーの接続にひんぱんに使うので、ラインの要らない部分を切り取らなければなりません。

そこで重要になるのが、ライン用カッター。

すぐにカンタンに美しく切断できるものが求められますから、さまざまなカタチが生み出されました。

ここでは、ライン用カッターの特徴や、おすすめのアイテムをご紹介します。

ライン用カッターにはどんなタイプがあるの?

ライン用カッターとは、釣りに用いるラインを切断する道具のことです。

最もよく知られているカタチは、釣り以外でも活躍するハサミ形状タイプ。

左右の両刃が密着しながら重なり合って、その間に挟み込まれたラインをスパッ!と断ち切ることができます。

切りにくいといわれている撚り糸のPEラインでも、このハサミ形状タイプならカンタンにカットできるでしょう。

ただし、極細のPEラインになると、両刃の隙間に挟まり込んでしまうケースが出てきます。

そうなると、何度開閉しても切断できずに、釣りが中断してしまう恐れがあります。

そこで最近のハサミ形状タイプには、刃をギサギザ状態にしたものがラインナップ。

このキザ刃により、滑って隙間に入り込もうとする極細PEラインを、刃の上にとどめておくことができるのです。

アジングやメバリング・渓流トラウトゲームなどで、極細のPEラインをカットしたいときは、キザ刃のハサミ形状タイプを持参するようにしましょう。

刃の部分が折り畳み式になっているものも発明されて、ゲームベストのポケットなどに収納しやすくなっています。

釣り場で歩いているときに誤って落としてしまうトラブルを考慮すると、複数のライン用カッターを身に着けて持ち歩くほうがいいかもしれません。

小型で軽量なものであれば、持ち運びが負担になることもないでしょう。

爪切りタイプのライン用カッターを使いこなそう!

ライン用カッターには、まるで爪切りのようなカタチをしたものがラインナップされています。

これは刃と刃が平行に配置されていて、上下に圧をかけることで挟んだラインをカットすることができます。

とてもシンプルで扱いやすく、尖った刃ではないことで、指などに傷を負うトラブルも防げるでしょう。

何より形状をコンパクトに設計できますから、ちょっとしたタックルボックスのスペースや、小さなポケットに収納しておくことが可能です。

マグネットに反応するので、吸着させておいて取り外して使うこともできるでしょう。

ただし、上下の圧のみでラインを切断しようと思えば、PEラインをスパスパ切るのに不向きでしょう。

しかもこの爪切りタイプを長い間使い続けていると、刃同士が圧をかけることになるので、切れ味が落ちてきます。

ナイロンやフロロカーボンなどのモノフィラメントラインを切断するカッターとして、使うのがベターかもしれません。

熱でラインを切断するライン用カッターもラインナップ!

ライン用カッターには、熱を帯びてラインを溶かしてカットするタイプが存在します。

主に太いラインをカットするのに向いていますが、当然細いラインでもカットするのはたやすいでしょう。

ただし、熱の影響で本来は傷めたくない部分のラインまで、変質させてしまう危険性を含んでいます。

扱うときはじゅうぶんに注意して、他の部分に接触しないように扱ってください。

ライン用カッターの中からおすすめのアイテムを選んでみた!

数あるライン用カッターの中から、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

まずは、ハサミ形状タイプから。

最近ではプライヤーにもカッター部分が付加されているので、そちらで対応するアングラーも増えてきした。

予備用としてハサミ形状タイプを携行しておくと、いざというときに重宝するでしょう。

スミス(SMITH LTD) ハサミ PE シザース 92mm

スミス(SMITH LTD) ハサミ PE シザース 92mm

最安値価格
¥312(amazon)

Amazonへ ¥312

楽天市場へ ¥349

Yahoo!へ ¥315

スミスからリリースされている、ハサミ形状タイプのライン用カッターです。

PEラインを両刃の間に通して閉じると、スッパリ切れてくれるのが嬉しいです。

サイズはとてもコンパクトで、全長は92mmしかありません。

ゲームベストのポケットに収納しやすいですし、タックルボックスにも予備用として放り込んでおきやすいでしょう。

ラインシステムを組むなどの、細かい作業を釣り場でおこなうときに扱いやすいです。

PEラインを安定してカットする場合は、刃先よりも刃元を使ってください。

ラインを少し張り気味にすると、よりカンタンにカットすることができます。

本体は、サビに強いステンレススティールを採用していますが、使用後の刃に付いた水分は、キレイに拭い去っておきましょう。

PEライン以外のナイロンやフロロカーボンといったモノフィラメントラインのカットにも、じゅうぶん対応することができます。

実際に釣り場で使ってみましたが、とても軽くて指にはめやすく、カットをスムーズにおこなうことができました。

実売価格は300円台と、とても低価格な設定に収まっています。

これなら複数個購入して、釣り場はもちろん自宅にも置いておきたくなります。

ダイワ(Daiwa) ラインカッター V40 ブラック 04910137

ダイワ(Daiwa) ラインカッター V40 ブラック 04910137

最安値価格
¥702(amazon)

Amazonへ ¥702

楽天市場へ ¥771

Yahoo!へ ¥709

ダイワから発売中の、爪切りタイプのライン用カッターです。

ボディは、サビに強いステンレス製になっているので、釣り場で大胆に使うことができます。

指先に力を込めてカット作業をしやすい、ワイドボディにデザインされています。

指当て用のディンプルが付いているので、添えた指の位置が安定して、チカラが伝わりやすくなっています。

またボディ中央の穴は、ハリ結びで糸を締め込む際に、ハリ先を引っかけておくと便利に使うことができます。

実際に手にしてみると、直刃なのでオールラウンドにラインをカットすることができます。

コンパクト設計ですから、収納場所に困ってしまう展開にはなりにくいでしょう。

実売価格は700円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

カラーバリエーションは、ブラックとレッドの2種類から選べるようになっています。

直刃以外に斜め刃も用意されているので、細かなカット作業を実践したい人はねそちらも試してみてはいかがでしょうか。

バークレイ(Berkley) BTHLC ミニホットワイヤーラインカッター

バークレイ(Berkley) BTHLC ミニホットワイヤーラインカッター

最安値価格
¥1,561(amazon)

Amazonへ ¥1,561

楽天市場へ ¥2,449

Yahoo!へ 取扱なし

バークレイからリリースされている、熱でラインを切断するライン用カッターです。

PEラインを切断する際に、ほつれが発生することがありますが、熱でカットすれば瞬時にそれを抑えることができます。

電熱線を利用してラインをカットする仕組みで、ホットワイヤーラインカッターとしてマイナーチェンジされたものです。

電熱線部分がスライド式で格納できるようになり、ワンタッチで引き出して、素早くラインカットできるようになっています。

ワイヤーの熱によってラインをカットしますから、ハサミで切断したときのようなラインのほつれが発生しにくくなっています。

電熱線は、素材がタングステンで、瞬時に1200℃まで上昇するように作られています。

実売価格は千円台と、とても安い価格帯に収まっています。

PEラインの切断で困っているなら、一度使ってみてはいかがでしょうか。

高熱を発するアイテムなので、火傷などを負わないように注意して使うようにしてください。

ライン用カッターを使いこなしてさまざまな釣りを楽しもう!

ライン用カッターの特徴や種類、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

さまざまな種類のアイテムがリリースされているので、自分に合ったものを見つけるためにも一度使ってみるのがいいでしょう。

刃はよく切れるように仕上げられていますから、取り扱いにはじゅうぶん注意してください。

カッターの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ライン(釣り糸)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング