釣行の写真

【船釣りマガジン】潮が動けばダブル、トリプル!間もなくスルメの本格シーズン

隔週刊つり情報編集部

相模湾の夏の風物詩のひとつであるスルメイカが、いよいよ期待を集めるシーズンに入った。

取材日は6月中旬の週末。

すでに暑い日差しが照りつける船上で、準備を終えた常連客の深沢さんがこう話してくれた。

「小田原エリアのスルメ船が昨日再開して、トップで50杯近く釣れた船もありましたよ」

この声で、船上に活気がみなぎる。

そして5時45分、我われ12名を乗せた第八平安丸は小田原早川港から出船した。

航程約50分で小田原南沖に到着。

小林義高船長は、魚探とソナーでイカの反応をじっくりと探す。

そして約15分後、バックギアが入り、開始をアナウンスした。

「はい、いいですよ。水深は105m。下から85mまでに反応がありますから、やってみてください」

アナウンスが終わると同時に11個のオモリが放り投げられる。

青い空、白い雲。

投入器に当たってカラカラと音を立てながら飛び出していく無数のツノ。

これぞまさしく夏の風物詩、スルメイカ釣りの光景だ。

直後に、左ミヨシに釣り座を構えた深沢さんが「乗ったよ!」と声を上げる。

電動リールの巻き上げ音が鳴り響き、衆目を集める。

しばらくして深沢さんは竿を置き、電動リールが止まると同時に仕掛けをたぐり始める。

プラヅノ12本で組んだ直結仕掛けの5本目に抱き付いた約30cmのスルメイカが、海面で潮鉄砲を吹き上げた。

仕掛けを上げるようにとアナウンスした船長が、再びリサーチを始める。

このタイミングで深沢さんは釣れたスルメイカを手際よくハサミで開き、2本の竹ぐしでロープに掛ける。

すると右ミヨシの小林さんも開いたスルメイカを干している。

しかも2枚。

深沢さんと同じタイミングで、ダブルで釣れたようだ。

目次

  • 手釣りのリズム
  • 移動が大当たり
  • 当日のスルメイカ仕掛け
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング