エギのアップ写真

エメラルダス ピークRVに2022年新サイズ・2.5号登場!

FISHING JAPAN 編集部

ラトルの入ったエギとして人気の高い、ダイワのエメラルダス ピークRV。

2022年には、最小ボディサイズ・2.5号が新しく追加されます。

秋のエギングシーンに欠かせないサイズですから、アングラーから注目を浴びるのは間違いないところでしょう。

ここでは、エメラルダス ピークRVの特徴や、マッチしそうなおすすめタックルについてご紹介します。

エメラルダス ピークRVってどんなエギなの?

エメラルダス ピークRVとは、ダイワから発売中のエギングゲームが楽しめるエギのことです。

サイズ設定は、4種類用意されています。

2022年に追加設定となる2.5号、それから3.0号・3.5号・4.0号から釣り場のシチュエーションに合わせて選んでください。

エメラルダス ピークRVの特徴をピックアップしてみましょう。

まずは、飛距離がしっかり伸びること。

ボディフォルムは、いわゆる大分型と呼ばれるタイプになっていて、重量のバランスや各部位の形状を突き詰めながら、飛行中の姿勢が安定するように作られています。

実際にラインに結んで、オーバーヘッドキャストを敢行してみると、射出されてからの安定感がバツグン。

不意に回転してしまうようなトラブルはほとんど無く、伸びていくような飛行を続けてくれます。

飛距離が伸びると探れる範囲が広がりますから、遭遇するイカの数も比例してアップするでしょう。

それから、とても低重心に作られていることも注目ポイントです。

キャストして着水、そのままフォールさせると、その姿勢が極めて安定していることに気づかされます。

イカはそういう安定した姿勢を見て、抱くか抱かないかを判断しますから、エメラルダス ピークRVのフォールは誘い要素に満ちているといえそうです。

またロッドを立ててラインにテンションを加えたとき、適度な抵抗を感じることができます。

これはエメラルダス ピークRVのボディやアゴ下シンカーが、しっかりと水をつかんでいる証し。

潮の流れをとらやすいことにつながりますから、キープしておきたいレンジに置き続けるようなアプローチを得意としています。

そこからロッドワークを加えて、ダートアクションや跳ね上げアクションに移行するのは、とてもカンタンです。

操作性が高く、アングラーのイメージ通りにアクションしてくれるのが、エメラルダス ピークRVの強みです。

ラトルサウンドもプラスされるので、イカを呼び寄せるのにとても便利なアイテムとなるでしょう。

日本製素材のカンナを搭載しているエメラルダス ピークRV!

エメラルダス ピークRVの最後尾に付いている、フック=カンナに注目しましょう。

形状や素材・太さがエギングゲームを実践するのに理想的で、各号数に合わせた専用設計になっています。

当然フッキング効率は高く、掛けた後のバラシを抑えるようになっています。

日本製の素材を採用しているので、安心して大型イカとのやり取りを楽しめるでしょう。

もし岩などに引っ掛かって変形したら、パイプ状の金具を差して元のカタチに戻してください。

よく刺さるので、注意して作業をおこなうようにしましょう。

合計15種類ものカラーバリエーションから選択可能!

エメラルダス ピークRVには、全部で15種類のカラーバリエーションが用意されています。

●赤-デリシャスムキエビンパスカラー

●金-ピンクボーンカラー

●金-ゴールドソニックカラー

●マーブル-クリーミーピンクルスカラー

●パープル-セクシャルパープルカラー

●ホロ-パンプキンソニックカラー

●緑-トロピカルインコカラー

●ケイムラ-マリンブルーバードカラー

●ケイムラ-ビタミンコパーズカラー

●ケイムラ-マリンパープルバードカラー

●ケイムラ-蛍光キューカンバーカラー

●夜光-スカイボイルドエビンパスカラー

●夜光-GO!GO!スギコマンドーカラー

●夜光-グレパーロコモーションカラー

●夜光-ハッスルナイトカラー

個性的なものから定番配色まで、豊富に揃っているのが嬉しいです。

釣り当日に光量に合わせて、ケイムラや夜光を使ってみると、効果的な刺激となるでしょう。

エメラルダス ピークRVを結んでキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

エメラルダス ピークRVをキャストするのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

2022年に追加ラインナップされる2.5号、そのウエイトは10.5gです。

最も重い4.0号で23.5gですから、両者をカバーできるロッドなら、エメラルダス ピークRV全機種を使いこなせるでしょう。

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 88M-S・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エギングロッド エメラルダス AIR AGS 88M-S・R 釣り竿

最安値価格
¥37,461(Yahoo!)

Amazonへ ¥38,369

楽天市場へ ¥38,018

Yahoo!へ ¥37,461

ダイワのエメラルダスシリーズの中から、AGSを搭載した軽量モデルを選んでみました。

全長は2.64mとやや長めで、継数は2本です。

仕舞寸法は136cmにまで縮まるので、釣り場への持ち込みをおこないやすいでしょう。

標準自重は、たったの91gしかありません。

長時間の釣行にも耐えられるでしょうし、手元感度アップも期待できます。

先径/元径は0.9/10.9mmと細めで、適合するエギサイズは2.5号から4.0号まで。

適合するPEラインは、0.5号から1.0号までとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

実際に継いで手に持ってみると、とても軽くてロッドティップが持ち上がりやすく作られています。

手首を少し返すだけで、ロッドブランクスがブンッとしなり、メリハリのあるアクションを引き起こせます。

AGSにはラインが絡まりにくく、手返しのいいキャストを繰り返せるでしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

グリップ周りは細身で握りやすいので、大型イカに走られてもしっかりと耐えながら浮かすことができるはずです。

ダイワ 21 エメラルダス エア FC LT2500S

ダイワ 21 エメラルダス エア FC LT2500S

最安値価格
¥34,800(Yahoo!)

Amazonへ ¥36,110

楽天市場へ ¥35,496

Yahoo!へ ¥34,800

エメラルダスシリーズには、スピニングリールもラインナップされてます。

エアの2500番なら驚異的な軽さと剛性感で、エギングゲームをぞんぶんに楽しめるでしょう。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1回転につき72cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5kgで、自重は160gに設定。

このウエイトなら、長い時間シャクリを入れ続けても、さほど疲れてしまう展開にはなりにくいでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを150m巻けます。

PEラインなら、0.6号を200m巻けるので、ドリフト釣法などにもトライしやすいです。

ボールベアリングは、12個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドルの回転は滑らかそのもので、ローターの追従も軽快な印象です。

ラインスラックが発生したら素早く回収して、ダートアクションや跳ね上げにつないでいくことが容易でしょう。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格に設定されています。

ハンドルノブは、濡れた指でつまんでも滑りにくくなっているのが嬉しいです。

ドラグは強く締め込まずに、イカが走り出してもレスポンスよくラインを放出できるように調整しておきましょう。

エメラルダス ピークRV追加サイズの気になる発売日はいつ?

エメラルダス ピークRV追加サイズ・2.5号の気になる発売日は、2022年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,050円です。

各号数のお気に入りカラーを揃えておいて、釣り場や季節などにマッチしたアプローチを実践してください。

イカの反応を見ながら、サイズ・カラーを切り換えていくと、釣り当日の当たりパターンを見つけ出せるかもしれません。

エメラルダスの関連記事はこちら

エギング」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

さかなクン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング