ルアーのアップ写真

チャグバグでバスを釣りたい!使い方やおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

アメリカのルアーメーカー・ストームからリリースされていたスリムなポッパーといえば、チャグバグを思い浮かべるアングラーは多いでしょう。

淡水・ソルトどちらでも使い勝手のいいこのルアーを、バス釣りに投入してみました。

どうすれば効果的にバスを誘えるのか、詳しくご紹介しましょう。

チャグバグってどんなルアーなの?

チャグバグとは、ストームからリリースされていたトップウォータールアーのことです。

現在ではラパラから販売されていて、ストームというブランド名も残っています。

淡水用とソルト用が作り分けられていて、ラトルが入っているタイプを購入することができます。

表題のレッドヘッドカラーは、ラトルの入っているソルト用なので、正式名称をラトリン・ソルトウォーターチャグバグと呼びます。

サイズ設定は2種類あって、全長8cm・ウエイト10gのものと、全長11cm・ウエイト26gのもの。

どちらもバス釣りに使うことができますが、今回はコンパクトな8cmタイプをラインに結びました。

浮き姿勢は、水平状態からヘッドを少し持ち上げた感じ。

ロッドワークを加えると、小さ目の口=カップがしっかりと前方の水をとらえます。

スプラッシュは、鋭く遠くまで飛ぶようになっていて、ロッドワークの強弱で飛び散る範囲を決めてください。

頭が少し膨れていて、ボディはすらりとスリム。

まるで砂に埋まっているマテ貝のような、独創的な外観に仕上がっています。

お腹部分がフラットに近いので、強めのロッドワークを加えると、左右にボディをスライドさせようとします。

イレギュラーなアクションを出しやすく、追いかけてきたバスに見切られにくいでしょう。

チャグバグは、ボディの後半部分にウエイトが寄っています。

ですからキャストすると、かなり飛距離を伸ばすことが可能です。

着水音は、スリムボディのおかげで小さ目。

バスの警戒心を膨らませることなく、釣りをスタートすることができるはずです。

チャグバグの実釣インプレ!

実際にチャグバグをフィールドで使ってみました。

山上のリザーバーで、ある程度水深のある場所にカヤックで浮かびます。

大きな森に隣接しているので、木の枝がオーバーハングを形成し、日陰が至るところに発生。

直射日光が当たらないほうが、バスは水面のルアーを見やすいので、まずは日陰エリアへ向かいます。

そのままキャストを始めるのではなく、じっくりとその場を観察。

そうすると、1cmほどの孵化したての稚魚の群れが、水面直下をゆっくり泳いでいるのを見つけました。

捕食対象として丁度いいのか、ブルーギルがしきりに突いています。

当然意識が稚魚の群れに向かっていますから、このブルーギルは無防備状態そのもの。

こういう生き物を、バスが放っておくわけがありません。

稚魚←ブルーギル←バスの図式が簡潔に成立していて、一瞬でブルーギルがビッグバスに食べられてしまいました。

ということは、稚魚の群れを見つけ出して、それをチャグバグで襲う素振りを見せ続けていると・・・バスが食い付いてくるかもしれないのです。

稚魚の群れをチャグバグで襲うという演出!

日陰エリアで稚魚の群れを見つけ出すのは、意外とカンタンでした。

水面が、細かく波立つからです。

そこにチャグバグをキャストして、軽めのスプラッシュを浴びせます。

稚魚の群れは驚いて逃げますが、さほど遠くには行きません。

再度チャグバグを近づけて、スプラッシュ!

これを3度繰り返し、4度めを実行した瞬間!ゴボッという低めの音とともに、チャグバグが水面から消え去ったのです。

チャグバグをキャストして操るのにおすすめのロッドを選んでみた!

それでは10gウエイトのチャグバグをキャストして操作するのに向いている、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

MLパワー前後のブランクスを持ったベイトロッドなら、サイドハンドキャストで自在に操れるはずです。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 ワールドシャウラ 1581F-3 バス

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 ワールドシャウラ 1581F-3 バス

最安値価格
¥56,914(楽天市場)

Amazonへ ¥60,720

楽天市場へ ¥56,914

2022年にワールドシャウラシリーズに追加された、ショートレングスなベイトロッドです。

全長は1.73mで継数は3本、仕舞寸法は130cmに統一されています。

自重は110gで、先径は1.7mm。

適合するルアーウェイトは5gから20gまで、適合するモノフィラメントラインは8lbから16lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.3%になります。

1581という番手は、シマノが得意とするベイトロッドのひとつで、価格的に安いスコーピオンシリーズにもラインナップされています。

シングルハンドでサイドハンドキャストやバックハンドキャストを繰り出しやすく、長く手元に置いて使い込める1本です。

実売価格は5万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

チャグバグを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

チャグバグの特徴や使い方、おすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

稚魚の群れ目掛けて正確なキャストを丁寧に実践することで、好釣果につながっていくでしょう。

バス釣りの関連記事はこちら

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング