ランディングネットのアップ写真

オールインワン ミドルランディングネットは2022年新登場のランディングネット!

FISHING JAPAN 編集部

ソルトウォーターゲームやバス釣りをショアから楽しむ場合、思わぬタイミングで大物が掛かることがあります。

もしライトラインを使っていたら、水から引き抜くのは難しいでしょう。

そこで便利なのが、シャフト部分が伸びるランディングネットです。

2022年プロックスのビセオブランドからリリースされるオールインワン ミドルランディングネットなら、さまざまなシチュエーションで活躍してくれます。

その詳細スペックをご紹介しましょう。

オールインワン ミドルランディングネットとは

オールインワン ミドルランディングネットとは、2022年ビセオブランドから新発売となる、ランディングネットのことです。

機能的なパーツが豊富に標準装備されているので、さまざまな釣り場で活用することが可能になります。

まず取り上げたいのが、網目半目7mmのダイヤ型ラバーコートネットです。

ネットの深さが35cmに設定されているので、しっかりと魚体をホールドしランディングに持ち込めるでしょう。

ラバーでコーティングされていますから、魚体をなるべく傷めないですくえるのも嬉しいです。

持ち帰って食べる魚ばかりではないので、リリースを前提とした釣りスタイルなら、こういうネットは必要不可欠でしょう。

次に注目なのが、振出式のシャフトです。

長さは2種類用意されていて、全長2.8mタイプと3.5mタイプから選べるようになっています。

釣りをする足場の高さに合わせて、使い分けてみましょう。

シャフトブランクスのカーボン素材含有率は、90%です。

全体的な軽さを生み出すのに、しっかりと好影響を与えているのは間違いありません。

それからランディングジョイントが、玉枠とシャフトのつなぎ目に標準で付いています。

コンパクトに一瞬で折り畳めるので、必要なときにカチッと元通りにできます。

オカッパリをランガンスタイルで実施したい人や、ウェーディングゲームを楽しみたい人が重宝する機能でしょう。

ジョイント関連は後付けパーツであることが多いのですが、この新製品には装備されているので、すぐに釣り場で用いることが可能です。

あとひとつピックアップしたいのが、タモホルダーです。

これがあると、ゲームベストやベルトなどにスルリと差し込んで、両手フリーの状態で持ち歩けます。

急に使いたいときに、すぐに取り出せるのが嬉しいパーツです。

2.8mシャフトのオールインワン ミドルランディングネット詳細スペック!

オールインワン ミドルランディングネット・2.8mタイプの詳細スペックを見てみましょう。

全長は2.8mなので、足場の低い釣り場を得意とするモデルです。

バス釣りではとても扱いやすい長さなので、河川や水路・池なので重宝するでしょう。

シャフトの仕舞寸法は54cmと短め、継ぎ数は6本になります。

トータルウエイトは580gですから、持ち運びは楽におこなえそうです。

シャフトの先径は14.6mmで、元径は26mmとなっています。

オーバル型のアルミ素材を用いた玉枠のサイズは、縦×横で48×38cmあります。

3.5mシャフトのオールインワン ミドルランディングネット詳細スペック!

オールインワン ミドルランディングネット・3.6mタイプの詳細スペックは、こちらになります。

全長は3.5mですから、コンクリート護岸などが多い河口域でのシーバスゲーム・チニングゲームなどに対応しやすいでしょう。

シャフトの仕舞寸法は54cmで、継ぎ数は8本です。

トータルウエイトは690gとなり、シャフトの先径は14.6mm、元径は30.4mmになります。

オーバル型のアルミ素材を用いた玉枠のサイズは、縦×横で48×38cmに設計されています。

ランディングネットと一緒に用意しておきたいおすすめのフィッシュグリップを選んでみた!

歯が鋭く噛むチカラの強い魚に対処する場合、ランディングネットと共にフィッシュグリップがあるほうが、安全にホールドできます。

おすすめのフィッシュグリップとして、やはり剛性・耐久性と高い操作性が求められるでしょう。

プロックスからは、フィッシュグリップも豊富にリリースされています。

プロックス(PROX) フィッシュキャッチャーR

プロックス(PROX) フィッシュキャッチャーR

最安値価格
¥3,292(Yahoo!)

Amazonへ ¥3,400

楽天市場へ ¥3,400

Yahoo!へ ¥3,292

プロックスから発売中のフィッシュキャッチ用グリップです。

ペンタゴンフックとフックガード型トリガーデザインを採用していて、魚のヒレやエラ・歯先・魚に付いているルアーフックから指を守るデザインに設計されています。

強靭なステンレス製のフックに、軽量アルミマシンカットのボディ、フィット感抜群のラバーグリップが装備されています。

カラビナ付のスパイラルコードが標準で付いているので、ゲームベストなどに装着しておけばロストしなくて済むでしょう。

全長は約200mmで、厚みは約19mm。

自重は192gと軽めで、アルミとステンレス素材を使っています。

実売価格は3千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

オールインワン ミドルランディングネットの気になる発売日はいつ?

オールインワン ミドルランディングネットの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、12,700円から13,600円です。

掛けた魚を丁寧にランディングして、SNSなどで公開してみましょう。

ランディングネットの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

DAILYランキング