釣行の写真

【船釣りマガジン】~攻めて掛けてくオモシロさ~痛快!鹿島沖のテンヤマゴチ

隔週刊つり情報編集部

7~8年前、茨城県鹿島港の遊漁船で流行し始めたテンヤマゴチは、タイテンヤやジグヘッドにワーム類をセットして楽しむルアー釣りの一種。

ときにエサ釣りにひけをとらない釣果に恵まれることから、今や東海エリア、そして西日本まで普及しつつある。

ルアー釣りといっても腕力や細かなテクニックはさほど必要なく、老若男女が楽しめる手軽さが魅力だ。

まずは、ルアーで狙うマゴチ釣りなのにどうしてテンヤの名が付くのかという話から。

きっかけは夏場、ここ鹿島沖の一つテンヤマダイ船でマゴチがよく交じったことに始まる。

ならばマゴチ専門船を出そうとなって、当初はそのままの道具立てとエビエサでテンヤマゴチ乗合がスタート。

ところがそのうち、テンヤに疑似餌のワームを付けてもバリバリ釣れることが判明し、これは効率がいいということで現在に至るというプロセスだ。

付けエサがエビからワームに変われども、根幹には「一つテンヤ用のタックルとテンヤで楽しむマゴチ釣り」という意味合いがあるから、テンヤマゴチと呼んでいる。

ルアーマゴチ自体はそれ以前から東京湾などで行われてきたが、一つテンヤの可能性を広げた鹿島の歴史に敬意を表して、今回はテンヤマゴチの呼称で統一させていただく。

目次

  • 一つテンヤ用のほかシロギスタックルもOK
  • ザリガニ型のワームを明暗2色用意する
  • 横流しの注意点と食わせるテクニック
  • 日が差す時間にマゴチの食いが立つ!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング