メバルと釣り人の写真

【船釣りマガジン】加太のメバル釣行記~産卵後の食い渋りメバルに悪戦苦闘!バラシを軽減する秘策とは~

船釣りマガジン編集部

例年年末から年明けにかけてお腹ぽっちゃりのメバルがよく釣れますが、さすがに2月の声を聞くようになると、そんなメバルの姿をあまり見かけなくなります。

メバルの産卵期は地方によって少し異なりますが、西日本では大体12月の下旬から1月いっぱいぐらいと言われています。

つまり、2月ごろに釣れるメバルは産卵を終え、体力を回復中なのです。

魚にとって産卵は子孫を残すための大切な行為ですが、非常に体力を消耗します。

ゆえに産卵を終えたメバルは、体力を消耗しているのでしばらく食い渋ることが多いのです。

ちょうどそんな時期に、和歌山県の加太へメバル釣りに出かけました。

目次

  • 船宿仕掛けで狙って起こった不思議な現象とは?
  • メバルの食い渋りに悪戦苦闘・・・
  • 竿の扱い方を模索してバラシ軽減!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするメバル船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

DAILYランキング