ルアーのアップ写真

ショットオーバー3.5TSは2022年新発売のバス釣り用クランクベイト!

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りシーンで水深2m前後のボトムにタッチしたいとき、ノリーズのショットオーバーシリーズを用いれば、きっちり到達してさまざまな情報を伝えてくれます。

2022年に新発売されるクランクベイト・ショットオーバー3.5TSなら、より深い3.5mラインを攻めることができます。

どのようなスペックに仕上がっているのか、詳しくチェックしてみましょう。

ショットオーバー3.5TSとは

ショットオーバー3.5TSとは、2022年ノリーズからリリースされる、バス釣り用のクランクベイトのことです。

全長は62mmとコンパクトなので、スムーズに水中に進入してウォブリングをスタートさせるでしょう。

視認性も申し分なく、バスが見つけやすいボリュームを保持していると考えられます。

ウエイトは18gですから、しっかりとロッドを曲げて、その反発力でロングキャストを実践できるはずです。

飛距離が伸びる分、潜行深度も稼げます。

12lbのモノフィラメントラインをベイトリールに巻いた状態で、水深3.3mから3.5m辺りまで潜れるということ。

これならショアラインからブレイクラインにかけて、最も激しく地形変化が発生しているところを、きっちりトレースできるスペックを持っているでしょう。

しかも通常のクランクベイトと異なるのは、ショットオーバー3.5TSに冠されているTSの文字。

おそらくTight Swimmingの略で、まるでシャッドプラグのようなタイトウォブリングアクションで、その水深に到達するのではないでしょうか。

激しいアクションは効果的なのですが、何度も投入していくうちに、バスにプレッシャーを与えるケースがあります。

過度なプレッシャーは警戒心を膨らませる要因となり、バスが口を使わなくなるかもしれません。

それがシャッドプラグのようなタイトスイミングアクションを湧き立たせるのなら、プレッシャーを抑えたアプローチが可能になります。

いわゆるナチュラル系クランクベイトとして活用できるので、例えばワカサギのような深い層をスクールしているベイトフィッシュの群れを直撃し、それを狙っているバスをバイトに持ち込むことができるでしょう。

当然複雑なカバーやストラクチャーに対して、強くタッチしてリアクションバイトを誘うこともOK。

積極的にキャスト数を増やしながら、ワームリグや他のルアーではなかなか口を使ってくれないバスを、豪快に釣り上げたいものです。

ショットオーバー3.5TSにマッチしたタックル!

ショットオーバー3.5TSを使いこなすつもりなら、水深3.5mまで送り込むためのタックルが必要でしょう。

ロングキャストするのに、長めでしなやかなブランクスを持ったベイトロッドを選んでください。

ベイトリールのギア比は、ハイギアなら到達スピードは早くなりますし、ローギアなら負荷が掛かっても安定した巻き心地を維持できます。

ラインは、カバーへの接触を考慮すれば、12lb前後のモノフィラメントラインで決まりでしょうか。

飛距離を伸ばすためには、あまり太いラインをスプールに巻くわけにはいきません。

ちなみに、シマノから発売中の丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストシリーズなら、ローギアからエクストラハイギアまで揃っていて、選択肢に幅があります。

巻き心地もシルキーなので、実釣中に集中力が途切れてしまう展開にはなりにくいでしょう。

全部で9種類のカラーバリエーションから選択可能!

ショットオーバー3.5TSには、合計で9種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●207H ホログラムフラッシングギルカラー

●221 ナチュラルゴールドカラー

●238 ハーフミラーワカサギカラー

●239 チャートブラックシャッドカラー

●246 タナベセレクトタイガーⅡカラー

●301 クリスタルオーロラゴーストカラー

●351 パール・ザ・ナチュラルカラー

●364 ライトアユカラー

●394 パールグリーンシャッドカラー

ノリーズの人気カラーが豊富に採用されているので、他機種で使い慣れているヘビーユーザーは購入しやすいでしょう。

初めて手にするアングラーは、チャート系やゴールド系から入ると、オールラウンドに使うことができます。

ショットオーバー3.5TSをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

ショットオーバー3.5TSをキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ウエイトが18gあることと、リップでしっかりと水流を受けることを考慮すれば、6ftから7ftの長さを持ったMパワーブランクスのベイトロッドがマッチします。

リールは、ギア比が選べるシマノ・カルカッタコンクエストを載せてみてください。

シマノ(SHIMANO) バーサタイルロッド ワールドシャウラ ベイト トリガー交換モデル(Xシートタイプ) 1702R-2 マルチパーパス ロングスペシャル ロングレングス

シマノ(SHIMANO) バーサタイルロッド ワールドシャウラ ベイト トリガー交換モデル(Xシートタイプ) 1702R-2 マルチパーパス ロングスペシャル ロングレングス

最安値価格
¥63,141(amazon)

Amazonへ ¥63,141

楽天市場へ ¥63,800

Yahoo!へ 取扱なし

シマノのワールドシャウラシリーズ、7ftジャストのロングキャストに適したベイトロッドです。

全長は2.13mで継数は2本、仕舞寸法は130.0cmに設計されています。

先径は1.8mmで、適合するルアーウェイトは7gから28gまで。

ウエイトは150gで、適合するモノフィラメントラインは、12lbから25lbまでです。

実際に手に取ってみると、とても張りのあるブランクスに仕上がっています。

全体的に緩やかに曲がり込むデザインなので、キャストの際に胴に乗せて飛ばすような感覚で扱えます。

ガイド径が、他のバス釣り用ベイトロッドよりもやや大き目ですから、ラインのすり抜けがスムーズです。

グリップ周りはスリムで、チカラを込めて保持しやすいのも、大きなメリットでしょう。

グリップエンドまでが長めで、脇に挟んだ保持もしやすく、しっかりとショットオーバー3.5TSを潜らせたいときに重宝します。

実売価格は6万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

オカッパリシーンでもボートデッキの上からでも、サイドハンドキャストやオーバーヘッドキャストでアプローチを実践してみてください。

ロッドティップを水面に向けて下げた状態でリールハンドルを回すと、より一層潜行深度を深くすることが可能です。

手元でアタリを感じてもすぐにはフッキングせずに、ラインが横走りする方向を見定めてから、その逆方向にロッドを煽ってフッキングをおこなってください。

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 22 カルカッタコンクエスト 200XG カルカッタ バス釣り

シマノ(SHIMANO) 両軸リール 22 カルカッタコンクエスト 200XG カルカッタ バス釣り

最安値価格
¥48,099(amazon)

Amazonへ ¥48,099

楽天市場へ ¥48,784

シマノのカルカッタコンクエストシリーズ、2022年にリリースされた200番サイズのエクストラハイギアモデルです。

ギア比は7.5対1なので、ハンドル1巻きにつき89cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は6kgで、スプール寸法は直径が38mm、幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを145m巻けます。

自重は235gでハンドルの長さは45mm、ボールベアリングは、13個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、エクストラハイギアのメリットとして、素早くルアーを潜行させることができます。

スローに泳がせたいなら、ローギアモデルを使うようにしましょう。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ショットオーバー3.5TSの気になる発売日はいつ?

ショットオーバー3.5TSの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,800円です。

ノリーズからは、かなりたくさんのクランクベイトがリリースされているので、潜らせてみたい水深のものを選んでキャストしてみましょう。

巻き抵抗を感じながら、自分のペースで使いやすいクランクベイトを見つけ出してください。

クランクベイトの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング