シングルハンドグリップ リール 人気 ロッド

キャスティングにこだわるなら使うべき!大人気のシングルハンドグリップの他とは違うポイントとは?!

FISHING JAPAN 編集部

ベイトキャスティングロッドの握りの部分に注目すると、ラバー素材でとても短く、いわゆるシングルハンドで持ちやすいように加工されているものがあります。

通称「ガングリップ」と呼ばれているこのシングルハンドグリップのメリットっていったい何なのでしょうか??

どう効果的に使えるのか見てみましょう♪

どのリールでも合う!

30年ほど前から企画・開発・販売が実施されているシングルハンドグリップは、その独特な形状から根強いファンが多く、一時期市場で見かけなくなったものの、最近またユーザーが増えています。

その人気の秘密は、見た目の握りやすさとともに、さまざまなリールと組み合わせたときのマッチングの良さが際立っているところにあります。

丸型のリールにも合いますし、姿勢の低いロープロファイルリールやグローズド・フェイスリールにもフィットします。

新旧リールがフィットするデザインなのは嬉しいですね。

様々なタックルの進化

時代の流れの中で、どんどんリールが進化していきます。

それをセットするグリップにも、当然のように進化が期待されます。

もし以前のままで何も変わらなければ、最新型のリールを取り付けることは、ほぼ不可能になるでしょう。

一つのタックルが進化するに伴って、他のものも進化が必要なんです。

シングルハンドグリップのメリット

新しい形を受け入れながら、いざ釣りの場面になれば、ルアーを自由自在に操りつつ魚を容易に取り込める機能が、グリップには望まれます。

シングルハンドグリップなら、握った小指をギュッと締め付けるだけで、ロッドを支える安定感を生むことができますし、急な滑りや抜け落ちを抑えることもできます。

また手首関節の自由度が十分にあることから、上下左右へ柔軟に振り回せます。

力いっぱい振ることも、しなやかに振ることも、どちらも片手(=シングルハンド)でできてしまえるメリットは、他のグリップの追従を許さないですね!

これなら大物が「ドカン!」と来てもガッチリ支えることが可能です!

これからも進化を続けるシングルハンドグリップを一度チェックしてみてくださいね♪

釣りニュース」カテゴリの人気記事

DAILYランキング