ポーチのアップ写真

ワレットポーチ(B)は2022年新発売の小分けに便利な収納アイテム!

FISHING JAPAN 編集部

収納した中身がしっかりと見えて確認できるポーチがあれば、釣り場での取り出しがスピーディーになります。

2022年ダイワから新発売のワレットポーチ(B)なら、ルアーや小物類の整理がバッチリ!

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ワレットポーチ(B)ってどんな収納アイテムなの?

ワレットポーチ(B)とは、2022年にダイワからリリースされる、釣り専用小物収納アイテムのことです。

サイズ設定は、約5x16x17cmとコンパクトに作られています。

ジッパーによって大きく開閉できるようになっていて、中には密閉袋が入っています。

着脱することが可能な5枚1組の密閉袋ですから、1組単位で入れ替えできます。

例えば、季節が変わるたびに入れ替えたり、釣り対象魚に合わせて入れ替えられるのです。

フラットな状態で保管できるものといえば、バス釣り用のスピナーベイトが挙げられるでしょう。

1/4oz・3/8oz・1/2oz・5/8oz・3/4ozと、軽いタイプから重いタイプまで収納しておくと、釣り場のシチュエーションに合わせて使い分けることができます。

スカートやヘッドのカラーを識別しやすいですし、何よりスペースを取りません。

とてもコンパクトに収納できるので、タックルバッグやケースの中に入れておいても邪魔になりにくいでしょう。

ルアー以外では、スイベルやシンカーなどの小物類を小分けしておきたいものです。

ジグヘッドも、ヘッド形状やフック部分の長さ・幅などが分かりやすいでしょう。

取り出す際に、パラパラと本のページをめくるような探し方が可能です。

厚みの無いスプールで知られている、ショックリーダーラインを入れておくのもいいでしょう。

号数がひと目見れば分かるので、よく用いる号数を複数種類収納してください。

エサ釣り用の仕掛けを、束ねて入れるのもいいかもしれません。

ワレットポーチ(B)の側面部分は、中身が見やすい表面パネルクリア仕様になっています。

またD環を標準装備しているので、カラビナなどのの取り付けがカンタンです。

カラビナをゲームベストに装着すれば、ワレットポーチ(B)をぶら下げて持ち歩くこともできることになります。

ファスナー付きメッシュポケットを標準で装備しているワレットポーチ(B)!

ワレットポーチ(B)の表面はクリアで中身が見えますが、裏面はファスナー付きのメッシュポケットになっています。

薄いアイテムなら、ファスナーを開けて中に入れておくことができるでしょう。

例えば、フックやスナップ・小型ハサミなどであれば、取り出しやすくて便利です。

自分なりの工夫を加味しながら、釣りやすい状況を作り上げてみてください。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

ワレットポーチ(B)には、全部で2種類のカラーバリエーションが用意されています。

●フレンチネイビーカラー

●カーキカラー

どちらも落ち着いた配色で、タックルバッグやケースに入れておいて違和感はないでしょう。

自分の好みのカラーを選んだり、収納している中身によってカラーを変えてみたりと、使い方をあれこれ考えてみるのも楽しいでしょう。

ワレットポーチ(B)の中に収納しておきたいおすすめアイテムを選んでみた!

ワレットポーチ(B)の中にさまざまな種類を収納しておきたくなる、おすすめのアイテムを取り上げてみましょう。

フラットな状態で保管できるルアーといえば、前述の通りスピナーベイトが挙げられます。

ヘッドウエイトやスカートカラーの異なるタイプを揃えておいて、豊富なアプローチを試してみたくなるものといえば、こちらはいかがでしょうか?

ダイワ(DAIWA) バス スティーズ スピナーベイト クロキン 1/4oz TW

ダイワ(DAIWA) バス スティーズ スピナーベイト クロキン 1/4oz TW

最安値価格
¥968(楽天市場)

Amazonへ ¥1,089

楽天市場へ ¥968

Yahoo!へ 取扱なし

スティーズシリーズにラインナップされている、バス釣り用スピナーベイトです。

ヘッドウエイトは、1/4oz・3/8oz・1/2oz・5/8ozの4種類から選べるようになっています。

各ウエイトごとに、タンデムウィローリーフブレードとダブルウィローリーフブレードが用意されています。

スローリトリーブでアプローチしたいならタンデムウィローリーフブレードを、スピーディーな展開で広範囲をチェックしたいならダブルウィローリーフブレードを使ってみてください。

どちらも極薄ブレードなので、キャストして着水直後から回転を開始してくれます。

実際にフィールドで使ってみると、手元に伝わってくる情報量が多く、それが変化したタイミングでフッキング動作へ移行できるのが嬉しいです。

ブレードが半分ハンマード状態のウロコ模様なので、フラッシングが単調にならないのもメリットといえるでしょう。

実売価格は900円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ワレットポーチ(B)の気になる発売日はいつ?

ワレットポーチ(B)の気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,800円です。

よく使うアイテムをきちんと収納することで、好釣果につながっていくかもしれません。

工夫しながら使いやすい収納方法を編み出してみましょう。

収納アイテムの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング