釣行の写真

【船釣りマガジン】多彩なカサゴ&ハタ類を狙う根魚天国・真鶴沖が面白い

隔週刊つり情報編集部

豊かな海と森林のかかわりをご存じの方は多いはず。

森林の栄養分が海に流れ込むことにより、海藻や様ざまな魚介類に至るまでその恩恵を受けている。

豊かな海を作るうえで森林は欠かせない存在だ。

このような森林は「魚つき保安林」と呼ばれ、真鶴半島の「お林」もそれに指定されている。

さらに真鶴半島の沖に広がる相模湾は、駿河湾、富山湾と並ぶ日本三大急深湾の一つ。

つまり岸近くから急に深くなる「どん深」の海のため、海底からも豊かな栄養分が沸き上がり、タイ類や根魚を始め、シーズンになると様ざまな回遊魚が住み着く一級フィールド。

魚種が豊富で、豊洲市場では、真鶴で水揚げされた魚は間違いないと言われるほどらしい。

そんな真鶴のおいしい魚を釣るべく4月下旬、釣友の渡辺さんと真鶴港のさい丸に出かけた。

目次

  • 出足はよかったが・・・
  • 大移動が大正解!
  • 知っ得!根掛かり対策
  • Tackle Guide
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング