タチウオと釣り人の写真

【船釣りマガジン】大阪湾釣行記~タチウオテンヤの空振りを打破!決め手は竿の使い分け!?~

船釣りマガジン編集部

9月に入ると、東京湾や大阪湾でタチウオ釣りが始まります。

“幽霊魚”の異名を持つタチウオは、神出鬼没で天の邪鬼、簡単には釣らせてもらえないのが魅力かもしれませんね。 

タチウオテンヤのシーズンが始まったとある日、早速大阪湾に出掛けてみました。

大阪府泉佐野市の食品埠頭を基地にしている乗合船の午前便は、朝の6時に出船です。

ここから40分ほどかけて、通称「神戸沖」と呼ばれているポイントまで走ります。

このポイントに一番近いのが須磨から出船している乗合船で、20分も走れば到着です。

ポイントに着くとすでに潮上りを繰り返している乗合船が多数いました。

目次

  • アタリはあるのに掛からない・・・今日は空振り続き!
  • タチウオ竿を〇〇に替えただけでヒット続出!?
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするタチウオ船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

タチウオテンヤ」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング