釣行の写真

【船釣りマガジン】最大60cmオーバー!富岡沖でマゴチ活況!

隔週刊つり情報編集部

4月下旬、早朝。

13名のマゴチフリークを乗せた第十新明丸は、ゆっくりと鶴見川を下る。

新明慶樹船長は、横浜ベイブリッジをくぐると西へと舵を切った。

「ここんとこ、海堡周りより富岡沖のほうが調子がいいんですよ」隣に座る常連客の三田さんが、そう教えてくれた。

そして40分ほどの航程でポイントに到着すると、たしかにそんな展開になった。

「はい、いいですよ。水深は約20mです」

船長のアナウンスが終わらないうちに、12個の仕掛けが下ろされる。

するとその直後、三田さんが力強く合わせた。

半月状に曲がり込む竿を、まるで折ろうとするかのような魚の暴れっぷり。

これに対抗する三田さんは、無理せずゆっくりリールを巻く。

船長にタモ取りされたのは、50cmオーバーのマゴチだ。

いきなりの良型登場に驚いていると、左トモの山田さんにも40cmオーバー。

続いて舳先でワームをキャストしていた海老原さんにもマゴチ。

三田さんが怒涛の4連発を見せると、山田さんも2本目を釣り上げた。

その後もアタリが止まらない。

右ミヨシ2番の浜村さんが45cmを釣ると、左胴の間の岡本さん、右トモ2番の手島さん、右胴の間の大野さんと続く。

ここまでおおむね1時間。

マゴチ釣りが大好きな私は、このあたりで我慢の限界を超える。

仕掛けを下ろしてタナを合わせると、コツンと早くもアタリ。

そっと竿先を下げながら送り込む。

コツコツ、コツコツ。

まだ合わせるには早い。

ドキドキしながらジッと我慢していると、グイッと竿先が持っていかれた。

今だ!ありったけの力で合わせると、ギシッと竿が悲鳴を上げた。

アタリから合わせるまでの駆け引きを制したあとは、引きの強さを誇る暴れん坊との格闘。

これぞまさしくマゴチ釣り。

最高に楽しい瞬間だ。

三田さんが差し出してくれたタモに収まったこのマゴチも40cmオーバーだった。

目次

  • 頻繁なタナの取り直しが吉
  • デカイのきたぞ!
  • 知っ得!マゴチ釣りの便利アイテム
  • Tackle Guide
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング