ルアーのアップ写真

ワイルドピーナッツに2022年新しいカラーが追加!バス釣り用クランクベイト

FISHING JAPAN 編集部

ダイワの定番クランクベイトといえば、小粒で扱いやすいピーナッツシリーズを思い浮かべることができます。

ワイルドピーナッツは、定番とは異なるアクションを発生するように出来ていて、基本的に真っ直ぐ泳ごうとしません。

加えてリップが長く、ボトムをノックしながらワイルドアクションを繰り返します。

2022年には新しいカラーバリエーションを追加の予定、詳細についてチェックしてみましょう。

ワイルドピーナッツってどんなルアーなの?

ワイルドピーナッツとは、ダイワから発売中のバス釣り用クランクベイトのことです。

ノーマルサイズと小さなタイニーサイズ、そしてそれぞれにラトル無し・ラトルインが設定されていますから、合計4種類のボディタイプから選べるようになっています。

①ワイルドピーナッツ・・・ノーマルサイズ50mm・ラトル無し

②タイニーワイルドピーナッツ・・・小さなサイズ40mm・ラトル無し

③ラトリンワイルドピーナッツ・・・ノーマルサイズ50mm・ラトルイン

④ラトリンタイニーワイルドピーナッツ・・・小さなサイズ40mm・ラトルイン

総称してワイルドピーナッツシリーズと呼ぶようにしますが、ウエイトは5.0gから9.3gと、ボディサイズに合わせて切り換えられています。

柔らかいブランクスのベイトタックルなら、しっかりと飛距離を伸ばすキャストが可能でしょう。

リップの長さには、SSRやSR・DRといった変化は設定しておらず、長めのタイプに統一されています。

それによる潜行深度は、1.5mから2m程度。

リップの先端でボトムの地形変化をとらえやすいように作られているのです。

ワイルドピーナッツシリーズをキャストしてリトリーブしてみると、かなり蛇行して泳ぐことが分かります。

アクションが破綻寸前で、ワイドな振り幅が持ち味。

真っ直ぐに泳いでくることは期待できませんが、このアクションでボトムをノックすると、まるで甲殻類が逃げ惑っているかのようなアクションに見えます。

ボディがザリガニカラーで統一されていることからも、ザリガニの逃走アクションをイメージして作られているのは明白です。

ザリガニといえば、ラバージグ+ワームトレーラーやテキサスリグ・フリーリグなどで表現することが多いのですが、ボトムをノックしたときの俊敏さや水押しの強さは、圧倒的にクランクベイトのほうが上。

釣り当日のバスの位置が把握できていない段階では、先にワイルドピーナッツシリーズをラインに結んで投入するほうが、バスの居場所や活性を確認しやすいでしょう。

ロックフィッシュゲームでも活躍してくれるワイルドピーナッツシリーズ!

ワイルドピーナッツシリーズはバス釣り用に開発されたクランクベイトですが、実はソルトウォーターゲームでも活躍してくれます。

ボトムの地形変化が激しく、他のルアーではなかなか誘い出せない場合でも、ワイルドピーナッツシリーズでノックすれば反応してくれるのです。

その魚は、ガシラ・ソイ・アイナメ・アコウなどのロックフィッシュ。

甲殻類を好んで捕食することからも、マッチングは上々の印象を持っています。

リップの頑丈さも手伝って、岩場にガンガン当てて使えるのが強みでしょう。

ただし、強引なリトリーブを続けていると根掛かりしてしまう可能性もあるので、ボトムをノックするたびにリールハンドルを回すのを止めて、その場で少し浮かせてみるのも面白いかもしれません。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ワイルドピーナッツシリーズには、2022年新しいカラーバリエーションが3種類追加されます。

●シェダークローカラー

●ミステリークレイフィッシュカラー

●ハロウィンクローカラー

どれもザリガニそっくりですし、水深や水質によってローテーションしたくなる配色に仕上がっています。

魚の反応は、ちょっとした変化が刺激となって切り換わることが多いので、こまめにルアーを結び換えることを実践してください。

ワイルドピーナッツシリーズを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではワイルドピーナッツシリーズをキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

タイニータイプもキャストしようと考えたら、MLパワー前後のしなやかで柔らかいベイトロッドがマッチします。

ボトムまで素早く到達させたいときは、エクストラハイギアのベイトリールが有効でしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 631MLFB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド リベリオン 631MLFB 釣り竿

最安値価格
¥17,689(amazon)

Amazonへ ¥17,689

楽天市場へ ¥18,794

Yahoo!へ ¥18,513

リベリオンシリーズのベイトロッドの中から、MLパワーブランクスの操りやすいものを選んでみました。

全長は1.91mになっていて、通常のキャストはもちろん、バックハンドキャストもやりやすくなっています。

1ピース仕様なので、仕舞寸法も同じ長さですから、クルマへ積み込む際にはロッドティップが干渉しないように注意してください。

自重は95gで、先径/元径は1.6/10.9mm。

適合するルアーウエイトは、3.5gから14gまでなので、ワイルドピーナッツシリーズを操作しやすくなっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから14lbまで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、とても軽くてシャープな振り抜きを敢行できる印象です。

付加に対して先端部分が曲がり込みますが、バックスイングすると徐々にベリーも反ってくれるので、前方に押し出しやすいテイストになっています。

ボトムをノックした瞬間が分かりやすく、キルを入れて少しクランクベイトを浮かせられるようになれば、手返しよく広範囲をチェックできるようになるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ロングキャストを徹底しておこないたいなら、もっと長いブランクスのものを選ぶようにしてください。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 22 タトゥーラ TW 80XH(2022モデル)

最安値価格
¥15,380(amazon)

Amazonへ ¥15,380

楽天市場へ ¥16,214

2022年にリリースされた、タトゥーラTWシリーズのエクストラハイギアモデルです。

ギア比は8.1対1になっていて、ハンドル1回転につき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は180gと軽め。

スプール寸法は、直径が32mmで幅が21mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは85mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に手のひらで包み込んでみると、とても安定した状態で保持することが可能です。

コンパクトなボリュームは、手首を柔軟に使える余裕を与えてくれます。

キャストフィールは申し分なく、スムーズなライン放出を体感できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ソルト対応のベイトリールなので、ロックフィッシュゲームにもすぐに使えるのが嬉しいです。

クランクベイトはチヌにも効果的ですから、河口域でのチニングゲームにも投入してみましょう。

ボトムをノックしつつ、ちょっとした変化を感じ取ってフッキングに持ち込んでください。

ワイルドピーナッツ追加カラーの気になる発売日はいつ?

ワイルドピーナッツ追加カラーの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、900円です。

とても個性的なワイルドアクションを発生してくれるクランクベイトですから、他のルアーとローテーションすることが好釣果を得る秘訣となります。

トレブルフックやスプリットリング・ラインアイスナップも自分で付け替えてみて、フィールドにマッチしたセッティングを導き出してみましょう。

クランクベイトの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング