キスと釣り人の写真

【船釣りマガジン】キス叩き釣りのコツ~食い渋るキスにはこう挑む!いかに濁りを出せるかがカギ!?~

船釣りマガジン編集部

「キス釣りは八十八夜を過ぎてから」という言い伝えがあります。

八十八夜は立春から数えて88日目に当たるので、今年は5月2日がそうでした。

この頃から海水温も上昇し、キスが盛んにエサを漁る季節に入ることからこの言い伝えが広まったようです。

こうして活動期に入ったキスは、6月頃から産卵を始めます。

春は大型交じりで楽しめますが、夏キスのシーズンを迎えた7月頃には、型は少し小振りになります。

しかし、数が釣れるので初心者が入門するにはおすすめのシーズンと言えます。

目次

  • キスの習性を知って釣りに活かそう!
  • 食い渋るキスは海底を濁らせて誘うと効果的!?
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするシロギス船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング