ロッドと釣り人のアップ写真

スプリントスティックSSDに追加モデル2機種登場!オフショアキャスティング専用ロッド

FISHING JAPAN 編集部

オフショアのキャスティングゲームでターゲットとなるのが、シイラ・カツオ・サワラ・ブリなど。

それらフィッシュイーターたちをルアープラグで誘って確実に食わせるには、扱いやすいロッドが不可欠です。

テイルウォークからリリースされているスプリントスティックSSDシリーズなら、初心者からベテランアングラーまで、納得のアプローチを実現できるでしょう。

2022年には待望の2機種が追加ラインナップ、その特徴を詳しくご紹介します。

スプリントスティックSSDシリーズってどんなロッドなの?

スプリントスティックSSDシリーズとは、テイルウォークから発売中のオフショアキャスティング専用ロッドのことです。

すなわち、船やボートのデッキから、大海原へ向かってダイビングペンシルやポッパーなどをキャストし、シイラやカツオ・サワラ・ブリなどをゲットする釣りスタイルで使用します。

ライトな釣りと比べて、長くて太くなるのは間違いないのですが、ぜい肉が付いて重くなったロッドでは、長い時間振り回すことができません。

初心者アングラーの中には女性もいますから、バワーやトルクがあるのは当然として、扱いやすくなければ良いロッドとして評価されないのです。

テイルウォークのスプリントスティックSSDシリーズなら、最も軽いもので210g、最重量のものでも415gに抑えられているので、自分の釣りスタイルに合ったアイテムを選べるようになっています。

搭載スペックはじゅうぶんに吟味されていて、例えばガイドに注目してみましょう。

トップガイドにはラインの絡みにくいPMNSTガイドを装備、PKWSGカイドには映えるブルーメタリックのダブルラッピングが施されています。

キャスト数が増えてきても、ブランクスにかかる負担を軽減するための配慮が成されているのです。

それでは2022年に追加された2機種について、詳しくチェックしてみましょう。

2022年追加モデル・スプリントスティックSSD 80XH

スプリントスティックSSDシリーズに追加されたのは、長さ8.0ftのXHパワーブランクスモデルです。

バットジョイント仕様の2ピースなので、ブランクスに継目はなく、大胆に扱える頼もしさを有しています。

仕舞寸法は174cmですから、クルマへの積み込みなどでロッドティップを傷めないようにしましょう。

ウエイトは376g、適合するルアーウエイトは最大で120gに設定されています。

ダイビングペンシルをメインにして、ポッパーなどにルアーローテーションするのがセオリーでしょうか。

ドラグ調整は、最大で15kgにしてください。

ターゲットは大型青物であるヒラマサやブリ、マグロやジャイアントトレバリーなども狙えます。

ブランクスそのものは、レキュラーアクションにデザインされています。

近海エリアから群島などの遠征まで、しっかりカバーできるバーサタイルモデルに仕上がっています。

ビッグサイズのフィッシュイーターを狙うのに、丁度いいブランクスパワーを保持していて、掛かった魚の走りをきっちり止めてくれるでしょう。

ロッドティップはソフトな仕上がりで、ダイビングペンシルにアクションを付けやすくなっています。

ガイドが大口径ですから、PEライン+太いショックリーダーによる太い結節も、スムーズに通り抜けできるでしょう。

飛距離もスポイルされずに伸びますから、遠くにナブラが発生しても、難なくアプローチすることが可能です。

2022年追加モデル・スプリントスティックSSD 80XXH

スプリントスティックSSDシリーズ最強のブランクスを持った8.0ftロッドです。

こちらもバットジョイント方式を採用していて、グリップのみ脱着できるようになっています。

仕舞寸法は174cmと長めで、ウエイトは415gです。

適合するルアーウエイトは最大で140gまでで、ドラグは最大17kgで調整してください。

ヒラマサやブリ・マグロ・ジャイアントトレバリー狙いのアングラーにマッチし、ダイビングペンシルやポッパーなどを使うようにしましょう。

ブランクスは、扱いやすいレギュラーアクションに仕上がっています。

大型のダイビングペンシルをキャストして、自在にアクションさせたいアングラーにおすすめの1本です。

強引なファイトやリフトアップが可能ですが、ロッドティップには過剰なパワーは与えられておらず、ルアープラグに命を吹き込めるような柔軟さを持ち合わせています。

大型フィッシュイーターの走りを止めて、オフショアゲームの主導権を得たい!と考えているなら、ぜひ購入を検討してください。

スプリントスティックSSD

スプリントスティックSSDシリーズの既存モデルもピックアップしてみましょう。

●70ML・・・全長7.0ftモデルで、バットジョイント方式を採用しています。

仕舞寸法は153cmで、ウエイトは205gと扱いやすい仕上がりに。

適合するルアーウエイトは最大55gまでなので、ワラサやカツオ・シーバスなどに対応できます。

●70M・・・全長7.0ftで仕舞寸法は同じく153cm、ウエイトは210gと軽めで最大60gまでのルアーを操れます。

中型青物をメインターゲットに、オフショアゲームを楽しめるでしょう。

●80M・・・全長8.0ftで仕舞寸法は179cm、ウエイトは235gで70gまでのルアーをキャスト可能です。

飛距離を伸ばしながら、警戒心の強い10kg前後のシイラを狙うなら、この1本。

●80MH・・・全長8.0ftで仕舞寸法は179cm、ウエイトは250gで80gまでのルアーをフルキャストできます。

ワラサ・ブリ・ヒラマサをターゲットにして、不意の大物にも耐えられるブランクスに仕上がっています。

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 70M

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 70M

最安値価格
¥18,150(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,990

楽天市場へ ¥20,969

Yahoo!へ ¥18,150

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 80M 大

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 80M 大

最安値価格
¥18,480(楽天市場)

Amazonへ ¥19,109

楽天市場へ ¥18,480

Yahoo!へ ¥18,975

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 80MH 大

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 80MH 大

最安値価格
¥19,360(楽天市場)

Amazonへ ¥19,671

楽天市場へ ¥19,360

Yahoo!へ ¥19,800

スプリントスティックSSDシリーズには、携行性の高い3ピース仕様もラインナップされています。

航空機に乗って離島遠征する際や、電車・バスなどの公共交通機関を利用する際に便利でしょう。

●74M-P3・・・全長7.4ftで仕舞寸法は79cm、ウエイトは220gで60gまでのルアーをキャストできます。

シイラ・イナダ・ブリ・シーバスなどを釣り上げてみましょう。

●710MH-P3・・・全長7.10ftで仕舞寸法は84cm、ウエイトは235gで70gまでのルアーを操れます。

青物全般をターゲットにしたいときに重宝するでしょう。

スプリントスティック SSD 74M-P3

スプリントスティック SSD 74M-P3

最安値価格
¥19,118(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,741

楽天市場へ ¥20,548

Yahoo!へ ¥19,118

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 710MH-P3 大

テイルウォーク SPRINT STICK SSD 710MH-P3 大

最安値価格
¥19,664(amazon)

Amazonへ ¥19,664

楽天市場へ ¥21,417

Yahoo!へ ¥19,987

スプリントスティックSSDシリーズで操作したいおすすめルアーを選んでみた!

スプリントスティックSSDシリーズでフルキャストして操ってみたい、おすすめのルアーを取り上げてみましょう。

ひんぱんに使われることの多いダイビングペンシルが、テイルウォークからリリースされています。

ポッパーとともにタックルボックスへ入れておくと、ゲームの組み立てがやりやすくなるでしょう。

テイルウォーク(tailwalk) ルアー TW ガンズ 180F G-ANCHOVY 13027

テイルウォーク(tailwalk) ルアー TW ガンズ 180F G-ANCHOVY 13027

最安値価格
¥1,760(amazon)

Amazonへ ¥1,760

楽天市場へ ¥2,200

Yahoo!へ ¥2,200

テイルウォークが発売しているダイビングペンシルです。

こちらはフローティングモデルで、全長180mm・ウエイト100g。

サイズは3種類から選べますし、シンキング仕様もラインナップされています。

釣り場のシチュエーションに合わせて、使い分けてみましょう。

スプリントスティックSSDを駆使してオフショアキャスティングゲームを満喫しよう!

スプリントスティックSSDの特徴や使い方、おすすめのルアープラグをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、21,000円から30,000円まで。

スタンダードモデルとして、とても購入しやすい価格帯に収まっている印象です。

実際にフィールドで振ってみると、張りが強過ぎないロッドティップは、ダイビングペンシルの操作を向上させてくれるでしょう。

テイルウォークの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

テイルウォーク」カテゴリの人気記事

DAILYランキング