釣行の写真

【船釣りマガジン】LTだからこそ可能となる真の「掛け」 【ライトタックル五目】ライブラⅡで展開するウイリーシャクリの最上級テク【ハナダイ・イサキ・アジ】【コマセシャクリ】

大山俊治

東京湾で考案され相模湾で隆盛を極めた「ウイリーシャクリ」は、化学繊維のバケ=「ウイリー」を巻いたハリをしゃくることで「生きているように動くアミ」を再現し、探るタナとシャクリのパターンを使い分けることで、そのポイントに生息する全ての魚を釣ることができるといわれている。

どんなにエサ取りが多くても心配無用で、擬餌エサだから手返しもよく、パターンをつかんだ時の爆発力は驚異的なレベル。

ゆえに釣り手の巧拙とタックルバランスが大きく釣果に影響するので、ベテラン好みの奥深い釣趣で知られている。

そんな釣りだからこそ、細いラインと軽く高感度なロッドによる「LTスタイル」が、圧倒的に有利だ。

「手感度と目感度に特化したライブラⅡは、高次元のタックルバランスが実現できるので、この釣りの面白さが倍増しますよ。ともかくアタリの数が増える釣りなので、ビギナーにも最適。確実にお土産ができるから船釣りの入門者にもイチ押しの釣り物ですね」と田中義博さん。

ウイリーシャクリは、ライトタックルロッドのライブラⅡ(がまかつ)との融合で最強の戦略となるのだ。

ここでは、外房エリアのメッカとなっている飯岡沖にて、がまかつフィールドテスター田中さんが実践した最新最強のウイリーシャクリを実演してもらおう。

【解説】がまかつフィールドテスター・田中義博
【写真・文】大山俊治

目次

  • 『ライブラⅡ』のラインナップとウイリーシャクリ
  • ウイリーのカラーセレクトと仕掛けのバランス
  • 「下げビシ」を排除した究極のシャクリ

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

ライター紹介

大山俊治

大山俊治

船釣り、管釣り、ソルトルアー、磯釣り、コイ釣りなど、幅広い釣りジャンルに精通するベテランフィッシングライター。奥深い原稿は評価が高くファンが多い。管釣りブームやシーバスブームを仕掛け、支えた人間のひとり。千葉在住。

DAILYランキング