メタルジグのアップ写真

メタルジグおすすめ特集!ショアジギングで使うジグの選び方

FISHING JAPAN 編集部

オフショアジギングで青物などをターゲットにするバーチカルなアプローチとは異なり、ショアジギングゲームで扱うメタルジグには、どのようなものを選べばいいのでしょうか。

さまざまな種類やウエイト・カラーバリエーションがラインナップされている中から、メタルジグの選び方をマスターしたいものです。

ここでは、ショアジギングやライトショアジギングで操りたいメタルジグの特徴や選び方、おすすめのタックルについてご紹介します。

メタルジグってどれを選べばいいの?

ショアジキングゲームで用いるメタルジグには、さまざまな種類が設けられています。

ウエイトやカラーの違いもさることながら、自分が使うものを選ぶ際には、ウエイトバランスに注目するといいでしょう。

3つのウエイトバランスからピックアップできるので、その特徴と選び方についてひとつずつ取り上げてみます。

①センターバランスタイプ

メタルジグは、薄くて重い印象のシンキングルアーですが、その重心の位置で大きく3つに分けることができます。

メタルジグのボディの丁度真ん中辺りに重心を持ってきているものを、センターバランスのメタルジグと呼びます。

センターバランスのメタルジグは、リトリーブに入って水中を泳がせたときに、キレのあるアクションを発生させます。

またリトリーブを止めてフォール状態に切り換えたときにも、ひらひらと傷付いたベイトフィッシュのようなアクションを起こします。

つまりリトリーブしてもフォールさせても、ナチュラルな誘いをかけられるウエイトバランスなので、表層からボトムまで広範囲に渡って誘えるようになっています。

ただし、アクションにキレのあるセンターバランスタイプほど、飛距離が伸びにくい傾向がありました。

重心がボディの真ん中にあるせいで、飛行中の姿勢が安定しないからです。

安定しないことで大きな空気抵抗となり、失速してしまうことにつながっていきます。

最新のメタルジグには、センターバランスタイプでもロングキャストを実践できるものが現われていて、デメリットの解消に向かっています。

実際にフィールドに立ってキャストしてみると、青物の反応は上々。

釣り当日のサーチベイトとして、真っ先にラインに結ぶメタルジグに推したいものです。

青物以外にも、シーバスなどのフィッシュイーターたちが食い付いてくることが多く、さまざまな釣り場で頼りになるタイプであるのは間違いないでしょう。

よく飛んでよく沈むリアバランスタイプのメタルジグ!

②リアバランスタイプ

重心がボティの最後尾に寄っているメタルジグを、リアバランスタイプと呼びます。

キャストの際に、とても飛距離が伸びやすいというメリットを持っていて、ボトムまで素早くフォールさせることも可能です。

ただし、アクションがセンターバランスタイプとは異なり、まるでグルグルと回ってしまうような大振りなアクションに。

ベイトフィッシュに似ているかといえば、とてもそんな生命感溢れるアクションではなく、食わせの確率を少し下げてしまう可能性があります。

狙うポイントが立ち位置から遠い場合や、ボトムを積極的に攻めたいときに重宝するでしょう。

ベイトフィッシュのようなナチュラルさが強みのフロントバランスタイプ!

③フロントバランスタイプ

重心がボディの前半部に寄っているメタルジグを、フロントバランスタイプと呼びます。

ベイトフィッシュらしいナチュラルなアクションを発生させやすいのですが、センターバランスタイプよりも飛ばないのがデメリットでしょう。

フォールしていくスピードも遅いですから、手返しよく探るというより、近距離のアプローチで食わせにかかるほうが向いています。

ナブラをメタルジグで直撃して、すぐにアタリが無いときは、ぜひこのフロントバランスタイプに換装してみてください。

メタルジグを操作して青物を釣り上げるのにおすすめのタックルを選んでみた!

メタルジグをキャストしてリトリーブしたりフォールさせたりしながら誘いをかけるのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

まずは、ロッドから。

ショアジギング用やライトショアジギング用のスピニングロッドを用意すれば、防波堤からのロングキャストで青物が釣れてしまうかもしれません。

サゴシ・サワラをメタルジグで狙うアングラーも増えていて、メタルジグは欠かせない存在になっているでしょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーXR MB S100MH-5 並継 ソルト ショアジギング

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーXR MB S100MH-5 並継 ソルト ショアジギング

最安値価格
¥6,514(Yahoo!)

Amazonへ ¥36,167

楽天市場へ ¥35,804

Yahoo!へ ¥6,514

シマノから発売中のショアジギング用スピニングロッドで、モバイルタイプに仕上げられています。

全長は3.05mと、長めのブランクスに設計されていて、継数はなんと5本。

仕舞寸法は68.5cmにまで縮まるので、デイパックやタックルバッグに収まってしまいます。

これならさまざまな釣り場へ、カンタンに持ち込むことができるでしょう。

先径は2.4mmと太目で、適合するメタルジグウェイトは、最大で90gです。

ルアープラグなら70gぐらいまでキャストすることが可能です。

適合するPEラインは、最大で4号になります。

ブランクスのカーボン素材含有率は、90.8%です。

実際に手に取ってみると、継目は安定していて美しい曲がりを見せてくれます。

グリップ周りもスリムで握りやすく、安定したキャスティングを繰り出せるでしょう。

何よりここまで短く収納できるショアジギング用ロッドは斬新で、釣りの可能性を大きく広げてくれるのは間違いありません。

実売価格は3万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

合計3種類の硬さが用意されていますから、自分の釣りスタイルにマッチしたものを選ぶようにしましょう。

遠征釣行を企画して、南方の巨大魚をターゲットに釣りを楽しみたいものです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 汎用 アルテグラ 2021 C5000XG ショアジギング ショアキャスティング シーバス

最安値価格
¥16,263(amazon)

Amazonへ ¥16,263

楽天市場へ ¥16,734

アルテグラシリーズの中から、C5000番クラスのスピニングリールを選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき101cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0kgです。

自重は285gと軽めで、スプール寸法は直径が52mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4号を190m、PEラインなら3号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にハンドルを回してみると、とても軽快に回転してくれますし、ローターも滑らかに追従する印象です。

ラインのたるみが発生しても、素早く回収してしまうことが可能です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ショアジギングゲームやライトショアジギングゲームをこれから始めたい人に、ぜひおすすめしたい1台といえるでしょう。

ハンドルのラウンドノブは、とても握りやすくてチカラを込めやすい形状に作られています。

魚が掛かってからゴリ巻きで引き寄せたいときに、とても重宝するでしょう。

ボディフレームは全体的に剛性・耐久性が高く、負荷に対するたわみなどを体感してしまう場面には、未だ遭遇していません。

メタルジグを駆使しながら大型青物を釣り上げよう!

メタルジグの特徴や選び方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

とてもシンプルなデザインのメタルジグですが、それゆえに空気抵抗を抑えたロングキャストを実践できます。

ナブラまで届けてアタリを待つときのドキドキ感、ぜひあなたも味わってみてください。

メタルジグの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング