メバルと釣り人の写真

【船釣りマガジン】イカナゴメバル攻略法~アタリを待つ“間”が超重要!?滑るイカナゴの掴み方も伝授!~

船釣りマガジン編集部

大阪湾や瀬戸内では4月を過ぎてもイカナゴ漁が続く場合もありますが、くぎ煮や釜揚げにするには少し大きくなり過ぎているので、漁を終える季節に入ります。

ところが事釣りに関しては、この時期に捕れるイカナゴがメバル釣りのエサにぴったりの大きさなのです。

生きたイカナゴをエサにしてメバルを狙うと、数だけでなく大型が釣れます。

そのためこの時期に釣れるものをイカナゴメバルと呼ぶのですが、流れてくるイカナゴを飽食したメバルは、強い引きを楽しませてくれるだけでなく味も見事に変わります。

瀬戸内では、イカナゴをエサにしている魚に限ってこの時期は脂が乗り、美味しくなるのです。

目次

  • 滑るイカナゴを簡単に掴むコツとは?
  • 気長にアタリを待てる者がイカナゴメバルを制する!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするメバル船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング