ロッドのアップ写真

シルバーウルフAIRは2022年新登場のチニングゲーム専用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

チヌ=クロダイを汽水域でルアーに誘い出す、チニングゲームが全国各地で脚光を浴びています。

2022年ダイワからチニングゲーム専用のベイトロッド・シルバーウルフAIRが、満を持してリリース。

そのスペックや使い方、マッチしそうなおすすめベイトリールをご紹介しましょう。

シルバーウルフAIRってどんなロッドなの?

シルバーウルフAIRとは、2022年ダイワから新発売される、チニングゲーム専用のベイトロッドのことです。

今回リリースされるのは、1機種のみ。

型式は、76MLB-Sとなっていて、末尾のSはソリッドティップのメガトップを表しています。

しなやかに曲がり込むことで定評のあるティップですから、チヌのバイトを弾いてしまうようなトラブルを、未然に防いでくれるでしょう。

全長は、2.29mに設計されています。

2m超えの長さなら、軽く振り切るだけで軽量ルアーでもロングキャストすることが可能です。

2ピース構造になっていて、仕舞寸法は118cmと短め。

ここまで収められるのなら、さまざまな釣り場へ持ち込みやすいはずです。

防波堤周りはもちろん、河口域の護岸や水路など、チヌが入り込みそうな汽水域へカンタンに足を運べます。

ウエイトは、たったの93gしかありません。

まるでバス釣り用のベイトロッド並みの軽さで、長時間チニングゲームを楽しんでも、疲れてしまう展開にはなりにくいでしょう。

先径/元径は、1.4/12.9mmと細め。

MLパワーブランクスですから、そのしなやかさに合わせた細身に仕上がっています。

適合するルアーウエイトは、4gから18gまで。

ポッパーやペンシルベイト・クランクベイトなどをキャストするのに向いていますし、流行りのワームリグ・フリーリグを操るのにも適しています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから12lb、PEラインなら0.4号から1.0号までです。

感度と耐久性を両立させたいなら、細いPEラインに太目のモノフィラメントラインをショックリーダーに結べば、アプローチしやすくなります。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

シルバーウルフAIRのブランクスには、ダイワオリジナルのSVFナノプラスが使われています。

とても軽くて感度が高いので、ボトムの地形変化や水流をきっちり伝えてくれるでしょう。

ネジレ防止のためにX45Xを採用していますから、キャスティング・フッキングの安定につながります。

ダイワオリジナルのガイドシステム・AGSを装備しているシルバーウルフAIR!

シルバーウルフAIRには、AGSが多点配置されています。

これによりブランクスの曲がりに対するパワーロスを防ぎ、なおかつラインのたるみが抑えられます。

AGSガイドから伝わる振動は、きっちりとブランクスに伝わり、アングラーに有効な情報を与えてくれるでしょう。

ガイド自体が軽くなることで、ロッド全体の感度が向上します。

繊細なチヌのアタリをとらえるための、ベストなガイドシステムといえそうです。

シルバーウルフAIRでチニングゲームを実践してみよう!

シルバーウルフAIRにベイトリールを装着して、チニングゲームに出かけてみましょう。

まず狙いたいのは、河口域に広がる牡蠣殻エリア。

護岸壁なとをよく観察すると、カンタンに牡蠣殻を見つけることができます。

その周辺にあるミオ筋などの深場や、カバー・ストラクチャーそのものにチヌが潜んでいる可能性が高いです。

引っ掛かりにくいフリーリグを用意して、着底させてから丁寧に誘いをかけてください。

フリーリグでも根掛かりがひんぱんに発生するようなら、高比重ワームのノーシンカーリグに切り換えます。

イモグラブやバックスライドフォール用のフラット系ワームでOKなので、ボリューム小さ目のものにしてアプローチしてください。

根掛かりから解放されますし、地形変化をトレースするのもやりやすくなるでしょう。

シルバーウルフAIRに装着してみたいおすすめベイトリールを選んでみた!

シルバーウルフAIRに装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトリールを取り上げてみましょう。

2022年には、チニングゲーム専用のベイトリール・シルバーウルフSV TW PEスペシャルがリリースされます。

それ以外でソルト対応のものから選んでみました。

ダイワ スティーズリミテッド SV TW 1000H 右ハンドル (ベイトリール) [2020年モデル]

ダイワ スティーズリミテッド SV TW 1000H 右ハンドル (ベイトリール) [2020年モデル]

最安値価格
¥68,499(amazon)

Amazonへ ¥68,499

楽天市場へ ¥69,300

Yahoo!へ 取扱なし

スティーズシリーズのハイエンドスペックモデルは、ソルト対応になっていて軽量ルアーもキャストしやすいです。

ギア比は7.1対1ですから、ハンドル1回転につき75cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら14lbを90m巻けます。

自重は160gと軽めで、スプール径は34mm。

ハンドルの長さは85mmで、ボールベアリングは12個も搭載されています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてハンドルの巻き心地は軽やかそのもの。

キャストフィールも安定していて、5g程度のシンカーを付けたフリーリグなら、かなりの飛距離を稼げるようになっています。

TWSがバックラッシュトラブルを防ぎ、手返しのいいアプローチを繰り返せます。

フッキング後のドラグレスポンスは、キッチリと締めておくと、ほぼラインが出されない状態でチヌとのやり取りを楽しめました。

ハンドルは短めですが、ゴリ巻きして寄せることも普通におこなえます。

実売価格は6万円台と、ハイスペックならではの価格帯に収まっています。

軽くロッドを振ってキャスト数を増やしていきたいアングラーに、丁度ハマるのではないでしょうか。

汽水域で使用した後は、必ず真水を用いて水洗い洗浄をおこなってください。

特にレベルワインド周りの洗浄を、入念に実践するようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SHL (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 19 タトゥーラ TW 100SHL (2019モデル)

最安値価格
¥14,800(amazon)

Amazonへ ¥14,800

楽天市場へ ¥15,255

Yahoo!へ 取扱なし

タトゥーラTWシリーズの100番サイズで、ラインキャパに余裕のあるハイギアモデルです。

ギア比は7.1対1ですから、ハンドル1巻きにつき75cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は195gと軽めで、最大ドラグ力は5kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

となると、牡蠣殻の多いエリアで太いモノフィラメントラインをしっかり巻いて、ポイントへアプローチすることが可能になります。

ハンドルの長さは90mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、キャストしやすくてバックラッシュは抑え込まれている印象です。

とにかく自然にキャスト数が増えていきますから、釣れるチヌの数も比例して伸びていくでしょう。

2022年には80番サイズという、よりコンパクトでラインキャパを抑えたモデルがリリース。

使うラインの量によって、上手く使い分けてみるのがおすすめです。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

こちらのベイトリールも、汽水域での使用後は、水洗いメンテナンスを欠かさないようにしてください。

シルバーウルフAIRの気になる発売日はいつ?

シルバーウルフAIRの気になる発売日は、2022年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、44,000円です。

今後期待するのは、ショートレングスでより繊細なベイトロッドです。

フリーリグやスモラバ・ネコリグを駆使しながら、移動距離を抑えた誘いをかけて、チヌをフッキングに持ち込みたいものです。

どんどんシルバーウルフAIRシリーズのアイテム数が、増えていくことを期待します。

チニングの関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング