釣行の写真

【船釣りマガジン】GWレジャー&沖釣り入門は東京湾のライトアジで決まり!

隔週刊つり情報編集部

本記事が公開されるころは、待望のゴールデンウイークに突入している。

今回はこのご時世に、レジャーを検討するならコレ!という釣り物を取材してきた。

東京湾奥葛西橋にある第二泉水のライトアジ船だ。
 
おすすめのポイントは、まず野外レジャーであること。

海に浮かぶ船の上は心地よい風が通り、日ごろの鬱憤もすべて吹き飛ばしてくれる。
 
次に、ライトアジは釣り場の水深が浅いこと。

水深が浅いのでコマセを詰めるアンドンビシがオモリ40号と軽い。

女性や子供が一日釣りをしても、おそらく疲れを感じることはないだろう。

また、水深が浅ければ竿を持つ手に魚のアタリがより明確に伝わってくる。

これが実に楽しい。
 
そして何より釣れる魚がうまいこと。

ライトアジ船は主に東京湾の居着きのアジを狙うので、釣れるアジが抜群にうまい。

やっぱり沖釣りはこれに尽きる。
 
そんなゴールデンウイークにうってつけのレジャー候補を取材したのは、4月11日の日曜日。

初夏を思わせるような日差しを浴びながら、我われ11名が乗船した第二泉水十号船は6時50分に出船。

横浜方面に船首を向け、陽光がキラキラと反射する海面を滑るように走った。
 
7時40分に鶴見沖に到着すると、小倉裕士船長からすぐに開始がアナウンスされる。

「はいどうぞ、やってみてください。水深は16mです」
 
10個の仕掛けが投入されると、左ミヨシの横田さんがいきなりリールを巻き始めた。

抜き上げられたのは20㎝ほどのアジだが、ライトタックルなので魚の引きがビンビンと伝わってきて、隣で見ているこちらまで楽しくなる。

目次

  • コマセまきはソフトに
  • 食いが悪い!?
  • 知っ得!ケイムラバリが効く!?
  • Tackle Guide
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング