釣行の写真

【船釣りマガジン】多点掛けが当たり前!広野沖はメバルパラダイス

隔週刊つり情報編集部

メバルを主体にソイやアイナメ、ホウボウなど色いろな魚種が釣れるメバル五目が好調と聞き、4月10日、福島県富岡港の正栄丸を訪れた。

当日の乗船客は常連さん4名、四隅に分かれて道具を準備する。

武山正一船長にメバルの道具とエサについて伺うと、

「道具は全長3~3.6mのメバル竿にPE2~3号を巻いた小型電動リールを組み合わせたものを使います。オモリは50号です。仕掛けはメバル用フラッシャーサビキでハリ数は4~8本ですが、初心者は4本がおすすめです。

サビキだけでもメバルは釣れますが付けエサがあったほうが食いがいいので、皆さんサバの切り身エサを持参しています。

また、メバル仕掛けの下にヒラメ仕掛けを連結させ、持参した中型の冷凍イワシを付けるとメバルのほかにソイなども釣れますよ。常連の皆さんはこの仕掛けで楽しんでいます」と船長。

準備が整ったところで5時過ぎに出船。

15分ほどで広野沖のポイントに到着。

「水深は30mです。やってみてください。20~25mに反応があります」との合図でスタート。

目次

  • いきなり入れ食い
  • 付けエサの種類で勝負
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング