イカと釣り人の写真

【船釣りマガジン】ケンサキイカをスッテで狙う!間の取り方を工夫するだけで劇的に釣果アップ!?

船釣りマガジン編集部

関東ではマルイカ、南紀ではアカイカと呼ばれるケンサキイカの釣りは、秋に最盛期を迎えます。

ところが、ケンサキイカの当たり年には7月半ばからずっと釣れ続き、良い日には束釣り(1束=100)もあるようです。

南紀では例年お盆を過ぎると終盤を迎える時期になりますが、お盆を過ぎてからもウナギ昇りの成績であれば、9月半ばまで釣れ続くのではと予想する船長も多くいます。

ケンサキイカ釣りと言えば、メタルスッテを使った釣りが人気です。

ルアーフィッシングの感覚で釣りを楽しめることに加え、イカが浮いてきて浅ダナで釣れるようになると、浮きスッテを使った釣りよりも手返しが早いので、数を楽しめることも人気の理由の一つです。

ただ、浮きスッテを使った釣りもタナが広く探れるため、イカの乗りが良いときには多点掛けできる、という点ではメタルスッテの釣りに勝るでしょう。

目次

  • イカを乗せやすくするにはスッテの間に一工夫を!
  • 仕掛けを絡ませずスッテをマットに刺すコツとは?
  • リズムを取りながらイカを取り込もう!
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメするケンサキイカ船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング