釣行の写真

【船釣りマガジン】うまいイカを食べたい釣りたい!いざヤリイカの待つ春の南房へ!

隔週刊つり情報編集部

晩酌で大吟醸をたしなむようになって、かれこれ一年近くたつ。

元もと日本酒は得意なほうではなかったが、大吟醸のスッキリとした飲み口とフルーティな風味にハマり、なんだかんだと理由を付けては結局ほぼ毎晩お猪口に口を運んでいる。
 
さて、大吟醸がうまいとなれば、当然次は、これに合ういい「あて」は何かないかと考える。

そして、真っ先に思い浮かんだのがヤリイカの刺身だ。
 
釣りたてのヤリイカは、コリッとした歯触りが心地よい身が、噛むほどにねっとりとしていき、上品な甘みが口いっぱいに広がる。

この甘みが残った口の中へ、スッキリとした味わいの大吟醸を流し込むと・・・想像しただけで、もうたまらん! 
 
そこで、ダメもとで編集部に連絡してみると、南房白浜沖のヤリイカ取材の指令が下りた。
 
3月27日、早朝。喜び勇んで訪れた布良港はまだ薄暗い。

その中で、ひときわ輝きを放って見えた船が私にヤリイカを釣らせてくれる良和丸だ。
 
5時半に出船。

我われ10名を乗せた良和丸は、航程約30分の白浜沖でスローダウンする。

そしてその2分後には、志村良一船長から開始のアナウンスがあった。

「はい、どうぞ。始めてください。水深は130mです」
 
通常イカ釣りでは、ポイントに到着すると、まずイカの群れの探索から始まる。

なので到着してすぐに投入のアナウンスがあるのは珍しい。

これはと期待を大きく膨らませたが、9つの仕掛けを襲ったのは無数のサバ。

唯一、イカがいるタナまで仕掛けを落とせた右胴の間の草野さんに1杯のヤリイカが釣れただけだった。

目次

  • ヤリイカにスルメも!
  • 怪しい=巻き上げるべし
  • 【知っ得!】イカ釣り便利アイテム
  • Tackle Guide
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング