釣行の写真

【船釣りマガジン】相模湾のマルイカ連日反応バッチリ!今後はエリアの広がりと安定化に期待

隔週刊つり情報編集部

3月31日、マルイカを狙って相模湾平塚港の庄治郎丸へ。

平日にもかかわらず乗船者10名の盛況ぶりで、マルイカ船を担当する船木正人船長に近況を伺うと、「今のところ釣り場は亀城根周りがメインで水深は60~90m前後です。日によるムラはありますが、胴長15~25cm級の中小型主体にいい日は50杯以上釣った人もいます。浅場に乗っ込んできた。ヤリイカも交じっていいお土産になってますよ」とのこと。

6時半に港を離れ、40分ほど走って最初のポイントに到着。

しばらく周囲をリサーチして投入合図が出る。

目次

  • 乗ればマルイカ
  • 大流しのフィナーレ
  • プラヅノ11cmが吉!?
  • Tackle Guide
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング