釣行の写真

【船釣りマガジン】マルイカで主流の「ゼロテン」を軸にした全局面に対応する デッキステージMARUIKAが示すロッド選びの最適解

大山俊治

現在、関東近郊のマルイカ釣りでは、オモリを底に着けたまま釣る「ゼロテン釣法」が全盛だ。

そんなブームの過熱により、ラインに同化するレベルの極細ソリッドの穂先を自作したロッドを使う人が続出するほど、「アタリを取る」ことに先鋭化している。

だが、竿としてのバランスを欠き、破損のリスクも顧みない、L字に曲がる竿が見受けられる中で、がまかつ・デッキステージMARUIKAは、誰もがゼロテン釣法を再現できる綺麗なベンドカーブの「マルイカの竿」を提起している。

「破損しやすいハンドメイドゼロテンロッドに比べて、デッキステージMARUIKAは、過激すぎない適切なベンドカーブによって破損の心配がないから抜群に扱いやすいんですよ。乗せ感の荷重変化が素直だし、宙の釣りや直ブラに対応してくれます。今日は、かなりの上級者が揃っているので、今日初めて実戦で使うこのロッドがハンドメイド系のゼロテン竿に伍して、難しい今のマルイカをどれだけ乗せられるかを検証してみます」とは、取材前の田中さん。

取材は小湊「寿々木丸」にて外房のマルイカに初見参。

鈴木達也船長をして「今日は手が揃っている」という凄腕が並んだ船上で、田中さんはロッドの実力を検証しつつも27ハイで同率次頭を達成。

デッキステージMARUIKAの戦闘力を遺憾なく引き出しくれた

ここでは、田中さんの一日を追いながら、マルイカ釣りにおける本当に扱いやすいロッドセレクトの最適解を考えてみよう。

解説 がまかつフィールドテスター・田中義博
写真・文 大山俊治

目次

  • 『デッキステージMARUIKA』のラインナップ
  • スッテのセレクトと「乗せ感」の習得
  • 押さえておきたい田中さんの必殺メソッド

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

ライター紹介

大山俊治

大山俊治

船釣り、管釣り、ソルトルアー、磯釣り、コイ釣りなど、幅広い釣りジャンルに精通するベテランフィッシングライター。奥深い原稿は評価が高くファンが多い。管釣りブームやシーバスブームを仕掛け、支えた人間のひとり。千葉在住。

DAILYランキング