魚のアップ写真

【初心者必見】管理釣り場でルアー釣りを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

ニジマスなどのトラウトゲームを気軽に楽しめるのが、管理釣り場です。

連日大勢のアングラーで賑わっていますが、初めて利用する人は圧倒されてしまうかもしれません。

ここでは、管理釣り場をどのように活用すればいいのか、初心者アングラーに分かりやすくご紹介しましょう。

管理釣り場ってどんなところなの?

管理釣り場とは、管理者によって水やフィールド。魚の状態をしっかり管理された人工の釣り場のことです。

エリアとも呼ばれるようになっていて、多くのアングラーが足しげく通っています。

既存の池や川の一部を工事して仕切り、そこに釣りの対象魚となるトラウトなどを放流しています。

より自然に近いカタチで管理されているので、これまで慣れ親しんできた釣り堀とは異なるといっていいかもしれません。

管理釣り場には、大きく分けて2種類のタイプが用意されています。

ひとつは、自然に流れている河川の一部を仕切って、そこにトラウト類などを放流している河川タイプ。

もうひとつは、人工で作られた池や自然湖・ダム湖などにトラウト類などを放流しているポンドタイプです。

関東においては、人工池タイプが多いといえるでしょう。

関西では、自然河川を仕切って作った、河川タイプがよく見受けられます。

管理釣り場には、アングラーを迎え入れるための駐車場やレストハウスが併設されています。

管理者が控えている管理棟はもちろん、バーベキューを楽しむ施設や子供が遊べるスペースなど、多くの人々が気軽に釣りと接することのできる環境が、提示されているのです。

釣りそのものが、手軽なレジャーとして昇華していった進化のカタチといっても差し支えないかもしれません。

管理釣り場で釣れる魚をチェックしてみましょう。

代表的な魚種は、ニジマス・ヤマメ・アマゴ・イワナなどで、ブラウントラウト・ブルックトラウト・イトウ・アメマス・タイガートラウトなどが放流されています。

ブラックバスも放流の対象魚として扱われていて、年々釣り場が減っていることへの対応とも見て取れます。

管理釣り場の利用料金っていくらぐらいなの?

管理釣り場を利用する場合、料金を支払う必要があります。

何故なら魚の放流が常におこなわれていて、アングラーのための施設を維持していかなければならないからです。

半日や終日など、利用する時間に合わせて利用料金は設定されています。

1日1人につき、4,000円から6,000円ぐらいが相場ではないでしょうか。

数時間単位なら、もっと割安な料金設定をおこなっている管理釣り場があるので、例えば仕事帰りに立ち寄って釣りを楽しむなど、幅の広い利用法ができるようになっています。

管理釣り場で釣れた魚は、持ち帰ることができるところが多いです。

持ち帰る匹数に応じて値段が決まる場合や、最初から決められている場合もあり、ルール説明を管理釣り場スタッフから聞くときに確認するようにしましょう。

ルール違反の極小サイズルアーを管理釣り場で使わない!

管理釣り場での釣り方は、ルールで定められたレキュレーションに合わせます。

ロッドやリール、ルアーのサイズに至るまで細かく設定されているので、じっくり耳を傾けて理解してから釣りをスタートさせましょう。

近年問題になっているのは、極小さなルアーをキャストして釣りをおこなってしまうこと。

ルアーのサイズは決まっているので、それ以上小さなものをラインに結ぶのはやめましょう。

当然管理釣り場に持ち込むことも、やめておくほうが無難でしょう。

管理釣り場での釣り方を分かりやすく解説している動画はこちら

管理釣り場で使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それでは管理釣り場で操ってみたい、おすすめのルアータックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

5ft台から7ft前後に至るまでの長さから選べば、オールラウンドに使えるでしょう。

あまりに重くて張りがあるものは、軽いルアーをキャストしづらくなるので避けてください。

長さに関しては、管理釣り場個々のルールに合わせて用意するようにしましょう。

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド イプリミ 62UL 釣り竿

ダイワ(DAIWA) エリアトラウトロッド イプリミ 62UL 釣り竿

最安値価格
¥12,760(amazon)

Amazonへ ¥12,760

ダイワからリリースされている、管理釣り場用スピニングロッドです。

全長は1.88mと、扱いやすい長さに仕上がっています。

2ピース仕様で仕舞寸法は97cmですから、管理釣り場への持ち込みはもちろん、クルマへの積み込みなども手軽におこなえるでしょう。

標準自重は68gと軽めなので、長い時間振り続けても、さほど疲れを感じてしまうような展開にはなりにくいはずです。

先径は1.5mm、元径は6.9mmと細めです。

適合するルアーウエイトは、0.6gから3gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1.5lbから3lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、84%になっています。

実際に手に取って握ってみると、細身なグリップで安定感のある握りを実現できます。

ブランクスは、しなやかに曲がり込むイメージで、負荷が掛かるとしっかり追従してくれる印象です。

これならトラウトがショートバイトしてきても、きっちりフッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

管理釣り場では、隣りのアングラーとの距離をしっかり取って、密状態を避けるようにしたいものです。

釣り座の位置が指定されている管理釣り場もありますから、それを遵守しながらトラウトゲームを楽しんでください。

キャストする際は、自分の後ろに歩行者がいないか、確認してからロッドを振りかぶるようにしましょう。

トラウトルアーに装着されているフックは、細軸でよく刺さるので、とても危険です。

周囲に対する配慮ができるようになれば、釣りスキルも自ずと向上していくでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S-XH

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S-XH

最安値価格
¥10,170(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,992

楽天市場へ ¥11,105

Yahoo!へ ¥10,170

人気のフリームスシリーズの中から、2000番モデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき81cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、自重は185gです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら3lbを150m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にリールを使ってみると、ハンドル回転は快適に回ってくれる印象でした。

ローター回転もスムーズで、ドラグの反応も良好です。

ラインに負荷が掛かったときでも、ハンドルが回せなくなるような事態には陥りませんでした。

滑らかで軽やかな巻き心地をキープするために、メンテナンスは欠かさずおこないたいものです。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

極細のPEラインの先端には、必ずモノフィラメントラインのショックリーダーを結ぶようにしてください。

1号以上の太さがあれば、カバーやストラクチャーに擦ってもカンタンには破断トラブルに見舞われないでしょう。

ラインを素早く沈めたければフロロカーボン素材、水面に浮かせたければナイロン素材のものを使うのがおすすめです。

管理釣り場での釣り方をマスターして休日を楽しもう!

管理釣り場の特徴や釣れる魚・利用方法、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがですか?

自分が住んでいる地域に近い管理釣り場からスタートしてみると、通い込みやすくなります。

管理釣り場スタッフさんと仲良くなれば、さまざまな知識やスキルを教えてもらえるでしょう。

時間をかけて、トラウトゲームに慣れてください。

管理釣り場の関連記事はこちら

管理釣り場」カテゴリの人気記事

DAILYランキング