イカとリグのアップ写真

オモリグシンカーTGは2022年ダイワからリリースの高純度タングステン合金シンカー!

FISHING JAPAN 編集部

船釣りで盛んにおこなわれるようになった、イカメタルゲーム。

釣り場のシチュエーションによっては、オモリグに切り換えるほうが好釣果を見込めるケースがあります。

2022年にダイワから新発売されるオモリグシンカーTGなら、効率よくボトムを取って、イカを誘うことができるでしょう。

その特徴やカラーバリエーションについて、詳しくご紹介します。

オモリグシンカーTGとは

オモリグシンカーTGとは、2022年にダイワからリリースされる、イカメタルゲームのオモリグ用シンカーのことです。

ウエイト設定は、全部で3種類用意されています。

20号・25号・30号の中から、当日の水深や潮の流れなどに合わせて選んでください。

ボディ素材には、比重の高いタングステン合金が採用されています。

鉛を素材に用いたシンカーと比べると、体積が約30%抑えられているのが特徴です。

体積が小さくスリムなので、船上において終日誘い続けても、ストレスに感じてしまうことはないでしょう。

またオモリグ釣法による誘いでの抵抗や、回収時の引き抵抗・引き重りなどを、大幅に軽減しています。

抵抗を抑えた急速フォールも得意で、乗合船の船長さんから指示されたタナへ、素早く落とし込むことができるでしょう。

着底直後の制動が素早いのもメリットで、船べりで転がりにくい設計になっています。

オモリグシンカーTGの外観デザインは、いわゆる魚雷型で、変則的な六角形状に仕上げられています。

六角面で潮の流れをとらえてしっかりと制動をかけ、垂直落下の姿勢に移ります。

ロッドワークで誘いをかけた後、フォール姿勢が安定してくれるのは嬉しいです。

オモリグ自体が、面で探りを入れる仕掛けなので、仕掛け全体が絡み合ってしまうトラブルが発生してしまうと、一気に効率が悪くなります。

シンカーがスリムなら、リーダーなどがまとわり付いてきても、カンタンに振りほどけるでしょう。

しかも高比重なタングステン合金ですから、シンカー部分が真っ先にスピーディーに着底しようとします。

ラインにテンションをかけてカーブフォール状態に移っても、シンカーの位置が最もボトムに近く、水を切る状態なので、トラブルを抑えられるはずです。

オモリグシンカーTGの配色に注目!

オモリグシンカーTGは、明暗がはっきりと分かれた配色になっています。

集魚系カラーを使えば、イカを寄せてオモリグに気づかせることができるでしょう。

ステルス系カラーを使えば、サバやサワラのアタリを回避しながら、イカを狙うことができます。

サバが仕掛けに掛かってしまうと、暴れて仕掛けが絡み付き台無しに。

そんなトラブルを回避するためにも、カラーローテーションには気を配るようにしましょう。

全部で3種類のカラーバリエーションから選択可能!

オモリグシンカーTGには、総計で3種類のカラーバリエーションが用意されています。

●グローカラー・・・集魚系カラー。

●マットブラックカラー・・・ステルス系カラー。

●チャートイエローカラー・・・オールラウンドに使えるカラー。

それぞれの配色をローテーションしながら、イカのアタリが多くなるものを選んでみましょう。

オモリグ釣法に使ってみたいおすすめスピニングリールを選んでみた!

それではオモリグ釣法に使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

スピニングリールなら、船の照明が当たる枠外へ、アンダーハンドキャストしやすくなります。

30号までの負荷に耐えられるもの、巻き上げしやすいものにすれば、オモリグシンカーTGを使うことが可能です。

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT4000-CXH

ダイワ(DAIWA) 21 カルディア LT4000-CXH

最安値価格
¥19,037(amazon)

Amazonへ ¥19,037

楽天市場へ ¥21,516

Yahoo!へ ¥19,659

人気のカルディアLTシリーズの中から、4000番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1巻きにつき99cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は余裕の12.0kgで、自重は230gです。

ラインキャパは、PEラインなら1.2号を310m巻けます。

実際のオモリグアプローチでは、もっと細いPEラインを使いますから、じゅうぶんなストック量を保持できることに。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは6個です。

実際に手に取ってみると、とても滑らかで軽快に回ってくれるハンドルです。

ローター回転もしなやかに追従してくれるので、ラインスラックが発生してもすばやく回収してくれるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

オモリグでは、2500番から4000番ぐらいまでのスピニングリールが扱いやすいですから、ラインキャパも確認しながら、自分の釣り方にマッチしたものを選んでください。

オモリグシンカーTGの気になる発売日はいつ?

オモリグシンカーTGの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、3,100円から3,900円です。

重さの異なるタイプ・カラーの異なるタイプを複数本用意して、釣り当日のシチュエーションに合わせてながら釣りを展開してみましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

イカメタル」カテゴリの人気記事

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング