ロッドのアップ写真

タイニーキャストSTは2022年新発売の新感覚ショートレングスルアーロッド!

FISHING JAPAN 編集部

ルアー釣りを始めるなら、防波堤や管理釣り場で存分に振れるものが扱いやすいでしょう。

2022年プロックスから新発売されるニューロッド・タイニーキャストSTなら、短いブランクスに豊富なスペックをギュッと詰め込んで、子供から大人まで楽しめるアイテムに仕上がっています。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

タイニーキャストSTってどんなロッドなの?

タイニーキャストSTとは、2022年にプロックスからリリースされる、ルアーキャスティング用スピニングロッドのことです。

設定機種は、2種類用意されています。

短いほうは、13UL。

全長130cmですから、飛距離はある程度の範囲に抑えられますが、手元近くを探るのに適しています。

例えば、ちょい投げで15mほど前方へルアーをキャストし、そのままフォール。

ボトムの地形変化をなぞりながら、軽くスタックした場所でしばらくルアーを放置すると・・・魚が反応してくれるかもしれません。

またキャストせずに、足元へバーチカルにルアーを落とし込む、穴釣り・キワ釣りに使いやすいでしょう。

短いブランクスだからこそ、テトラの間へ身を潜らせて操ることが、カンタンにおこなえます。

テトラにはカサゴやアイナメ・ソイ・アコウ・メバルなどが潜んでおり、いつ豪快にロッドを曲げてくれるか、ドキドキしながら釣りを楽しめます。

13ULを駆使して、穴釣りマスターを目指してください。

2ピース仕様で、仕舞寸法は113cm。

最大で5gまでのルアーをキャスト可能で、適合するモノフィラメントラインは4lbです。

ブランクスはカーボンソリッドで、カーボン素材の含有率は95%です。

タイニーキャストSTの長いほうは15UL!

もうひとつ15ULには、やや長いブランクスが与えられています。

全長は150cmで、飛距離をきっちり伸ばすことで広範囲を探ることができるでしょう。

2ピース仕様になっていて、仕舞寸法は128cmです。

キャストできるルアーウエイトは、最大で5gで、マッチするモノフィラメントラインは4lb。

この辺のスペックは、13ULと同じものになっています。

実際にフィールドへ持ち出すと、キャスティングゲームをメインに楽しめるでしょう。

例えば、流行りのアジングにメバリング。

河口域で15ULを振れば、ハゼをターゲットにルアー釣りを満喫できます。

またトラウトゲームを管理釣り場で実践するのにも向いていて、ライトゲーム全般を広くカバーするアイテムに。

これ1本を持っておけば、さまざまな場所ですぐに釣りを始められそうです。

クルマに積み込むのも、釣り場まで持ち運ぶのも楽ですから、ひんぱんに活用するロッドとして身近に置くケースが増えるでしょう。

当然釣りをする機会も増えることになり、あなたの釣りスタイルがどんどん充実していくかもしれまん。

タイニーキャストSTのガイドシステムやリールシートに注目!

タイニーキャストSTのガイドには、富士工業製のガイドフレームに、Oリングが設置されています。

キャストの際のライントラブルを抑えてくれますし、魚か掛かってからのランディングもスムーズにおこなえるでしょう。

グリップ周りを見てみると、超軽量なスケルトンリールシートが使われています。

ぜい肉を極限まで省いたようなデザインですから、ブランクスに指が触れやすく、そのぶん手元感度がアップするのは間違いありません。

最近のトラウトゲーム用スピニングロッドには、このスケルトンリールシートが用いられるようになってきましたから、同じような使用感でタイニーキャストSTを使えるでしょう。

タイニーキャストSTにマッチしそうなおすすめリールを選んでみた!

タイニーキャストSTの2機種にマッチしそうな、おすすめのスピニングリールを取り上げてみましょう。

まずは、13ULから。

穴釣りがメインとなるため、ラインキャパは少なくても問題はなさそうです。

バーチカルにルアーを落とし込んで上下にアクションさせながら、誘いをかけるアプローチを実践しやすいリールがベストでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー 500

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 21 ナスキー 500

最安値価格
¥8,100(amazon)

Amazonへ ¥8,100

楽天市場へ ¥8,239

シマノのナスキーシリーズにラインナップされている、最小サイズの500番モデルです。

とてもコンパクトで軽いですから、子供や女性も扱いやすいでしょう。

ギア比は5.6対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき69cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は2kgで最大ドラグ力は3kg。

自重は170gと軽めで、スプールの直径は39.5mm、幅は8mmです。

ラインキャパは、根ズレに強いモノフィラメントラインなら、1.5号を90m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは4個です。

実際に手に取ってみると、とても小さくて可愛いスピニングリールで、キャスティングにはあまり向かないものの穴釣りにはバッチリ活躍してくれそうです。

ナスキーシリーズに与えられている剛性感を、小さなボディにしっかり備えていますから、大胆に使ってロックフィッシュを穴から引き出してください。

実売価格は8千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

スプール径が小さいことで、ラインのヨレが心配になるところですが、モノフィラメントラインの2号程度までなら、さほど気にせずに扱えるでしょう。

ドラグはやや締め込んだ状態にして、ラインをあまり出さずにやり取りできるようになれば、穴釣りで大物をゲットできるかもしれません。

ラインの表面は逐一チェックして、ザラついてきたらその部分をカット。

常に良い状態のラインで、アプローチを繰り返すように心がけましょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT1000S

最安値価格
¥11,470(Yahoo!)

Amazonへ ¥11,486

楽天市場へ ¥11,475

Yahoo!へ ¥11,470

好評のフリームスLTシリーズの中から、1000番モデルを選んでみました。

ギア比は5.2対1なので、ハンドル1回転につき64cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgもあって、自重は180gと軽め。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2号を120m、PEラインなら0.4号を130m巻けます。

ハンドルの長さは40mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にハンドルを回してみると、とても滑らかに軽やかに回転してくれる印象です。

ローターもスムーズにラインを回収してくれますから、手返しよくアプローチを繰り返すのに役立つでしょう。

ドラグのレスポンスも良好なので、キャスティングで広範囲をチェックしながら、大物が掛かったら慎重なやり取りにシフトすることも可能です。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

コンパクトサイズなところが、ショートレングスなロッドとの相性を高めてくれるに違いありません。

ライトゲームといえど、シーバスやチヌなどの大型魚か掛かるケースも想定できますから、ランディングネットをそばに置いておく習慣を身に着けておきたいものです。

タイニーキャストSTの気になる発売日はいつ?

タイニーキャストSTの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、6,900円から7,200円です。

ショートレングスなロッドなら、小規模な河川や水路でも、すぐに釣りを始めることができます。

釣りの可能性が広がりますし、自分自身の釣りスキルが向上するきっかけをもらえるかもしれません。

さまざまな機会をしっかりとらえて、釣りを満喫するスタイルをこのタイニーキャストSTで確立してください。

2022年モデルの関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

DAILYランキング