リールのアップ写真

タトゥーラシリーズのインプレ特集!2022年には新作TW80サイズ登場

FISHING JAPAN 編集部

ダイワの豊富なベイトリールの中でコスパ優秀なモデルといえば、タトゥーラシリーズが挙げられるでしょう。

2022年にはコンパクトサイズのタトゥーラTW80が新発売、ますます充実したラインナップになっています。

ここでは、タトゥーラシリーズから気になるモデルをピックアップして、実釣インプレしてみましょう。

気になるタトゥーラシリーズ①タトゥーラTW300XH

すでに発売中となっているタトゥーラシリーズの中から、実際にフィールドで使ってみたのが、タトゥーラTW300XHです。

かなりボリュームのあるボディで、ウエイトも重め。

そのぶんラインキャパが大きく、太いラインを大量に巻くことができます。

使用目的でハマるのは、重くて大きなルアーやリグをロングキャストすること。

他のベイトリールでは真似のできない、豪快なアプローチを満喫することが可能です。

タトゥーラTW300XHの詳細スペックを見てみましょう。

エクストラハイギア仕様なので、ギア比は8.1対1に設定されています。

長さ110mmもあるダブルハンドルを1巻きすると、なんと109cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

これなら大遠投を敢行しても、あっという間にルアーやリグを回収してしまえるでしょう。

当然次のキャストへ移れるわけで、手返しよく広範囲を探っていくのにベストマッチです。

しかも太いラインを扱えるので、カバーや地形変化に擦れても気にせず釣りを続けられます。

最大ドラグ力は余裕の11kgですから、大型魚が掛かっても安心してやり取りを楽しんでください。

実際に80cmクラスのシーバスが、キャストしたスイムベイトにバイトしてきましたが、難なく引き寄せてランディングに持ち込めました。

ハンドルノブは、濡れた指でつまんでも滑りにくく、パワフルなゴリ巻きを実践することができました。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを145mも巻けます。

PEラインなら5号を160m巻いて、フルキャストを敢行可能でしょう。

ウエイトは325gと重めで、スプール径は43mmと大き目。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

7ftでHパワーブランクスのベイトロッドに装着して、25lbのナイロンラインを巻いて、シーバス用のスイムベイトやビッグベイトを操ってみました。

TWSによるライン放出は、太いラインでもとてもスムーズ。

引っ掛かるようなトラブルは皆無で、後半の伸びるキャストフィールを満喫できます。

フッキングの際に大きな負荷が掛かりますが、レベルワインド周辺やハンドル・ボディフレームなどに異変は感じられません。

ドラグをきっちり締めた状態で、シーバスを短時間で引き寄せられますから、バラシの危険性も抑えられます。

重いウエイトは、さほど気になるレベルではなく、重過ぎて扱うのが疲れてしまうような展開にはなりませんでした。

気になるタトゥーラシリーズ②タトゥーラSV TW103XH

2020年にリリースされたタトゥーラシリーズで、直径32mmのSVスプールが装備されています。

マグフォースZとの比較がよく取り沙汰されていますが、実際に比較してみると確かにタトゥーラSV TWのほうが、バックラッシュトラブルは少ない気がします。

しっかりと制動が効いているからで、そのぶん飛距離が抑えられてしまう感じにはなりがちです。

放出したルアーの弾道が、着水する辺りで失速するようなイメージでしょうか。

それによってバックラッシュトラブルが抑えられるのなら、そういう目的でこのベイトリールを使うのがいいでしょう。

例えば、風の強いシチュエーション。

何とかバックラッシュトラブルを抑えてアプローチを繰り返したいときに、タトゥーラSV TWを取り出すのです。

ラインキャパは、14lbで90m巻けますから、そんなに少な過ぎる印象はありません。

気になるタトゥーラシリーズ③タトゥーラTW80XH

こちらは最新作のタトゥーラシリーズで、現時点ではまだ手にすることができていません。

スペックは、軽量コンパクトでありながら、ヘビーユースに耐えられる剛性・耐久性を備えている印象です。

マグフォースZをブレーキシステムに採用していて、ラインキャパは12lbを100mも巻けるので、10g前後の軽めのルアーやリグをキャストするのに向いているでしょう。

またソルト対応なので、岩礁帯や波消しブロックの周囲に潜んでいるロックフィッシュを、きっちり狙えるのではないでしょうか。

ベイトタックルを手軽にソルトウォーターゲームに持ち込めるのが、このベイトリールのメリットのひとつといえるかもしれません。

1.0号前後のPEラインを巻いてみると、じゅうぶんなストックを保持できますから、流行りのチニングゲームにも転用したくなります。

タトゥーラシリーズを装着して使ってみたいおすすめのロッドを選んでみた!

タトゥーラシリーズを装着してシーバスゲームやチニングゲームを楽しむのに、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

まずは、ビッグベイトをキャスト可能なベイトロッドから。

バス釣り用に作られたものでも、シーバスゲームにじゅうぶん使えるでしょう。

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C75XXH

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C75XXH

最安値価格
¥17,740(Yahoo!)

Amazonへ ¥19,522

楽天市場へ ¥18,480

Yahoo!へ ¥17,740

テイルウォークブランドからリリースされている、ビッグベイトを操作しやすいベイトロッドです。

全長は7.5ftと、取り回ししやすい長さに設計されていて、ブランクスに強めの張りを持たせています。

継数は2本で、仕舞寸法は190cmです。

自重は175gとやや重めですが、100gを超えるビッグベイトやスイムベイトを操るなら、これぐらいの重さがあるほうが降りやすいでしょう。

先径は2.3mmと太目で、元径16.5mmです。

適合するルアーウエイトは、3/8ozから5.5ozまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから30lbまでとなっています。

実際に手に取ってみると、グリップエンドまで長い設計で、振り抜いたときの安定感が良好です。

ガイドセッティングは、ブランクスの曲がり込みに対し追従する配置で、無理なくキャストを続けられます。

ラインがガイドに絡んでしまうトラブルも少ないのが、大きなメリットといえるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

河口域エリアのコンクリート護岸などを積極的に攻める際に、この長過ぎないブランクスが活きてくるでしょう。

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C65M

テイルウォーク(tailwalk) ロッド FULLRANGE C65M

最安値価格
¥14,361(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,165

楽天市場へ ¥14,960

Yahoo!へ ¥14,361

フルレンジシリーズの1ピースモデルで、Mパワーのブランクスを採用したマルチパーパスなベイトロッドです。

全長は6.5ftですからさほど長いものでなく、軽快にロッドを振り回すのに向いているでしょう。

自重は119gと軽めで、先径1.9mm・元径10.4mmとやや太目の設計になっています。

適合するルアーウエイトは、3/16ozから3/4ozまで。

チニングゲームで操るルアーやリグのウエイトと重なりますから、積極的に活用してみましょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから20lbまでです。

実際にフィールドで振ってみると、グリップ周りは細くて握り込みやすく、手元にさまざまな情報が伝わってくる仕上がりになっています。

ブランクスの張りはやや強めですが、ロッドティップはしっかり曲がり込んで、微細なバイトでも弾いてしまわない柔軟性を持っています。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

ブラック基調の配色が、タトゥーラシリーズと上手くマッチしてくれます。

タトゥーラシリーズを駆使してさまざまな釣りを楽しもう!

タトゥーラシリーズの特徴や実釣インプレ、マッチしそうなおすすめロッドを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

ドラグはリールを壊さないための機能も持ち合わせていますから、やや緩めておけば、強い負荷が掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

タトゥーラ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング