ハサミのアップ写真

PEシザー125は2022年ダイワから新発売のスパスパ切れる釣り専用ハサミ!

FISHING JAPAN 編集部

釣り場に持ち込みたい便利アイテムは数々ありますが、ラインをカットするものは絶対に外せません。

ルアーや仕掛けを結び直すことが頻繁に起こりますから、余分なラインを素早く確実にカットしなければならないからです。

2022年に新発売されるダイワのPEシザー125なら、極細なPEラインですらスパスパ切ることができます。

その特徴や、釣り場で便利なおすすめアイテムについてご紹介しましょう。

PEシザー125ってどんなハサミなの?

PEシザー125とは、2022年にダイワからリリースされる、釣り専用ハサミのことです。

サイズ設定は1種類で、全長125mmとコンパクトですが、ハサミの刃先は3種類用意されています。

まず最初に取り上げるのは、125Hタイプ。

こちらは刃先のカタチが、プライヤーのように直角な鉤爪状になっています。

小さなスプリットリングを開くことができるので、フックの交換などをスムーズにおこなえるでしょう。

その上にはギザ刃が設置されていて、さまざまなラインをカットすることができます。

特に極細なPEラインは、ハサミの刃の上を滑りやすくカットしにくいもの。

それがギザ刃なら、確実にラインの滑りを止められますし、1回でスパッとカットすることが可能です。

PEラインは、表面をコーティングしていて滑りやすいので、いかにカンタンにカットできるかによって、スピーディーなルアー交換やショックリーダーラインの結び換えなどに影響が出るでしょう。

テンポよく準備を完了できることは、釣りに高い集中力を生み出すことに。

集中力が高ければ、魚からのアタリも読み取りやすいですし、地形変化などを感知しやすくなります。

また刃先がプライヤーと同じなら、釣り場に持ち込んでいた重いプライヤーを、タックルボックスから外すことも可能に。

手持ちの荷物が軽くなりますから、より一層快適な釣りを楽しめるようになるはずです。

PEシザー125は、全長が125mmしかないので、ゲームベストやジャケットなどのポケットに収納しておくことができます。

取り出しもカンタンで、使いたいときにすぐに使えるメリットは、あなたの釣りスタイルを根本から変えてくれるかもしれません。

刃先がプライヤー形状であれば、魚の口周りを貫通したフックを外すことにも使えます。

さまざまな用途に使えるアイテムこそ、釣り場で強く求められているのです。

刃先の尖った125Sタイプも用意されているPEシザー125!

PEシザー125には、刃先が鋭利に尖った125Sタイプも用意されています。

先鋭なカタチであれば、その刃先を用いて細やかなカットを実践することができます。

例えば、FGノットに仕上げた後で、余りのラインをノットの間際でカットするのにとても便利です。

ギリギリでカットできれば、ノット部分がキャストの際にロッドガイドに強く干渉するのを防げます。

当然ノットが弱まるのも防げますし、水中でカバーやストラクチャーなどに引っ掛かるのも抑えられるでしょう。

また虫エサなどを細かくカットするのにも使えます。

ただし、そのような使い方をした場合は、刃先をキレイに洗浄することを忘れないようにしてください。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

PEシザー125には、刃先の丸い125Rもラインナップされています。

先丸と呼ばれているこのタイプは、そのままゲームベストのポケットに入れても、その内側を傷つけてしまう展開にはなりにくいでしょう。

またポケットから取り出す際に、刃先で指を傷つけてしまうトラブルも、未然に防ぐことができます。

D環につないでぶら下げておいても、危険度は抑えられているので扱いやすいでしょう。

タックルボックスの中に保管しておいても、取り出しの際は危なくないですから、オールラウンドに使える刃先としておすすめです。

PEシザー125には、合計で2種類のカラーバリエーションが用意されています。

●ネイビーカラー

●ブラックカラー

どちらもベーシックな配色なので、長く使い続けるのにいいかもしれません。

ゲームベストのポケットに入れておきたいおすすめアイテムを選んでみた!

釣り場で便利なアイテムとして、ゲームベストやジャケットのポケットに収納しておきたい、おすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずは、何といってもカッター類です。

ハサミ以外にもラインをカットできる道具は数多く作られていますから、収納しやすいものを選んでみました。

ベルモント(Belmont) MC-054 ラインカッターSV

ベルモント(Belmont) MC-054 ラインカッターSV

最安値価格
¥509(Yahoo!)

Amazonへ ¥597

楽天市場へ ¥539

Yahoo!へ ¥509

ベルモントからリリースされている、コンパクトサイズのラインカッターです。

サイズは50mmしかないので、ポケットの中に入れておきやすく、取り出しやすいメリットを持っています。

素材には、SUS402J11ステンレスを採用しているので、水に濡れてもカンタンに錆びてしまう展開にはなりません。

付属のチェーンもステンレス製で、海・河川・池・湖などで使うのに便利です。

ベルモントのラインカッターは、新潟県の三条で製作していて、メイドインジャパンのクオリティを保持しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても小さくて軽いですから、ゲームベストのポケットに入れておいても、重みが増した感覚にはなりません。

取り出しやすく、ラインもカットしやすい印象です。

PEラインを切りたい場合は、できるだけカッターの刃の真ん中に近い部分を利用し、均等に負荷を掛けてカット作業をおこなうようにしてください。

いわゆる爪切りと同じ構造ですから、ラインを刃で挟んだ状態で軽く引っ張ってもカットしやすいです。

実売価格は500円台と、とても低価格な設定に収まっています。

これなら複数個購入して、ゲームベストのポケットはもちろん、タックルボックスの中にも忍ばせておくと、もし紛失した場合でも代わりのカッターを用いて、釣りを続けられます。

釣りで使用した後は、カッターの内側にホコリやゴミ等が溜まりやすい構造なので、きっちり取り除くようにしてください。

そのまま放置すると、爪部分の開閉か緩慢になり、細いラインをカットしにくくなるかもしれません。

FISHMAN(フィッシュマン) ACC-1 ミニプライヤー 極小 ブラック 全長:12.5cm

FISHMAN(フィッシュマン) ACC-1 ミニプライヤー 極小 ブラック 全長:12.5cm

最安値価格
¥1,017(楽天市場)

Amazonへ ¥1,018

楽天市場へ ¥1,017

Yahoo!へ ¥1,017

フィッシュマンから発売中の、ミニサイズのプライヤーです。

全長が12.5cmしかないので、こちらもゲームベストのポケットに収納しやすくなっています。

自重は51gと軽めで、刃先はステンレス製で錆びにくく、チタンコーティング加工が施されています。

グリップには、強化プラスチックが使われていて、握りやすく滑りにくい仕上がりです。

先端部分が極細の作りですから、渓流のトラウトミノーやメバル用スモールプラグなどの小さなスプリットリングを開きやすいでしょう。

またカッター部分も設置されていて、刃が山切りになっているのでPEラインもカットしやすくなっています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトなボリューム感なので、邪魔にならず収納しやすいメリットを持っています。

実売価格は千円台と、コスパ優秀な価格帯に設定されています。

PEシザー125の気になる発売日はいつ?

PEシザー125の気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、全タイプ2,150円です。

自分の釣りスタイルに合わせて、刃先のカタチを選ぶようにしてください。

ハサミは使っていると切れなくなってきますから、研いで切れ味を維持するようにしましょう。

鋭利な刃先タイプは、その先端にゴムチューブなどのカバーを付けておくと、ケガを負う危険度を抑えられます。

自分なりに工夫を加えながら、さまざまな釣りを楽しみたいものです。

2022年モデルの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング