ルアーのアップ写真

低水温期に強いレイダウンミノー110JPに2022年新しいカラーが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

3連フックのジャークベイトとして人気の高いノリーズのレイダウンミノー110JPに、2022年新しいカラーバリエーションが追加されます。

ジャークさせて止めて誘えるので、低水温期の活性の低いバスも、ターゲットにすることが可能です。

その特徴や実釣インプレ、おすすめのタックルセッティングについてご紹介しましょう。

レイダウンミノー110JPとは

レイダウンミノー110JPとは、田辺哲男さんが主宰するノリーズから発売中の、バス釣り用ジャークベイトのことです。

サイズは、全長111mmと日本のベイトフィッシュに似た細身ボリュームで、ウエイトは18.5gに設定。

この細身にきっちりウエイトが載っているので、キャストフィールはバツグンです。

MLパワークラスのブランクスを持ったベイトロッドを軽く振るだけで、よく飛んでくれるようになっています。

狙ったポイントまでアプローチしやすく、着水音は静かに抑えられているのが特徴。

ロッドワークを繰り出すと、速やかに潜行を始めて、水深1mはすぐに到達するイメージです。

浮力を抑えたサスペンド仕様ですから、リールハンドルを回すのを止めると、その層でピタリと動きも止まります。

そのまま浮き上がりもせず、沈みもせずを続けますが、ラインをフロロカーボンからナイロンに変えると、ややゆっくりと浮上し始めます。

ボトムの地形変化や沈下したカバーなどを効率よくかわしたいときに、このスローフローティングを活用してみればいいでしょう。

通常ならフロロカーボンラインの12lb前後を使えば、サスペンド状態でバスの接近を待つことができます。

既存カラーのレイダウンミノー110JPを、水深7mほどのリザーバーにカヤックで浮かんで使ってみました。

リップの角度は大き目で、ボディからかなり突き出しているのですが、さほど空気抵抗を感じることなく、キャストを繰り出せます。

飛距離を18mほどに抑えて、岬の周辺を丁寧にチェック。

沈んでいるカバーよりも、水流が直接当たっていない面で粘ることを優先して、ジャークを入れては止めることを繰り返していると・・・カツ!コツ!といった弾くようなアタリが伝わってきます。

試しにフッキングしてみたら、ボトムから浮き始めていたブルーギルやカワムツでした。

レイダウンミノー110JPの実釣インプレ!

レイダウンミノー110JPは3連フックなので、どの方向からのアタリも、フッキングに持ち込みやすいメリットを持っています。

ラインが横走りするほど待ってからフッキングすると、待望のバスが食い付いていました。

水温は11℃で、水深は最深部から駆け上がった2.5mのところ。

ジャークしても左右に飛ぶようなアクションにはならず、タイトなウォブンロールを繰り返して止まる感じ。

これが低水温期には効果的なのでしょうか、同じポイントで次々とバスのバイトを拾うことができ、他のルアーには無い引き寄せのチカラを体感しました。

最後尾のフックに掛かることは一度もなく、1番めと2番めのフックに均等に掛かっていました。

ロングポーズの際に静止姿勢が効いているのか、バスのバイトに迷いがありません。

接近即バイトがほとんどで、クリアな水質ならフッキングの準備もできてしまいます。

合計2種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

レイダウンミノー110JPには、2種類のカラーバリエーションが追加されます。

バス釣りには欠かせないゴールド配色のものと、ナチュラルなベイトフィッシュライクなものと。

どちらも実戦で早く使ってみたくなる仕上がりです。

●プレミアムゴールドシャッドカラー

●パールグリーンシャッドカラー

既存カラーと上手くローテーションしながら、釣り当日の水質・濁り・日照の強弱などに合わせて、当たりカラーを見つけ出してください。

レイダウンミノー110JPを操るのに使ってみたいおすすめのタックルをピックアップ!

レイダウンミノー110JPを操作してバスをバイトに持ち込むのに適している、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

じゅうぶんなウエイトのあるミノーなので、MLパワー前後のブランクスを持ったベイトロッドがマッチします。

12lb前後のフロロカーボンラインを巻いたベイトリールを装着すれば、操作性はより一層高まるでしょう。

ノリーズ Road Runner VOICE HARD BAIT SPECIAL JERK&ACCURACY. HB560L

ノリーズ Road Runner VOICE HARD BAIT SPECIAL JERK&ACCURACY. HB560L

最安値価格
¥44,880(楽天市場)

Amazonへ ¥45,436

楽天市場へ ¥44,880

Yahoo!へ 取扱なし

ノリーズのロードランナーシリーズで、ハードベイトを操るのに適したショートレングスのベイトロッドです。

全長は170cmで1ピース仕様、適合するラインはもモノフィラメントラインなら8lbから14lbまでです。

適合するルアーウエイトは3/8ozまでですが、ジャークしてからポーズする時間を長めに取る釣り方なら、レイダウンミノー110JP程度の負荷に耐えられるでしょう。

先径/元径は1.8/7.6mmで、ウエイトは166gです。

実際にフィールドで使ってみると、水面にロッドティップを向けてのジャーキングを実践しやすく、ラインがガイドに絡まりにくい印象です。

硬過ぎるブランクスではないものの、ダルなブレは抑えられていて、アングラーの意図に合わせてロッドワークしやすく作られています。

グリップ周りにはぜい肉がなく、しっかりとベイトリール込みでパーミングできることで、釣りそのものが安定します。

バスが食い付いてきた瞬間、フッキング動作に移っても、手が滑りにくく保持しやすい状態が続きます。

ウエイトが重めなイメージを受けがちですが、20メタニウムや21カルカッタコンクエストを装着しても、支えるのがキツい展開にはなりませんでした。

バランスよくロッドをかまえることができ、ロッドワークもそれに追従して楽におこなえます。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

グリップエンドに付いているウエイトバランサーは、ネジ式で取り外せるようになっているので、自分の釣りスタイルに合わせて調整してみてください。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス カルカッタコンクエスト 2021 101 LEFT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス カルカッタコンクエスト 2021 101 LEFT バス釣り

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

最新のカルカッタコンクエストシリーズで、番手は100番のコンパクトサイズです。

ギア比は5.6対1とローギア設定ですから、ハンドル1回転につき58cmのラインを巻き取ることになっています。

スローにリトリーブして誘うのに適しているでしょう。

最大ドラグ力は4.5kgで、自重は220gです。

スプール寸法は、直径が33mmで幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは42mmと短めで、ボールベアリングは13個搭載しています。

実際に使い込んでみると、ボディフレーム上部に設けられたブリッジ部分の凹みが、親指を乗せてグリップするのに適しています。

安定した保持を実践しながら、リトリーブ動作やフッキングに移れるので、魚をバラシてしまうトラブルにつながりにくいでしょう。

ラインの放出はスムーズで、飛距離をしっかり稼げるベイトリールでもあります。

実売価格は4万円台と、ハイスペックに見合った価格に定められています。

頑丈で剛性・耐久性があり、滑らかで軽やかな巻き心地が続きますから、長く手元に置いておきたくなる逸品といえそうです。

レイダウンミノー110JP追加カラーの気になる発売日はいつ?

レイダウンミノー110JP追加カラーの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,700円です。

ワームなどの食わせ要素が通用しないシチュエーションで、ハードルアーが効くことがあります。

絶妙な水押しやラトル音・静止姿勢・ボリューム感などが複合的に関与するので、レイダウンミノー110JPの使いどころが分かってきたら、バス釣りがより一層楽しくなるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング