ルアーのアップ写真

シーバスハンター バイブZでシーバスゲームを楽しみたい!2022年新登場のバイブレーションルアー

FISHING JAPAN 編集部

定番ルアーとしてシーバスゲーム攻略に活躍してくれたシーバスハンターバイブ70Sが、2022年大きく進化を遂げました。

名前もシーバスハンター バイブZに変わり、よりスリムシェイプに仕上がった感があります。

キャストして沈めてからただ巻き!が基本の使い方で、さまざまな釣り場に持ち込んで活躍させてみましょう。

ここでは、その特徴やカラーバリエーション、おすすめのタックルについてご紹介します。

シーバスハンター バイブZってどんなルアーなの?

シーバスハンター バイブZとは、2022年にダイワからリリースされる、バイブレーションルアーのことです。

サイズ設定は1種類のみで、全長70mmとコンパクトに設計されています。

シーバスにとってはひと口サイズになりますから、流行りのマイクロベイトパターンなどにマッチするでしょう。

ウエイトは22.5gも与えられているので、キャストして着水したら、一気にボトムへ向かうのは間違いありません。

実はベイトフィッシュと呼ばれている小魚は、シーバスなどのフィッシュイーターたちに襲われそうになると、ボトムに転がっている石や岩・折れ枝のそばに潜り込む習性を持っています。

その逃避スピードたるや、ピューッ!と一瞬で駆け抜ける速度。

ゆっくり逃げていたら食べられてしまいますから、当然といえば当然なのです。

その瞬発的な逃避スピードを、ひとつの誘い要素ととらえれば、ボトムへ向かってハイスピードで突っ込んでいくことも、とても効果的といえるのです。

シーバスハンター バイブZに与えられた22.5gは、ボトム付近でのバイトを大幅に増やしてくれるに違いありません。

スリムで水切りの良いソリッドボディですから、ストン!と着底してそのまま立ち姿勢をキープしてくれそうです。

スプーンやメタルジグがボトムに横倒れした状態でも、シーバスは下アゴで上手くすくい取ってバイトするケースがあります。

シーバスハンター バイブZが横倒れしたとしても、食い付いてくる可能性は高い判断し、常にフッキングできる体勢を整えておきましょう。

ボトムに着いた状態から、ただ巻きリトリーブで誘うこともできますし、リールハンドルを回すのを止めて、再度着底させるリフト&フォールも効果的です。

何度も着底を繰り返すことで、さまざまな層を泳いでいるシーバスにアピールすることになり、バイトの確率はより一層高まるでしょう。

ベリーフックがひんぱんにボトムと干渉することになるので、フックポイントが鈍っていないか、時々確認するようにしてください。

素早い潜行能力を活かしてミノーとのローテに使ってみたいシーバスハンター バイブZ!

シーバスハンター バイブZには、素早い潜行能力が与えられています。

シーバスゲームのメインルアーであるミノーでは、同じ層のトレースは実践しやすいのですが、深場を攻略するのが難しいケースが起こりがちです。

そんなときにシンキングタイプのバイブレーションルアーを用いることで、ポイントの見極めをスピーディーにおこなえるのです。

シーバスハンター バイブZが有効となるシチュエーションを、常に頭の中に思い描いて、ミノーとの切り換え判断をおこなうようにしましょう。

合計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

シーバスハンター バイブZには、全部で10種類のカラーバリエーションが用意されています。

定番と呼ばれているシーバスゲーム用カラーが、豊富に揃っているのは嬉しいです。

●グリーンゴールドカラー

●ケイムラギンギライワシカラー

●チャートバックパールカラー

●バーニングゴールドイワシカラー

●不夜城カラー

●ブルピンイワシカラー

●ボラコノシロカラー

●マットチャートイワシカラー

●レーザーマイワシカラー

●レーザーレッドヘッドカラー

シーバスハンター バイブZを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

シーバスハンター バイブZをキャストしてリフト&フォールするのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

ロングキャストを実践するつもりなら、9ftから10ftクラスのブランクスを選びたいものです。

スピニングタックルなら、イメージ以上の飛距離を叩き出すことも可能でしょう。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 96M 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド リバティークラブシーバス 96M 釣り竿

最安値価格
¥9,229(楽天市場)

Amazonへ ¥9,482

楽天市場へ ¥9,229

Yahoo!へ ¥9,229

コスパ優秀なダイワのリバティークラブシリーズに、シーバスゲーム用スピニングロッドがラインナップされています。

全長は2.90mと長めなので、軽く振るだけで飛距離を伸ばすことができるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は150cmに設計されています。

標準自重は190gと軽めで、先径は2.2mmで元径は14.9mmとやや太目。

適合するルアーウエイトは、10gから40gまでですから、シーバスハンター バイブZをしっかり背負うことができます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

PEラインなら、1号前後を操るのに向いているでしょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、70%になっています。

ややグラス素材の比率が高いので、曲がり込みがしなやかになっていると考えてください。

実際に手に取ってみると、ロッドティップの揺れが気になりますが、ブレの収まりは早めなので、次のキャストにどんどん移っていく展開を楽しめそうです。

ガイドの配列バランスが上手く、曲がりに対して素直に追従し無理がありません。

ラインが絡み付くトラブルも、最小限に抑えられていますから、安心してキャストを繰り返せるでしょう。

実売価格は8千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ここまで安いと、初心者アングラーの人も購入を検討しやすいのではないでしょうか。

セパレートグリップを採用しているので、操作性は高く、見た目がカッコイイのも見逃せません。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000 (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000 (2019モデル)

最安値価格
¥13,530(楽天市場)

Amazonへ ¥13,542

楽天市場へ ¥13,530

Yahoo!へ ¥13,530

スピニングリールのレグザシリーズなら、低価格で剛性の高い巻き心地を味わうことができます。

ギア比は5.2対1なので、ハンドル1巻きにつき77cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は260gで、最大ドラグ力は余裕の10kgですから、大型のシーバスが掛かっても対処しやすいでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを120m巻けます。

PEラインなら、1.2号を190m巻けます。

これならロングキャストはもちろん、ドリフト釣法にも対応できそうです。

ボールベアリングは、5個搭載しています。

実際に手に取って使ってみると、ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転も軽やかに追従してくれる印象です。

ラインローラー部に負荷が掛かった場合は、釣行後の拭き取りやオイル注入などを忘れないようにしましょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

ロッドと一緒ににスピニングリールを揃えたいと考えているなら、候補のひとつに挙げてみていいのではないでしょうか。

ブラックカラー基調のボディは、さまざまなロッドにマッチしやすく、長く使い続けても飽きの来ない外観デザインに仕上がっています。

シーバスハンター バイブZの気になる発売日はいつ?

シーバスハンター バイブZの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、900円です。

ひとつ900円はとても安く、複数のカラーを揃えてローテーションしやすいといえそうです。

シーバスは、時間帯や潮の状態によって食いが変わりますから、よく効くカラーを見つけておけば攻略の糸口になるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング