釣行の写真

【船釣りマガジン】赤いマダイと金ぴか大ダイ!落とし込みでドーンと吉兆!

隔週刊つり情報編集部

「お久しぶりです」

12月10日の朝5時過ぎ、湘南片瀬港・萬司郎丸の受付で声をかけてきたのは、キハダやマダイ釣りの取材で数回お世話になった常連の五島さんだった。

2年ぶりの再会を喜びながらごあいさつして、心の中でガッツポーズ。

これまで五島さんと同船した取材は、すべてうまくいっているからだ。

「おはようございます」

幸運の神に続いて到着したのは早野さん。

オオニベ調査企画で料理作りの協力をあおいだ二宮駅前の料理店「うおぴの」のご主人で、無類の釣り好き。

今回もお正月向けのマダイ料理を引き受けてくださった。

さらに萬司郎丸に長年通うマダイの名手、野口さんも駆けつけ、計8名で朝6時に出船。

同宿の基本仕掛けはFL~Lサイズ80号のコマセカゴ、ハリスは3~4号を全長6~8m。

タナは底からハリス分プラス2mを基準に、上下に食いダナを探っていく。

北村匡司船長によると最近は江ノ島沖の水深70mと水深95mの2カ所を流し、数こそ出ないが2~5kgが上がっているという。

まずは水深70mのポイントで開始。

コマセが効いてくると全員の竿がゴンゴン曲がり、1.5kgクラスのイナダがドカスカ上がり始める。

各自10本近く釣ってもイナダの勢いは衰えず、マダイが食いつく暇もない。

そして9時過ぎ、船長は水深95mのポイントへ移動を決めた。

目次

  • ワラサかと思いきや黄金のマダイが!
  • 落とし込みは効く!
  • 五島さんのアドバイスを実践!結果は?
  • 釣り船予約サイト「釣割」のスタッフがオススメする釣り船はこちら!

続きを "船釣り専門WEBメディア
「船釣りマガジン」"で見る >>

船釣り」カテゴリの人気記事

落とし込み」カテゴリの人気記事

釣果情報・釣行記」カテゴリの人気記事

隔週刊つり情報」カテゴリの人気記事

ライター紹介

隔週刊つり情報編集部

隔週刊つり情報編集部

つり情報は、毎月1日と15日に発売されている隔週刊誌です。
旬の沖釣りをメインにあらゆるシーンの情報が掲載されており、初心者から経験者まで楽しめる内容で
お届けしています。
釣り場や釣り船からのレポートは臨場感たっぷり!沖釣りアングラーには欠かせない釣り情報誌です。

DAILYランキング